粘着爆弾ランチャー

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
俺が作った地雷原に踏み込んじまったのが運の尽きよ!
デモマン

粘着爆弾ランチャーは(ゲームファイル内のパイプボムランチャーと同義)デモマンサブ武器のデフォルト装備です。グレネードランチャーを改造して大きなマガジンを取り付け砲身を広げたものです。

この武器はトゲトゲの爆弾を発射しいろんな物体にくっ付けることができますが、敵プレイヤー、エンジニアの装置、一部のマップ設置物(リスポーン地点のゲートやCP等)にはくっ付かず跳ね返ってしまいます。爆弾は相手にぶつけて爆発するのではなく、サブ攻撃キーを使って好きなタイミングで爆発させます。攻撃手が死んでしまったり、武器の弾丸、注射銃、近接攻撃、スコティッシュ・レジスタンスの爆発で設置した粘着爆弾を攻撃されると白く光って消えてしまい無力化されてしまいます。一度に設置できる粘着爆弾の数は8個までです。それ以上の数を設置しようとすると古いものからの順番で自動的に爆発してしまいます。マップ上に設置した爆弾の数はHUDで確認することができます。

爆発や無力化(破壊)されてしまった後の粘着爆弾の破片は、拾うことによってメタルや弾薬を1ポイント回復されられます。また、敵の攻撃による爆風(スコティッシュ・レジスタンス以外)や圧縮ブラストを受けてしまうと一時的に粘着が剥がされてしまいますが、爆発の威力になどに変化は生じません。粘着爆弾の爆発ダメージは爆心からターゲットまでの距離が離れるごとに減少してしまいます(クリティカルヒットも同じ)。ちなみに爆風による空中コンボを上手く叩き込むことにより更に多くのダメージを与えることも可能です。

粘着爆弾の爆風を自分自身に利用して、ソルジャーロケットジャンプ能力のようにデモマンも高く飛ぶことができます。ただし自爆ダメージの量はソルジャーよりも多くなり、たまにデモマンのヘルスが最大値の半分近くまで減ってしまうことがあるという違いもあります。

この武器から発射される粘着爆弾は秒間805ユニット(時速34マイル)で飛んでいきます。発射ボタンを押しっぱなしにすることで、より遠くへ粘着爆弾を発射することも可能です。弾薬数表示の下にゲージがあり、チャージを始めると武器がプルプル震えるとともにそのゲージが増え始め、最大まで達すると粘着爆弾は自動で発射されます。このとき、発射スピードは通常の約230%(2.3倍)に増大します。

ダメージと動作時間

関連項目: ダメージ
ダメージと動作時間
弾丸タイプ 発射物
ダメージの種類 爆発物
遠距離ダメージか近接ダメージか 遠距離
ダメージ
最大ダメージ 115% 138
基本ダメージ 100% 120
最小ダメージ 50% 60
クリティカル 6フィート: 180
3フィート: 261
爆心: 353
ミニクリティカル 162
爆風ダメージ
最少値 50% 10フィート
ダメージ減衰 1% / 3.18
爆風範囲 6フィート: 47~90
3フィート: 60~124
爆心: 103~138
自爆 45~114
動作時間
攻撃間隔 0.6秒
リロード(初回) 1.09秒
リロード(2回目以降) 0.67秒
起動時間 0.67秒
最大チャージ時間 4.00秒
これらの値はコミュニティのテストによってほぼ正確に計測されたものです。

実演動画

詳細は武器の実演動画プロジェクトのページをご覧ください。

ストレンジバージョン


関連実績

Leaderboard class soldier.png ソルジャー

爆弾処理担当
爆弾処理担当
一度も死なずに、粘着爆弾を 10 個ショットガンで破壊する。

Leaderboard class demoman.png デモマン

丸太投げ
丸太投げ
敵を空中に吹っ飛ばし、着地前に倒す。


スコッチをダブルで
スコッチをダブルで
1 度の粘着爆弾ジャンプで敵を 2 人倒す。


つまらぬものを爆破してしまった
つまらぬものを爆破してしまった
粘着爆弾ランチャーを使い、環境ダメージ(落下死など)で敵を倒す。


ハイランド・フリング
ハイランド・フリング
粘着爆弾ジャンプでとにかく遠くまで飛ぶ。


ネス湖の爆弾野郎
ネス湖の爆弾野郎
テレポートした敵を 5 秒以内に粘着爆弾で倒す。


バグ・パイプ爆弾
バグ・パイプ爆弾
粘着爆弾 1 発で 3 人以上の敵をいっぺんに倒す。


スコッチディフェンダー
スコッチディフェンダー
Scottish Resistance で敵の粘着爆弾を 100 個破壊する。
スコッチガード
スコッチガード
奪取ポイントを守っているかカートを押している敵を粘着爆弾 1 発で倒す。3 人倒すと解除。


