ソルジャーの基本戦術

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
貴様の家族には戦死の報を届けてやる!
ソルジャー

ソルジャーは攻防両方に優れた、重量級の万能な攻撃クラスだ。足は遅いものの、ロケットジャンプでいっきに距離を縮めたり、予測できない位置へと移動したり出来る。使用武器は複数の敵を同時に相手に出来るものだが、弾切れも早い。良いソルジャーはスパム攻撃をせず、毎回精確に撃つ。敵の動きを予測して足元を狙い、爆発ダメージを最大化しよう。自爆ダメージによってメディックのユーバーチャージを貯める手助けが出来るので、ソルジャーはメディックのバディにも向いている。

メイン武器(プライマリ武器)

ロケットランチャー + リスキン

Rocket Launcher Festive Rocket Launcher Silver Botkiller Rocket Launcher Australium Rocket Launcher

ロケットランチャーは遅いロケット弾を発射し、広範囲に大きなダメージを与える。ターゲットの動きを予測して足元を狙うことで効率的にダメージを与えられるぞ。ロケットランチャーはすぐに弾が無くなってしまうので、1発1発を大切にしよう。リロード速度は比較的遅いので、弾切れのときはショットガンを使って弱った敵にトドメを刺そう。ロケット弾の爆発を利用したロケットジャンプは、体力と引き換えに上空から敵を攻撃したり、短い時間で迫ったりするのに使われる基本的なテクニックだ。ロケットで敵を宙に跳ね上げれば追撃しやすくなるぞ。

ダイレクトヒット

Direct Hit

その名が示す通り、ダイレクトヒットは攻撃を直撃させることでより大きなダメージを与えるプレイスタイルに向いている。爆発範囲が狭くなっているため集団を相手にするのはあまり有効ではないため、孤立したターゲットを狙おう。ロケット弾の弾速が向上しているため、動かないセントリーガンや足の遅いヘビーなどに対して強い。また、スカウトなど体力の低いクラスは、近距離なら一瞬でバラバラにしてしまえる。熟練のプレイヤーなら、速いロケットで簡単にエアリアルを当てられるだろう。

ブラックボックス + リスキン

Black Box Australium Black Box Festive Black Box

ブラックボックスのロケットで敵にダメージを与えると、自分のヘルスを少量回復することが出来る。しかし、弾倉サイズが減っているので短期的な火力は下がっている。特に攻撃時にロケットジャンプするとすぐに弾切れを起こし、リロード時間も長いので効率が悪い。頻繁にリロードが出来る場所で、長期戦が見込める場合にはこの武器を使おう。

ロケットジャンパー

Rocket Jumper

ロケットジャンパーはロケット弾が完全に無力化して自爆ダメージも無くなっている、ロケットジャンプの練習用の武器だ。マントレッズマーケット・ガーデナーなど、ロケットジャンプで敵に近距離まで近づかないといけない武器とはシナジーがある。しかし、現実的には全く非効率的だろう。

リバティー・ランチャー

Liberty Launcher

リバティー・ランチャーの速いロケット弾は単独の敵、特に空中にいる敵にも当てやすい。しかし与ダメージが 25% 減っているため、それを補うにはより頻繁に直撃させなければならない。リバティー・ランチャーは自爆ダメージも 25% 減っているため、 戦場でロケットジャンプしてもヘルスの補給が少なくて済む。

カウ・マングラー 5000

Cow Mangler 5000

カウ・マングラー 5000は通常のロケットランチャーと比較して、弾薬数が無限になっている。エンジニアの装置に対する与ダメージの低下と、クリティカルヒットが出ないこととの引き換えに、カウ・マングラー 5000はチャージショットでミニクリティカルのダメージを与え、さらに延焼させることも出来る。チャージショットは通常のロケット数発分のダメージを与えられるが、弾倉を空にしてしまうので、遠距離から撃ったり敵の集団目掛けて使うのが良い。敵エンジニアの装置を破壊することは出来ないだろうが、厄介なセントリーガンにはチャージショットを命中させることで機能を停止させ、チームメイトに破壊してもらおう。

オリジナル

Original

オリジナルは数字上ではロケットランチャーと同じ性能を持つ。しかし、ロケットランチャーのロケットがクロスヘアのやや右から発射されるのに対して、これは完全にクロスヘア通りにロケットを発射する。僅かな違いだが、これによって特に近距離ではオリジナルの攻撃の方がより精確になっている。ただし、曲がり角から自分を巻き込まずに攻撃するのは難しい。

ベガーズ・バズーカ

Beggar's Bazooka

ベガーズ・バズーカはロケットを3発まで貯めて一気に発射する能力を持つ。安全な場所でロケットを貯めて、単身の敵や集団にいきなり弾幕を浴びせよう。ベガーズ・バズーカから発射されるロケットはランダムにブレが生じるので、エアリアルなど精確な射撃をするのには向いていない。また、ベガーズ・バズーカを構えているときはディスペンサーペイロードカートから弾薬を補給出来ないので、それらの地点を守りながら弾薬を張り続けることは出来なくなっている。

