パーティクルエフェクト

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search

パーティクルエフェクトTeam Fortress 2のゲーム内において、装飾用またはインゲームイベントの視覚的な合図として多用されています。理論上はいかなるアイテムまたはモデルにパーティクルエフェクトを付加することができますが、幾つかのエフェクトは特別なクオリティのアイテムに付加されます。例えば、アンユージュアルエフェクトアンユージュアルクオリティーのアイテムに付加されます。

目次

ステータスエフェクト

ステータスエフェクトはプレイヤーの状態の変化を他のプレイヤーに示すために使用されます。一般的な例としてはオーバーヒールされたプレイヤーのオーバーヒールエフェクトやヘルスキットを拾った際のエフェクトがあります。

オーバーヒールエフェクト

もっと詳しく: オーバーヒール

プレイヤーがメディックによってオーバーヒールされた時、そのプレイヤーからは十字マークが放出されます。また負傷したプレイヤーがヘルスキットを拾った場合にもオーバーヒールエフェクトが放出されます。更にエフェクトはメディガンのビームにも使用されています。

クリティカルスパークエフェクト

もっと詳しく: クリティカルヒット, ユーバーチャージ

クリティカルスパークエフェクトはプレイヤーの武器がクリティカルダメージを生み出すことを知らせるために使用されます。これに加えて武器自体にはチームカラーのオーバーレイが適用されます。更にこのエフェクトはメディガン及びクリッツクリークのチャージが完了したことを示すためにも使用されます。

エフェクト無しの武器

現在これらの武器はクリティカルで光るエフェクトがありません。これはエフェクトは単に装飾アイテム、またはブーストを受けた武器の視界が隠されているかのどちらでも、しばしな武器の使用者や敵を混乱させることを意味します。現在、これらの武器はクリティカルブースト中光りません。



バーニング(火だるま)プレイヤーエフェクト

バーニングプレイヤーエフェクトはプレイヤーが燃えている時に使用されます。見ての通り、火に包まれている間はプレイヤーが常に炎のダメージを受け続けています。

死のマーキング(マークド・フォー・デス)エフェクト

死のマーキングエフェクトは一部の武器による特殊効果として使用されます。これが付いているプレイヤーはどの攻撃を受けても必ずミニクリティカル以上のダメージになります。

武器エフェクト

ロケットランチャー火炎放射器など、ヒットスキャンを行わない殆どの武器にパーティクルエフェクトが付加されます。

ゲームプレイエフェクト

パーティクルはゲームプレイイベントを示すために使用されます。

機密情報ペーパートレイルエフェクト

持ち運ばれている機密情報は数枚の書類を放出します。

オーストラリウムの洗濯物の軌跡のエフェクト

オーストラリウムが運ばれている間、ボクサーパンツや靴下の流れを放ちます。

バルーンエフェクト

バースデイモードパイロランド視点)が有効になっている際、プレイヤーの血液の代わりに放出されるエフェクト。

ドルのサインエフェクト

MvMプレイ中、落とされた現金はロボットが普通に倒された場合、緑色のドルのサインパーティクルを放ち、ヘッドショット、またはExplosive Headshotアップグレードを通して倒されると赤いパーティクルになります。

デコレイティブエフェクト

デコレイティブエフェクトはゲームプレイの変更を示すためではなく、単に装飾として使用されます。

ホーリーグロウエフェクト

ホーリーグロウエフェクトイカサマ師の悲哀に付加されます。

コミュニティスパークルエフェクト

コミュニティスパークルエフェクトコミュニティクオリティまたは自作クオリティのアイテムに付加されます。

トレジャーハットエフェクト

もっと詳しく: 宝の帽子

トレジャーハットエフェクトの正式名称はありませんが、"coin_spin"と定義され新しいパーティクルシステムとして付加されます。このエフェクトのパーティクルは着用者の移動に影響を受け、プレイヤーが移動している場合にのみ放出されます。

上流気取りの煙エフェクト

ジェンティール・スモーク・エフェクトLord Cockswain's Novelty Mutton Chops and PipeOutback IntellectualBubble PipeAladdin's Private ReserveNine-Pipe ProblemWaxy WayfinderGentle Munitionne of Leisureそれぞれのアイテムから立ち上っている煙のエフェクトとして付加されています。変装していないスパイや、El Patronのアイテムも、この上流気取りのエフェクトを持ちます。

マップスタンプエフェクト

もっと詳しく: マップスタンプ

マップスタンプエフェクトWorld Traveler's Hatに付加されます。このエフェクトは紫または緑のアンユージュアルコンフェッティエフェクトのように描画されますが、紙吹雪の代わりにスタンプのスプライトを使用します。このエフェクトのパーティクルは宝の帽子のように着用者の移動に影響を受け、プレイヤーが移動している場合にのみ放出されます。

