DeGroot Keep

From Team Fortress Wiki
< DeGroot Keep
Revision as of 07:57, 14 March 2017 by 910brt (talk | contribs) (更新/update)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
DeGroot Keep
Degroot Keep Castle.png
基本情報
ゲームモード コントロールポイント
ファイル名: cp_degrootkeep
製作者 Valve
マップ情報
環境 高山
時間帯・天気: 日中・晴天
危険箇所 城門
配置アイテム
Healthico.png ヘルス Medieval Meat.png ×3
Ammoico.png 弾薬 Mediumammo.png ×5
マップ画像
Menu photos cp degrootkeep.png
マップ俯瞰図
DeGroot Keep overview.png
一体どのようにしてTeam Fortressの男らしいヤツらが10世紀の胸壁に現れたのでしょう?答えは簡単。ソルジャーが魔術師の怒りに触れてしまったからです。
— メディーバルモードの宣伝文句

DeGroot Keep2010年12月17日 パッチAustralian Christmasアップデートで追加された公式メディーバルモード攻撃/防衛コントロールポイントマップです。これは今のところ、メディーバルモード用に設計された唯一の公式マップです。

このマップは比較的小さい攻撃/防衛マップです。城の中のヘルスパックは中世風の肉として表示されます。メディーバルモードは(おそらく)中世の荘園という設定でしたが、マップ全体にチームはいくつかの中世のシミュレーションの種類に過ぎないことを示唆するヒントが散らばっています。

ラウンド開始時、BLUチームは城の両側の平野にある街(Aポイント)と崖(Bポイント)をキャプチャーしなければなりません。最初は城門が閉じており通りぬけできないため、REDチームは城の上からしか防衛地点に行けません。防衛側は胸壁から投射物を撃つか、飛び降りて直接BLUと交戦することができます。

最初の2つのCPがキャプチャーされると城門が上がり、RED城内の中庭の奥にあるキープに行けるようになります。BLUはCポイントをキャプチャーするために画面上のタイマーに表示される制限時間(デフォルトでは60秒)があります。タイマーが時間切れになると、キャプチャーされたCPを全て元に戻し城門を閉じます。一旦門が閉じると、再びCポイントを奪取しに行く前にAとBを取り返す必要があります。

プレイヤーは城門の隙間や塔の銃眼から投射物を射ることができます。拠点の側にある燭台や松明は、追加ダメージのために矢に火を点けることができます。

場所

DeGroot KeepはGravel PitJunctionのような作りの、3つのコントロールポイントと2つの基地を持つ単一マップです。

戦場

  • BLU リスポーン: BLUチームは壁に囲まれた小さなキャンプから始まります。キャンプの裏にはアーチェリーの的と、裏の森へ繋がる道があります。(どちらも侵入できない)
  • 主戦場: DeGroot KeepからBLUリスポーンの間は戦闘の中心となるエリアです。ここの特徴は中央が盛り上がった丘になっています。丘の上にある木、フェンス、大きな岩は投射武器やそれらの砲火から身を守るために利用できます。
  • 火鉢: 丘に沿うのは二つの燃えている火鉢でスナイパーの矢に火をつけるのに使うことことができます。
  • : 丘の上の大きな岩はチャージン・タージスプレンディッド・スクリーンタイド・ターナーを使ったデモマンの突進でDeGroot Keepの上に進むことができ、門を迂回します。

キャプチャーポイントの外側

  • 街 (ポイント A): ポイントAは城壁と少数の建物の間に位置します。ここは城壁からポイント上に飛び降りることができ、防衛がいくらか楽に行えます。
  • 崖 (ポイント B): ポイントBは反対側の城壁とマップ端の崖の間に位置します。防衛側はこちらでも城壁から下りてこられます。

