ムービー

From Team Fortress Wiki
< Movies(Redirected from Meet the Team/ja)
Jump to: navigation, search
Meet the Heavyからのワンシーン。
私に絵を描け。
— ムービーのディレクター

幾つかのショートアニメーションムービーTeam Fortress 2を宣伝するためにValveによって制作されました。その中で最も目立つMeet the Teamシリーズでは、各クラスの物語を特色としています。その他のムービーはメジャーアップデートに焦点を当てたものや、マップ制作のようなゲームの開発プロセスを紹介するものがあります。基本的にそれぞれのビデオの収録時間は3分~4分となっています。

ムービー

九人の傭兵は仕事のために一緒に来ました。これは私たちが過ごしたものにとても近い一世紀の中間部分です。より単純な時間です。三つのTVステーション、一つの電話会社、二つの借地法人があり秘密に惑星の全政府をコントロールします。それぞれの法人の管理人は世界の半分を役人の複数訓練の軍団で持っています。明らかな官僚的な解決策を欠いているあらゆる問題のために、傭兵は軍隊の巨大な申請を通して状況に話しかけるためにこれらを契約されるのが好きです。さあMeet the Teamへの機会です。
Meet the Teamの以前の概要
MTTCard Scout.png MTTCard Soldier.png MTTCard Pyro.png
Meet the Scout
2008年4月19日公開
Meet the Soldier
2007年8月22日公開
Meet the Pyro
2012年6月27日公開
MTTCard Demoman.png MTTCard Heavy.png MTTCard Engineer.png
Meet the Demoman
2007年10月9日公開
Meet the Heavy
2007年5月14日公開
Meet the Engineer
2007年9月11日公開
MTTCard Medic.png MTTCard Sniper.png MTTCard Spy.png
Meet the Medic
2011年6月23日公開
Meet the Sniper
2008年6月7日公開
Meet the Spy
2009年5月19日公開
MTTCard Sandvich.png
Meet the Sandvich
2008年10月10日公開

プロモーションムービー

MTTCard Teaser1.png MTTCard Teaser2.png MTTCard EngineerUpdTeaser.png
トレイラー 1
2006年7月19日公開
トレイラー 2
2006年8月21日公開
Engineer アップデート (ティーザー)
2010年5月5日公開
MTTCard Apple.png MTTCard Saxxy.png MTTCard FreeToPlayTrailer.png
Mac アップデート trailer
2010年6月10日公開
Replay アップデート (ティーザー)
2011年5月7日公開
Team Fortress 2 is Free to Play
2011年6月23日公開
MTTCard MvM.png MTTCard SecondSaxxyAwards.png MTTCard AdultSwim1.png
Mann vs. Machine
2012年8月13日公開
Second Annual Saxxy Awards ティーザー
2012年11月28日公開
Adult Swim commercial
2013年6月2日公開
MTTCard Robotic Boogaloo.png MTTCard MvM2.png MTTCard ExpirationDate.png
Robotic Boogaloo
2013年5月17日公開
The Sound of Medicine
2013年11月21日公開
Expiration Date
2014年6月17日公開
MTTCard TheSpoilsofLoveandWar.png MTTCard End of the Line.png MTTCard Invasion.png
The Spoils of Love and War
2014年6月18日公開
End of the Line
2014年12月8日公開
Invasion
2015年10月6日公開
MTTCard Meet Your Match.png
Meet Your Match
2016年7月6日公開

開発の舞台裏ムービー

MTTCard Render.png MTTCard Viaduct.png MTTCard MedicOuttakes.png
TF2におけるレンダリングの解説
2007年9月3日公開
Viaductの制作
2009年8月21日公開
Meet the Medicボツ映像集
2011年7月11日公開

Meet the Team

TF2は九人の傭兵と共に始まり、それぞれ異なった性格を持ちます。逆上した複数プレイヤー撃ちの中に住んでいるため、ですが、唯一のあれらの個性的な人々が見られる局面は叫ぶこと、撃つこと、火の破片になることでした。Meet the Teamの動画に入って、傭兵を勤務時間外の主張で親、頭収集での叫ぶ注文、キャンプファイヤーによるギター演奏で引き立てて見せます。同様に我々はサンドヴィッチについての動画を作りました。
Meet the Teamの概要
Camera.png

