Strange Part

From Team Fortress Wiki
< Strange Part
Revision as of 04:31, 12 July 2012 by 3waves (talk | contribs) (情報の更新)

Jump to: navigation, search
物資箱から得られるStrange Partsは、あなたの自慢の武器であなたなりの戦い方(私が寛大的にそう呼んでいるもの)を記録するための手助けとなるでしょう。粉砕した敵、跳ね返した弾、頭を撃ち抜いた敵の数などなど好みのものを記録しましょう。
The Administrator

Strange Partは、ストレンジ武器にヘッドショットで倒した数や建造物を破壊した数などのような統計を追加することができるツールです。

1つのストレンジ武器につき3つまでこのツールを適用することができます。しかし、ヘッドショットツールをレンチに使うなど、特定のStrange Partは一部の武器には使用することができません。 武器に適用したStrange Partはバックパック画面の「元に戻す」をクリックすることにより解除することができますが、武器に適用されていたStrange Partはその際に消滅してしまい二度と使用することができません。

種類

適用対象は以下の一覧の武器が当てはまります:



ノート

  • エンジニア近接武器に適用できるStrange Partは、その近接武器が直接関係するアクションのみのカウントとなり、セントリーガンのアクションはカウントされません。
  • Strange Part: Buildings Destroyedのカウントにスパイのサッパー破壊は含まれません。
  • サーバー側がtf_playergibの設定を変更してもStrange Part: Gib Killsのカウントに影響はありません。通常でバラバラになるキル方法であればしっかりカウントされます。
  • 「Critical Kills」は反射によるキルは含まれません。例えば、クリティカルの発射物を火炎放射器を使って反射しキルしてもカウントは増えません。
  • Critical Killsはビッグ・アーナーに適用させることもできます。スパイのナイフ系武器の中で唯一このツールを適用させることができる珍しい武器です。

動画

バグ

アップデート履歴

2012年3月22日 パッチ

  • Strange Partが追加された

3/23/2012 [アイテムスキーマの更新]

2012年4月17日 パッチ

  • ストレンジ武器に適用したStrange Partをバックパック画面の「元に戻す」ボタンで削除できるようになった

2012年4月27日 パッチ

  • [非公開] Strange Part: Posthumous KillsとStrange Part: Allies Extinguishedが追加された
  • [非公開] ゲーム未使用のStrange Part: Full Moon Killsが追加された

2012年5月17日 パッチ

  • [非公開] Strange Part: Demomen Killed、Strange Part: Demomen Killed、Strange Part: Soldiers Killed、Strange Part: Domination Kills、Strange Part: Revenge Kills、Strange Part: Critical Kills、Strange Part: Kills While Explosive Jumpingが追加された

2012年5月31日 パッチ

  • [非公開] ゲーム中のStrange Partカウントが薄灰色で表示されるようになった。

2012年6月27日 パッチ

  • Strange Part: Projectiles Reflectedのカウントにグレネードやセントリーガンのロケットが含まれていなかったのを修正した。

2012年7月2日 パッチ

  • [非公開] Strange Part: Full Moon Killsがランダムドロップでゲットできるようになった。

トリビア

  • バックパックアイコンで使われているカウンターはMeet the Engineerでエンジニアが使っているカウンターと似ている

画像