エアストライク

Air Strike

ロケットジャンプ中はエアストライクの攻撃速度が大きく向上するため、空から雨霰のごとくロケットを降らせることが可能だ。しかし初期状態では弾倉が3発しかなく、与ダメージも 25% 減少しており、キルを取る毎に弾倉サイズが1発増えて最大8発まで拡張される。この初期ペナルティのため、最初の数キルを獲得するのには上手い立ち回りが必要になるが、弾倉が増えた後も注意が必要だ。与ダメージの低下を補うためには、空中での攻撃速度ボーナスを活かして追加のロケットを当てる必要がある。また、ロケットジャンプをする余裕のない、屋内での立て篭もりにはエアストライクは向いていない。滞空時間を延長し、落下ダメージも回避できるB.A.S.E. ジャンパーはこの武器と愛称が良い。

サブ武器(セカンダリ武器)

ショットガン

Shotgun

ショットガンは近~中距離でなら、多くのメイン武器と同等の火力を誇る。ロケットランチャーの弾薬が切れたときや弱った敵にトドメを刺すときの良いバックアップになるだろう。また、近距離で自分の爆発に巻き込まれないようにこの武器を使う手もある。

バフ・バナー + リスキン

Buff Banner Festive Buff Banner

ショットガンの代わりにバフ・バナーを装備すると、単独での戦闘力は低下する。ダメージを与えることでレイジが貯まり、満タンになったら発動することでオーラを放出し、自分と自分の近くにいる味方の攻撃が短期間ミニクリティカルになる。前線近くに留まり、攻撃範囲の広いメイン武器で素早くレイジメーターを貯めよう。特に敵拠点に進入するときや、味方メディックがユーバーチャージを使うのに合わせて発動すると効果的だ。効果範囲は広く、障害物に遮られることもないため、味方が続くのは難しくない。

ガンボート

Gunboats

ガンボートによって、メディックのヒールが無くとも複数回のロケットジャンプが可能だ。マップを単独行動することが多く、敵を倒すのにショットガンを使わないのであれば役立つだろう。

バタリオンズ・バックアップ

Battalion's Backup

バタリオンズ・バックアップはバフ・バナーと似ているが、オーラによって自分と自分の味方へ被ダメージを35%軽減出来る。攻撃を先導したり、エリアを防衛したり、あるいはクリッツクリークやバフ・バナーなどによるクリティカルブーストへの対応として使うことも出来るぞ。オーラは敵セントリーガンからの攻撃であれば50%軽減出来るので、エンジニアの拠点を破壊するのにも有効だ。さらに、バタリオンズ・バックアップを装備していると常時20ポイントの追加ヘルスを得られるため、ダメージを受けてもやられにくくなる。

コンカラー

Concheror

コンカラーはバフ・バナーと似ているが、オーラによって自分と近くの味方の移動速度が上がり、与ダメージによって体力が回復する効果をも付与する。ロケットランチャーの攻撃頻度が低いため、他の戦旗の与ダメージブーストや被ダメージ軽減と違って、コンカラーの回復効果はソルジャー単独だと真価を発揮しにくい。近くに味方がいるときにバフを発動しよう。コンカラーを装備していると毎秒 +2 のヘルス回復効果を得られるので、長期戦で生き残りやすくなる。

マントレッズ

Mantreads

マントレッズによるノックバック軽減効果によって、デモマンセントリーガンなどを相手にしていても、その場に留まったり高所を維持したりしやすくなる。さらに、ロケットジャンプ後に敵めがけて着地すれば大ダメージを与えられる。着地前にロケットを撃っておけば、より簡単に倒せるだろう。

リザーブ・シューター

Reserve Shooter ロケットで敵を宙に浮かせたら、相手が着地して逃げる前に倒したいところだ。ロケットランチャーでエアリアルを決めるのが難しいこともあるが、そうした用途にリザーブ・シューターは持ってこいだ。しかし、弾倉サイズが減っているため頻繁にリロードする必要があり、安定性の観点からは初期装備のショットガンより劣る。武器の切替速度ボーナスを活かして、空中の敵を素早く排除しよう。弾切れで自分が無防備にならないように、精確な攻撃を心がけよう。

ライチャス・バイソン

Righteous Bison

ショットガンに比べて、ライチャス・バイソンは近距離の用途では劣る。与ダメージが低く、弾倉サイズが少なく、投射物も通常の銃弾より遅いからだ。しかし長距離での精度に優れ、弾薬も不要、リロード速度も速いため、敵をしつこく悩ませるのに向いている。ライチャス・バイソンの攻撃は敵を貫通するので、団子になっている敵や逃げていくターゲットに有効だ。装置には与ダメージが低下してしまうが、貫通効果があるため、装置の後ろに隠れているエンジニアを攻撃することが出来る。