Meet the TeamTeam Fortress 2の様々なクラスが登場するコンピューター・アニメの短編映像です。

クリップは当初、ヘビースナイパーなどゲームに登場するキャラクターのボイスアクターによるオーディション・スクリプトを紹介するものでした。シリーズ初のビデオは2007年5月に公開されたMeet the Heavyで、Valveはヘビー役に俳優のゲイリー・シュワルツ氏を起用しています。ビデオはゲームの個性を宣伝するために使用されたPortalビデオのすぐ後に続いて制作され、最初の短編映像が公開された時それを見た人々はピクサーのような専門のアニメーションスタジオと並ぶアニメーションのクオリティと脚本のユーモアさの両方を賞賛しました。このポジティブな反応によりValveは、使用可能なアイテムを含む各クラスの特徴やMeet the Sandvichのようにノンプレイヤーキャラクターを紹介するMeet the Teamビデオの制作を発表しました。開発者のロビン・ウォーカーは動画を"戦術に繋がれ我々は絶えずサービスをアップデートするTF2と共にあり...それはもっと多くのセンスを作る"と述べています。"何の動画がゲームからいくつかのエンターテイメントを入手するためにTeam Fortress 2さえまだ持っていない人々のために方法を与えるか。そしてTF2プレイヤーと客になるかもしれない。"[1]

シリーズは単純にファンのためのプロモーションになるために追加でゲームを広めるために管理されています。ゲームライトのエリク・ウルポウはシリーズ製作を"チームでみんなに助けられ部分的なキャラクターとほんのちょっと協調になったので、我々はただ彼らをノックアウトし続け人気にし続けた"と言いました。ゲームのデザインでのシリーズの拡散の例はサンドヴィッチでした。ウォーカーによると、アイテムは"動画の外からほぼ直接来て...我々は動画をもっともだと感じゲーム内で我々にとって'サンドヴィッチ'を持つ方法を作り我々のゲーム世界であらゆるセンスを作る[食べる]アクションを持った"とのことです。シリーズ登場後に導入された別のアイテムはジャラテMeet the Sniperでのデビュー後に追加されました。

シリーズはまたゲームのテクノロジーの開発をアシストしました。ValveはTeam Fortress 2のために開発中だったスタジオで顔のアニメーションシステムをテストするためにMeet the Heavyを使いました。ウォーカーによると、新しいシステムは"Half-Lifeでできたよりもキャラクターがさらに大きな表情の範囲を持てるようになった...我々はこの場合にテストしたかった"とのことです。the Teamシリーズの製作で生み出されたテクノロジーの結果は高画質設定でプレイ時にゲームに現れる様になりました。ウォーカーは"終りで撃ちながら叫ぶヘビーの表情"についてのチームの喜びが噓じゃなかったこと、ただの"[動画]に少し最も近い一つであるこのことはゲームで起きた何か"でなかったのを思い出しました。[1]

Spike TV 2010 VGA Awardsの出席者の報告によれば、同イベント中のプライベート上映にてMeet the Medicのワンシーンが披露されました。またSteam ユーザーフォーラムのユーザーがワシントンのベルヴューにあるValve本社を訪れた際にも短い映像が披露されました[2]。その後、Meet the Medicの公開がTF2公式ウェブサイトにて発表され、2011年6月23日にYouTube上で正式に公開されました。

Source Filmmaker

もっと詳しく: Source Filmmaker

Source Filmmakerはゲーム環境でSource Engineを操作し、アニメーションを記録するビデオ制作ツールです。ValveはTeam Fortress 2Meet the TeamシリーズやLeft 4 Dead及びLeft 4 Dead 2の導入ビデオ制作にこのツールを使用しました。Source Filmmakerは広い範囲の映写効果やモーションブラー、被写界深度のような技術が使用可能で、Meet the Teamシリーズで示される非常に高品質なテクスチャーをインゲームモデルに適用可能となっています。

ツールは2012年7月11日にSteamで有効になりました。Steamでダウンロードしてください。

関連項目

各種元ネタ

  1. a b "Valve Dreams Of Team Fortress 2 Movie, Divulges ‘Meet The Team’ Origins" Stephen Totilo、Kotaku、2009年5月31日による。2011年7月16日にアクセス済み。
  2. "Back from Valve" Steam ユーザーフォーラムで、 Political Gamer、2011年3月22日に投稿された。2011年6月18日にアクセス済み。

外部リンク