ミュージカルノートエフェクト

ミュージカルノートエフェクトイヤホンまたはノイズメーカーに付加されます (以下のセクションを参照)。

ノイズメーカーエフェクト

もっと詳しく: ノイズメーカー

ノイズメーカーエフェクトはノイズメーカーを使用した際にゴーストまたは音符の形をしたパーティクルを放出します。

フライングビッツエフェクト

本来は燃える肉片のために使用されるものですが、フライングビッツエフェクトはあらゆるバルブウェポンに付加されています。

ネメシス(強敵)バーストエフェクト

アンユージュアルエフェクト

関連項目: アンユージュアル

アンユージュアルエフェクトアンユージュアルクオリティのアイテムに付加されます。最初の14のエフェクト ("第一世代") は2010年にMann-Conomy アップデートでゲームに追加されました。さらに8つのアンユージュアルエフェクト ("第二世代") が2011年8月18日 パッチで追加され、さらに7つ ("第三世代") が後に2013年6月19日 パッチで追加されました。さらに10のアンユージュアルエフェクトが2013年のRobotic Boogalooアップデートで追加され、これらのエフェクトはRoboCrateを開けることでのみ得られます。4つのアンユージュアルタウントエフェクトが2014年6月にLove & War アップデートで追加され、タウントエフェクトの最初のシリーズになり、Mann Co. Director's Cut ReelMann Co. Audition Reelを開けることでのみ有効になります。さらに4つのアンユージュアルエフェクトが後に2014年にEnd of the Line アップデートで追加され、これらのエフェクトはEnd of the Line Community Crateを開けることでのみ得られます。Invasion Community アップデートでさらに9つのアンユージュアルエフェクトが紹介され、Confidential Collection CaseQuarantined Collection Caseを開けることで得られますが、それらのケースコレクションの装飾アイテムでのみ見なすことができます。

4つのハロウィーン限定のアンユージュアルエフェクトは2011年にVery Scary Halloween Specialで追加され、他の5つが2012年にSpectral Halloween Specialで、他の8つの一部がScream Fortress 2013 (2013年10月29日 パッチでの非公開の変更点として) アップデートで、他の8つ (内2つがタウントエフェクト) がScream Fortress 2014アップデートの一部で追加されました。それらはハロウィーンイベント中のみ得られますが、あけられた物資箱 (タイムウィンドウ中のRoboCrates含む) からは得られません。さらに7つがScream Fortress 2015イベントの一部で追加されましたが、これらは同年の制限を受けませんでした。パーティクルエフェクト付きアイテムはGargoyle Caseから、Scream Fortress 2015イベントで1年通じて得られるよう導入されました。

異なったパーティクルエフェクトはこのアニメーション、またはこのビデオで見れます。


Mann-Conomy アップデートで14種類のエフェクトがゲームに追加されました。2011年8月18日 パッチによりさらに8種類のアンユージュアルエフェクトが、また2013年6月19日 パッチにより7種類のエフェクトが追加されました。どのエフェクトが入手できるのかは、各物資箱のシリーズの「入手できる可能性があるアイテム一覧」に表示されています。

以下の14種類のエフェクトはシリーズ#1~#25の物資箱から入手可能です。

以下の8種類のエフェクトはシリーズ#26~#57の物資箱から入手可能です。

以下の7種類のエフェクトはシリーズ#59以降の物資箱から入手可能です。

ハロウィーンスペシャル

Very Scary Halloween Specialでハロウィーン限定エフェクトが4種類追加されました。Spectral Halloween Specialでさらに5種類、Scream Fortress 2013で8種類、Scream Fortress 2014で6種類、Scream Fortress 2015で7種類、Scream Fortress 2016で4種類、Scream Fortress 2018で11種類のエフェクトが追加されました。またScream Fortress 2014では2種類、Scream Fortress 2016で4種類、Scream Fortress 2018で6種類の挑発アイテム用ハロウィーン限定エフェクトが追加されました。他のエフェクトとは異なり、これらはハロウィーンイベント期間中に開梱した物資箱(種類不問)からのみ入手できます。Scream Fortress 2015とScream Fortress 2016のハロウィーンエフェクトは、この2つのアップデートと共に配信された特別な限定版の物資箱であるGargoyle CaseCreepy Crawly Caseからのみ入手できました。

以下の4種類のハロウィーン限定エフェクトはVery Scary Halloween Specialで追加されました。

以下の5種類のハロウィーン限定エフェクトはSpectral Halloween Specialで追加されました。

以下の8種類のハロウィーン限定エフェクトはScream Fortress 2013で追加されました。

以下の6種類のハロウィーン限定エフェクトはScream Fortress 2014で追加されました。

以下の2種類のハロウィーン限定挑発エフェクトはScream Fortress 2014で追加されました。

以下の7種類のエフェクトはScream Fortress 2015で追加されました。これらのエフェクトはGargoyle Caseからのみ入手できます。

以下の4種類のエフェクトはScream Fortress 2016で追加されました。これらのエフェクトはScream Fortress 2016イベント中はどの箱を開梱しても入手できましたが、現在はCreepy Crawly Caseからのみ入手できます。

