Nucleus (アリーナ)

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
Nucleus (Arena)
Arenanucleus.jpg
基本情報
ゲームモード アリーナ
ファイル名: arena_nucleus
製作者 Valve
マップ情報
環境 諜報施設
時間帯・天気: 室内
危険箇所
配置アイテム
Healthico.png ヘルス Mediumhealth.png ×1
Ammoico.png 弾薬 Smallammo.png ×2   •   Mediumammo.png ×5
マップ画像
Menu photos arena nucleus.png
マップ俯瞰図
Nucleus (Arena) overview.png
邪悪な判決日の装置は長い視線とゲームエリアのほとんど下にある非常に深い放射性の穴を特徴とする、この丸いアリーナマップの基礎です。キャップは、エリアの中央にあり、タイマーが切れた後開く、亀裂にかかるキャットウォークで多くのクラスが唯一行くことができます。

Nucleusアリーナマップで、Sawmillと共にSniper vs. Spy アップデートの一部としてリリースされました。

目標は全ての敵チームを全滅させるか有効時に中央のコントロールポイントをキャプチャーすることです。

場所

  • 装置 - 渦巻く、カラフルな判決日の装置はマップの中央を占めています。これはマップのコントロールポイントを含み、60秒後にアンロックされます。
  • - 装置のちょうど真下は狭いキャットウォークが上にかかる非常に深い放射性の穴です。キャットウォークには中サイズのヘルスキットがありますが、穴は全員にとって落ちると十分不運な避けられない死です。
  • 防衛線 - 出っ張りとキャットウォーク直接穴を囲んでいます。防衛線はさらに進んで"RED側の防衛線""BLU側の防衛線"に分割し、スポーンルームがあるマップ側を元にしています。コントロールポイントへの狭い橋はコントロールポイントが開いた後穴にかかります。
  • 屋根 - 防衛線沿いの建物の上はロケットジャンプ粘着ジャンプでいける屋根です。これらは卓越した高さの有利を与えるのと全エリアの眺めとして役に立つ場所です。
  • - 一回タイマーがコントロールポイントを刻むと開いて橋が伸びるので届くようになります。三つの橋があり、両側のものはそれぞれのチームのスポーンの正面にあり、もう片方はスポーンの間の中央にある遠い橋です。
  • 側面の建物 - 側面の建物は防衛線にある建物の一つです。これはほとんどが青く塗られここからポイントにつながる橋がありませんが、ポイントの下のキャットウォークに通じる橋があります。
  • 通路の建物 - 側面の建物から直接横切るのは通路の建物です。これはそれぞれのチーム側から階段で入り中央にはポイントの中央の橋へ通じる二つの階段があります。両側にエリアのほとんどを見下ろすバルコニーへの入り口があります。
関連項目: Category:Nucleus images

戦術

もっと詳しく: Nucleus (アリーナ)の高度な戦術

コントロールポイントの時間

コントロールポイント キャプチャー人数
コントロールポイント ×1
24 .000
×2
16 .000
×3
13 .90.999999999999
×4
11 .520


アップデート履歴

2009年5月21日 パッチ (Sniper vs. Spy アップデート)

  • Nucleus (アリーナ)がゲームに追加された。

2012年3月15日 パッチ

  • 下のプラットフォームでのzファイティングバグを修正した。

トリビア

  • 判決日の装置で見られる空電パーティクルはPortalのエンディングの場面でも見られます。

備考

  • REDBLUの広告板の後ろにロケットジャンプ粘着ジャンプ、フォース・ア・ネイチャーを使ったジャンプ、アトマイザーでのジャンプで行くことが可能です。
    • 通路の建物の上の二つのライトに届くことも可能ですが、ロケットジャンプや粘着ジャンプでしか行けません。

関連項目

外部リンク