B.A.S.E. ジャンパー

B.A.S.E. Jumper

B.A.S.E. ジャンパーを空中で展開すると、落下速度が低下する。一般的な用途としてはロケットジャンプと組み合わせて、高所によるアドバンテージを保ったり、長い距離を移動したり出来るようになる。特にエアストライクマーケット・ガーデナーなど、ロケットジャンプによるボーナス効果を受けられる武器とは相性が良い。滞空時間を長くして攻撃することが可能だが、移動速度は遅いのでヘビースナイパーの視界に入らないようにしよう。他のサブ武器と同じことが言えるが、B.A.S.E. ジャンパーを装備するということはショットガンを持てないので、地上での戦力は劣るということだ。

パニック・アタック

Panic Attack

パニック・アタックはベガーズ・バズーカと同様の機能を持つ武器だ。攻撃キーを押し続けると最大4発の弾を込め、キーを離すと装填した全弾を1発ずつ発射する。発射する度に装填が必要になるため攻撃を予測されやすく、バックアップの武器としてはショットガンの方が使い勝手が良いだろう。パニック・アタックはその名の通り、パニックになってしまうような状況で真価を発揮する。体力が減れば減るほど発射速度が向上するので、敵に追われているときにリロードして一気に発射しよう。拡散率も増加してしまうので、敵を倒すには近づかなければならない。わざと体力を低いままにしておけば、ハイリスクだがハイリターンを得られるぞ。

近接武器

シャベル + リスキン

Shovel Frying Pan Saxxy Conscientious Objector Freedom Staff Bat Outta Hell Memory Maker Ham Shank Golden Frying Pan Necro Smasher

シャベルの性能は他の多くのクラスのデフォルト近接武器と同じだ。しかしソルジャーは足が遅い分、近接戦闘で不利になる。味方メディックが近くにいるときの近接戦闘以外では、他の近接武器を装備した方がいい。

イコライザー

Equalizer

体力満タンのときはイコライザーの与ダメージはシャベルの基礎ダメージの半分にすぎない。しかし、体力が満タンで近接武器が必要になることはまずないだろう。イコライザーの与ダメージ量は、ソルジャーの体力が減るほど増加するので、追ってきた敵を倒す頼みの綱となる。なお、味方メディックに回復してもらいたいときは、必ずこの武器から持ち替えること。

ペイン・トレイン

Pain Train

ペイン・トレインを使うのは、積極的にコントロールポイントを奪取したり、ペイロードカートを押したりしたいときだけにしよう。キャプチャ速度が上がっても、旗取りマップや防衛側チームにいるときは約に立たない。ヘルス回復のアテがあるなら、この武器を装備してロケットジャンプでマップを駆け抜け、スカウト並のキャプチャ速度でポイントを奪おう。

ハーフ座頭市

Half-Zatoichi

ハーフ座頭市によるキル時の回復効果は、近接戦闘を挑むだけの価値がある。ただし、鞘から抜くのは確実に敵を倒せる見込みがあるときだけにしよう。名誉効果によってこの武器は一度抜いたら他の武器に替えられない上に、移動速度の遅いソルジャーは逃げる敵を追うのが苦手だからだ。ハーフ座頭市の着用者同士なら一撃で決着が付くが、足が遅いソルジャーは近接戦闘では分が悪い。

ディシプリナリー・アクション

Disciplinary Action

ディシプリナリー・アクションは攻撃範囲が75%広いが、与ダメージは低下している。この武器の主な用途は、味方を叩いて自分と相手を一時的に加速させる効果にある。ロケットジャンプでヘルスを失うことなく、機動力を高めることが出来る。何度もスピードブーストを得られるよう、味方の側を離れないようにしよう。前線に向かうときにも、撤退時にも、速いクラスを追うときにも使えるぞ。

マーケット・ガーデナー

Market Gardener

戦闘中にロケットジャンプをよく使うならマーケット・ガーデナーが役に立つ。よりシンプルで実践的な空中からのロケット連射に比べて、ロケットジャンプからの近接攻撃を繰り出すスタイルにも軽視できないものがある。クリティカルヒットさせる機会を増やすために、まずはロケットジャンプに慣れることが必要だ。障害物を飛び越したり高い場所に飛び乗るロケットジャンプは、敵を不意打ちで捉えやすくなる。マントレッズと併用することで、空中でも吹き飛ばされにくくなる。

エスケープ・プラン

Escape Plan

ヘルスが少ない時にエスケープ・プランを構えると、移動速度が格段に上昇して逃げ延びやすくなる。使用中は死のマーキングが付いてしまうので、敵に遭遇したらすぐに逃げること。また、ロケットランチャーで自爆することで素早く前線に到着することも出来る。その場合、回復手段を見つける前に単独行動中の敵に狙われないよう注意しよう。なお、味方メディックに回復して欲しいときはエスケープ・プランから持ち替えること。