From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
Bird.png
行け!
— 鳩を放しているエンジニア

は全てのValve製マップに設置されていた(アリーナマップ、TargetItem Testを除く)設置物です。合計で78羽の鳩が設置されていました。

鳩にはとまっているものと空を飛んでいるものの二種類がありました。とまっている鳩は動いたり、まばたきしたり、飛んだりせず、完全に停止したままです。とまっている鳩を攻撃したり、そばへ近づくとなんと爆発をおこします。この爆発でダメージを受けたり、ノックバックしたりすることはありません。爆発した鳩は新しいラウンドが始まると再びマップに設置されます。Über アップデートでこれらの鳩はマップから削除されました。

2011年06月17日(金)に、チームフォートレス2のウェブサイトのメインページの上部に、鳩と鳩の糞の画像が追加されました。トップページ上部に"とまっている"三羽の鳩をクリックすると、メディックと関連していると思われる三つの画像(荒廃した病院、待合室、診療室)が見れます。2011年6月20日に Team Fortress ウェブサイトのデザインが修正されたのに伴い、メインページの鳩は削除されました。

Meet the Medic の挑発を実行するとメディックの後ろから鳩が飛び立ちます。また、スカウトバラバラになって死亡したときにも1/100の確率で鳩が飛び立ちます。

居場所

鳩のリストについては鳩の居場所を参照してください。

これまでの変更点

2011年6月8日 パッチ

  • [非公開] Valve製のマップ全てに鳩を追加した。

2011年6月10日 パッチ

  • ミニラウンドの間で必要以上に複数のエンティティを生成してしまう問題を修正した。

2011年6月17日 パッチ

  • エンティティクリーンアップによって引き起こされるサーバークラッシュを修正した。
  • [非公開] 空を飛ぶ"鳩"のアニメーションを追加した。
  • [非公開] スカウトがバラバラになって死亡したときに1/100の確率で鳩が出現するようになった。

2011年6月23日 パッチ (Über アップデート)

  • [非公開] マップに設置された鳩を削除した。

ギャラリー

関連項目