粘着爆弾の飛行
粘着爆弾の飛行
粘着爆弾を空中で爆発させ、30 人の敵を倒す。


アーガイル・サップ
アーガイル・サップ
粘着爆弾 1 発の爆発でエンジニアセントリーガンディスペンサーをまとめて倒す。


ザ・ハイロード
ザ・ハイロード
粘着爆弾ジャンプで奪取ポイントに飛び乗ってそのポイントを奪取する。


スコティッシュ・プレイ
スコティッシュ・プレイ
粘着爆弾ジャンプ中に近接攻撃で敵を倒す。


粘着の死刑宣告
粘着の死刑宣告
ヘルス満タンのヘビー粘着爆弾 1 発で倒す。3 人倒すと解除。

Leaderboard class heavy.png ヘビー

生産手段の私有
生産手段の私有
累計 20 回、粘着爆弾を製作したデモマンを倒して爆弾を無効化する。

Leaderboard class engineer.png エンジニア

害虫駆除
害虫駆除
味方の装置の範囲内にある敵の粘着爆弾を 50 個破壊する

これまでの変更点

2007年9月27日 パッチ
  • 粘着爆弾ランチャーのデリケートな作用による予測誤差を修正した。

2008年2月28日 パッチ

  • 粘着爆弾ランチャーの弾薬数を40発から24発へと削減した。

2008年3月6日 パッチ

  • クリティカル確率を計画的に増やされないように、爆発武器(ロケット、パイプボム)のクリティカル調整を修正した。

2009年2月16日 パッチ

  • 粘着爆弾ランチャーの近距離攻撃によるダメージ上昇率を抑えた(ロケットランチャーや注射銃と同程度になった)。
    • 最終的にデモマン~敵との距離が512ユニット未満のときに適用されるようになりました。
  • デモマンのサブ武器の名前を「粘着爆弾ランチャー」に変更した。

2010年5月5日 パッチ

  • 粘着爆弾を跳ね返したときに爆発ダメージがミニクリティカルになってしまうのを修正した。
  • クリティカルブースト状態のパイロが粘着爆弾を跳ね返したときに爆発ダメージがクリティカルヒットになってしまう症状を修正した。

2011年1月19日 パッチ

  • REDチームで粘着爆弾ランチャーを使用中に倒された場合、持っていたその武器を落とすようになった。

2011年2月14日 パッチ

  • 粘着爆弾ランチャーのBLU主観視点モデルの袖の色が相手チームのものになっていた問題を修正した。
  • 近接攻撃でデモマンの粘着爆弾を破壊できなかった問題を修正した。

2011年4月20日 パッチ

2011年7月18日 パッチ

  • 粘着爆弾でたまに壁を挟んだ反対側にいる敵にもダメージを与えられた問題を修正した。

2011年7月22日 パッチ

  • gamehapticsファイルを更新した。
    • デモマンの粘着爆弾のリロード値を最適化した。

2011年12月15日 パッチ (Australian Christmas 2011)

2011年12月19日 パッチ

  • クリスマスバージョンがギフト可能になった。

2012年4月27日 パッチ

2012年5月3日 パッチ

  • レンダリングエラーが粘着爆弾のパーティクルエフェクトに影響していたのを修正した。

バグ

  • 粘着爆弾ランチャーを構えたまま倒されてしまいリスポンするまでに装備をチャージン・タージに変えてしまった場合、なぜかデモマンが目に見えないボトルを構えてリスポンしてしまう。この見えないボトルで攻撃することはできないが、他の武器に持ち替えるともとに戻る。
  • スコティッシュ・レジスタンスの罵倒行為用の実績「セカンドアイ」がこの武器でも解除できてしまうことがある。
  • チャージをしながら武器の高速切り替えキーを使ってこの武器と他のスロットの武器を切り替えると、チャージ音だけが残ったままになる。

未使用コンテンツ

未使用のパイプ爆弾モデル
  • もともとこの武器はキャラクターのセットアップ画面にて粘着爆弾ランチャーではなく、初代チームフォートレスを意識したパイプ爆弾ランチャー(Pipebomb Launcher)という名前が表示されていました。おそらく当初は、サブ攻撃キーの押下で爆発可能になったグレネードランチャーのような武器にする予定があったからだと思われます(トレーラームービー2参照)。ゲームファイル内には今でもパイプ爆弾ランチャーのグレネード弾が残ったままです。

トリビア

  • ハーフライフ2 の没武器の中には、そのまんま「Sticky Launcher(粘着ランチャー)」という名前でこの武器の仕様とそっくりなものがあります。オブジェクトだけでなく敵キャラにまでくっつけられるという点を除けば、起爆方法などの機能もこの武器とほとんど同じ性能です。
  • 2008年のRobin Walker氏のインタビューでは、この粘着爆弾の性能があまりにも強すぎたせいかValve社内で「winbombs(Win + bomb)」とも呼ばれていたことを明らかにしました。

ギャラリー

関連商品

関連項目