Box Trot

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
1930年の段ボール不足において、一部の富める者たちの間で箱をかぶることが流行しました。この年以降、ボックス・ファッションは年商10億ドルをたたき出す一大産業となったのです。クラシックなスタイルに立ち返ったこのスマートな一箱をかぶれば、人々の注目を集めること間違いなし。
Box Trotの宣伝文句

Box Trotコミュニティ製スパイアクションタウントです。実行するとスパイは箱を被ってその中に隠れ、プレイヤーが操作する方向に向かってゆっくりと移動します。移動していないときは膝を抱えてしゃがみ込んだ姿勢になります。

Box TrotはSteamワークショップに投稿された作品です。

実演動画

アップデート履歴

2015年7月2日 パッチ (Gun Mettle アップデート)

  • Box Trotがゲームに追加された。

2015年7月3日 パッチ

  • Box Trotの箱がときどき誤った色になるのを修正した。

2015年7月8日 パッチ

  • ウィンドウのフォーカスを変更したときのBox Trotの問題を修正した。

2015年7月23日 パッチ

  • Box Trotを実行中のスパイに対して、セントリーガンが頭上を撃ってしまう問題を修正した。

動画

バグ

  • プレイヤーがBox Trotの実行中に敗北すると、箱が表示されなくなりプレイヤーが地面にしゃがみ込んでいるように見えてしまう。
  • 敵チームのプレイヤーから箱が見えないことがある。
  • Box Trotを実行し続けたまま次のラウンドに入ると、それ以降、挑発のしゃがみポーズを取っている間じゅうプレイヤーにちらつきが発生し続けることがある。この現象が発生するとヒットボックスの範囲がモデルと一致しなくなってしまう。
  • オーストラリウムナイフを持っている場合、BLUでプレイしていても箱がREDになってしまう。

トリビア

  • この挑発は、メタルギアソリッドシリーズにおいてプレイヤーがダンボール箱の中に入って敵から身を隠したり、箱を被って動きまわったりするアクションに由来します。箱に書かれている "THE RED" および "THE BLU" という文字は『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』 でスネークが被る箱に "THE ORANGE" と書かれていることに由来します。このマークはメタルギアソリッド2のロゴなどにも用いられました。また、Team Fortress 2 が最初にリリースされた The Orange Box とかかっているとも考えられます。
  • Gun Mettle アップデートページの背景には、様々なところにこの挑発をしたスパイが隠れています。
  • この挑発の名前はダンスの一種であるフォックストロット(Foxtrot)にかけたものです。これはNATOフォネティックコード (無線越しにスペルを伝えるときなどに、アルファベットが曖昧に聞こえてしまわないように使用される符丁)で 'F'を伝えるときに使用される単語でもあります。
  • 箱の上部には日本語で「スパイは、この箱のなかにいる」と書かれています。
  • ゲームに実装されるまで、現在"THE RED"および"THE BLU"と書かれている場所にはTeam Fortress 2のロゴマークが描かれていました。これはSteamワークショップのサムネイル画像で確認することができます。
  • 箱の側面に書かれた"9"という数字はスパイがTF2の9番目のクラスであることに由来しています。

ギャラリー