DeGroot Keep

  • 中庭 (ポイント C): 中庭はREDリスポーンと城の入り口との間に位置する城のメインエリアです。ここにはポイントCや胸壁に繋がる階段が含まれます。
  • 城門: ほとんどのクラスのための唯一にして主要な城への入り口で、城壁のほぼ中央に取り付けられた鉄製の城門です。門を下ろした時に門の真下に立っていた全てのプレイヤーは押しつぶされ、結果として死に至ります。
  • 城内ホール: ホールはREDスポーンの上を除いた胸壁の下部のことです。プレイヤーはリスポーンルームや中庭の階段を介して来られます。ホールには胸壁への階段のみが設置されています。
  • 胸壁: 城の最上階で、ここから戦場を一望できます。防衛チームは城の両側からコントロールポイントに直接降下できます。また胸壁にはスナイパーの矢に点火できる燭台が設置されています。高所のアドバンテージは胸壁を投射物を発射するプレイヤーにとって理想のポイントにします。盾を装備したデモマンは、BLUリスポーンの外にある大きな岩をランプスライドで駆け上がることでこのエリアに到達できます。

戦術

もっと詳しく: DeGroot Keepの高度な戦術

コントロールポイントの時間

コントロールポイント キャプチャー人数
コントロールポイント A ×1
8 .000
×2
5 .333
×3
4 .364
×4
3 .840
コントロールポイント B ×1
8 .000
×2
5 .333
×3
4 .364
×4
3 .840
コントロールポイント C ×1
10 .000
×2
6 .667
×3
5 .455
×4
4 .800


アップデート履歴

2010年12月17日 パッチ (Australian Christmas)

  • DeGroot Keepがゲームに追加された。

2010年12月22日 パッチ

  • DeGroot Keepのパフォーマンスが向上した。

2011年1月3日 パッチ

  • モデルが消失する問題を修正するためにDeGroot Keepがアップデートされた。

2011年1月19日 パッチ

  • 門が閉じるまでの時間を表示するタイマーを追加した。
  • [非公開] BLUスポーンの棚の上の樽を通してクリッピングできたのを修正した。

バグ

  • BLUスポーンのゲートのひとつは、ラウンド開始時にスタックして開かなくなる。
    • このように、サンドマンのボールを使うことでゲート開放の邪魔ができる。
  • 城門の開閉状態が不正確に表示されることがある。プレイヤーはもし閉じられていれば通れず、開いていれば通れるはずであることを頭にいれておく必要がある。
  • プレイヤーは、崖の岩棚の後ろにある木の上に立つことができる。
  • スカウトダブルジャンプを使用することで、ポイントCの屋根に嵌ることができる。しかしゲーム内ではスカウトはポイント上に立っていることになっているので、BLUスカウトはポイントをキャプチャーし、REDスカウトはポイントを防衛する。この様子はここで見られる。
  • もしREDチームが勝利した場合、MVPリストにはREDチームが全てのポイントを獲得していることと、「勝利の奪取」の下にBLU用のCP(RED所有のCP)をキャプチャーしていた人達の名前が表示される。
  • ウラプール・ケイバーB.A.S.E. ジャンパーを使うことで崖のハートボックスの外や後ろに行くことが可能。
  • デモマンのやB.A.S.E. ジャンパーのいずれかの使用で突進するか浮いて横切ることで谷を横切って山中の特殊なエリアに着地可能。

トリビア

DeGroot(デグルート)一家の肖像画
  • デモマンはスコットランド生まれにもかかわらず、DeGrootもしくはde Grootとはオランダ人の姓で、元の意味は"大きな"や"偉大な"を表します。
  • デグルート家の紋章のモットーは"Regionem Caecorum"で、ラテン語で"盲目の国"という意味です。
  • 公式のAustralian Christmasイベントページによれば、このマップは10世紀の間という設定です。しかし時代錯誤の数々は、マップ全体に潜む電子端末や、ゲームファイル内の未使用のチケットブースのモデルから見て取れ、城を装ってはいるものの、その実態はただの観光名所に過ぎないようです。
  • 城門が開く度に流れるバグパイプの音は、Day of Defeatの英国チームのラウンド勝利時に流れる国家を再利用したものです。
  • ゲームファイル内の未使用のスクロールモデルがあります。これの使用目的は拾えるということ以外は不明です。

ギャラリー