以下の4種類のハロウィーン限定挑発エフェクトはScream Fortress 2016で追加されました。

以下の11種類のエフェクトはScream Fortress 2018で追加されました。これらのエフェクトはScream Fortress 2018イベント中はどの箱を開梱しても入手できましたが、現在はViolet Vermin Caseからのみ入手できます。

以下の6種類のハロウィーン限定挑発エフェクトは、Scream Fortress 2018で追加されました。

Robotic Boogaloo

Robotic Boogalooアップデートによりコミュニティ製のアンユージュアルエフェクトが10種類追加されました。これらはエフェクトのついたアイテムはRobo Community Crateからのみ入手できます。

Love & War

Love & War アップデートで9種類のアンユージュアル挑発エフェクトが追加されました。

End of the Line

End of the Line アップデートで4種類のアンユージュアルエフェクトが追加されました。

Gun Mettle アップデート

Gun Mettle アップデートDecorated武器限定の4種類のアンユージュアルエフェクトが追加されました。これらのエフェクトが付いた武器はPowerhouse Weapons CaseまたはConcealed Killer Weapons Caseを開梱することでのみ入手できます。

Invasion Community アップデート

Invasion Updateでは9種類のエフェクトが追加されました、これらのエフェクトはConfidential Collection CaseQuarantined Collection Case からのみ入手できます。


アンユーズド(未使用)エフェクト

アンユーズド・アンユージュアル・エフェクト

以下のエフェクトはゲームに追加されていますが現在使用されていません。

エフェクトを正しく描画するために以下の画像にはわずかに修正が加えられているものがあります。

削除されたコンテンツ

以下のエフェクトはゲームファイル内で使用されずに削除されました。


G.R.U.スカルエフェクト

G.R.U.のスカルエフェクトはかつてグローブ・オブ・ランニング・アージェントリーを使用しているプレイヤーから放出されるものでしたが、アップデートにより使われなくなりました。

回るバースデーケーキ

現在未使用

セルフ・シミュレーション

パーティクルエフェクトに関して、いくつかのアイテムはセルフ・シミュレーションと呼ばれる光るエフェクトを作ります。

実演動画

アップデート履歴

2010年9月30日 パッチ (Mann-Conomy アップデート)

2010年12月7日 パッチ

  • 宝の帽子用のパーティクルエフェクトを追加。

2010年12月17日 パッチ (Australian Christmas)

2011年8月18日 パッチ (Manno-Technology Bundle)

2011年8月23日 パッチ

  • サンビームエフェクトを修正。

2011年10月27日 パッチ (Very Scary Halloween Special)

2012年2月2日 パッチ

  • Head Warmerにパーティクルエフェクトが正常に表示されないのを修正した。

2012年6月11日 パッチ

  • 極稀に攻撃/防御パワーアップ系パーティクルエフェクトがプレイヤーに付いたままになるのを修正した。

2012年6月27日 パッチ

  • 一部のプレイヤーに長時間に及ぶパーティクルエフェクトの開始や停止がリアルタイムで受信されなかった事があったのを修正した。

2012年6月28日 パッチ

  • DX8用パーティクルエフェクトが出ていなかったのを修正した。

2012年10月26日 パッチ (Spectral Halloween Special)

  • [非公開] 追加エフェクト: Knifestorm、Misty Skull、Harvest Moon、It's A Secret To Everybody、そしてStormy 13th Hour。

2013年2月14日 パッチ

  • パーティクルの上限を増やした。

2013年5月17日 パッチ (Robotic Boogaloo)

  • [非公開] 追加エフェクト: Anti-Freeze、Electrostatic、Green Black Hole、Memory Leak、Overclocked、Phosphorous、Power Surge、Roboactive、Suplurous、そしてTime Warp。

2013年6月5日 パッチ

  • 付属ポイントとアンユージュアル帽子のパーティクルエフェクトの相殺はキャラクターのロードアウト画面から適合させられるようになった。
  • アンユージュアルエフェクトが死んだプレイヤーの上に浮かぶバグを修正した。
  • アンユージュアルエフェクトが他のプレイヤー観戦中時々誤って表示されるバグを修正した。

2013年6月19日 パッチ

  • [非公開] 追加エフェクト: Aces High、Cloud 9、Dead Presidents、Disco Beatdown、Kill-a-Watt、Miami Nights、そしてTerror-Watt。

2013年7月11日 パッチ

  • Disco Beat Downのアンユージュアルエフェクトが壁越しに見えていたのを修正した。

2013年9月3日 パッチ

  • 死のマーキングのアイコンが各プレイヤーの頭の上に表示されるのを削除した。

2013年10月29日 パッチ (Scream Fortress 2013)

  • [非公開] 追加エフェクト: Arcana、Spellbound、Poisoned Shadows、Chiroptera Venenata、Hellfire、Something Burning This Way Comes、Darkblaze、そしてDemonflame。

2014年7月30日 パッチ

  • 死のパーティクルが孤立してマークされるバグを修正した。

2014年6月18日 パッチ (Love & War アップデート)

  • [非公開] 追加タウントエフェクト: '72、Fountain of Delight、Holy Grail、Mega Strike、Midnight Whirlwind、Screaming Tiger、Showstopper、Skill Gotten Gains。

2014年10月29日 パッチ (Scream Fortress 2014)

  • [非公開] Amaranthine、Bonzo The All-Gnawing、Ghastly Ghosts、Ghastly Ghosts Jr.、Haunted Phantasm、Haunted Phantasm Jr.、Stare From Beyond、そしてThe Oozeのアンユージュアルエフェクトが追加された。

2014年12月8日 パッチ (End of the Line アップデート)

  • [非公開] Death at Dusk、Frostbite、Molten MallardとMorning Gloryのアンユージュアルエフェクトが追加された。

2015年1月9日 パッチ

  • Mega Strikeのアンユージュアルタウントエフェクトが壁越しに見えたのを修正した。

2015年1月30日 パッチ

  • パーティクルシステムに関するクライアントのクラッシュを修正した。

2015年1月9日 パッチ

  • Mega Strikeのアンユージュアルタウントエフェクトが壁越しに見えたのを修正した。

2015年2月11日 パッチ その1

  • 一人称視点の弾の奇跡のパーティクルの描画を無効にするためr_drawtracers_firstpersonのコンバーを追加した。

2015年2月18日 パッチ

  • パーティクル、プロップ、プレイヤーが消えるのに関するクライアントのクラッシュを修正した。
  • いくつかのアンユージュアルパーティクルエフェクトが正しく描画されないのを修正した。

2015年3月12日 パッチ

  • いくつかのパーティクルが正しく描画されないバグを修正した。

2015年7月2日 パッチ (Gun Mettle アップデート)

  • [非公開] Isotope、Hot、Cool、そしてEnergy Orb unusualのエフェクトを追加した。

2015年7月8日 パッチ その1

  • パーティクルエフェクトの付いた装飾アイテム(Soldier's Stogie、Nine-Pipe Problemなど)が誤って上流気取りの煙のアンユージュアルエフェクトを持っているかのように表示されていたのを修正した。

2015年8月18日 パッチ

  • キャラクターのロードアウト画面で装備したアンユージュアルアイテムのパーティクルが表示されなかったのを修正した。

2015年10月6日 パッチ (Invasion Community アップデート)

  • [非公開] Abduction、Atomic、Subatomic、Electric Hat Protector、Magnetic Hat Protector、Voltaic Hat Protector、Galactic Codex、Ancient Codex、そしてNebulaのアンユージュアルエフェクトが追加された。

2015年10月12日 パッチ

  • アンユージュアルのBurstchesterを実行してもアンユージュアルエフェクトが描画されなかったのを修正した。

2015年10月28日 パッチ (Scream Fortress 2015)

  • [非公開] Death by Disco、It's a mystery to everyone、It's a puzzle to me、Ether Trail、Nether Trail、Ancient Eldritch、そしてEldritch Flameのアンユージュアルエフェクトが追加された。

2015年10月29日 パッチ

  • Invasionアンユージュアルエフェクトの "Subatomic" が正面から外れて描画されるのを修正した。

2016年10月21日 パッチ (Scream Fortress 2016)

  • 8つの新しいコミュニティ製のアンユージュアルエフェクトが追加された。
    • 4つのアンユージュアル帽子のための新しいエフェクト。
    • 4つのアンユージュアル挑発のための新しいエフェクト。

[日付不明]

  • 追加エフェクト: 回るバースデーケーキ。

バグ

  • ナッツアンドボルトのパーティクルエフェクトはヴィジュアル面で問題があり、プレイヤーの周囲を回っているナットやボルトの動きが遅くなったり、完全に止まったりしてしまう。プレイヤーがしゃがむとわかりやすい。
  • 特定のグラフィックドライバでは、パーティクルエフェクトが明るく輝かなくなる。これらは回復ビーム、アンユージュアルエフェクト、エネルギー系の発射弾が該当する。また、これらの問題はDirectX 11のユーザーからも報告されている。
  • 死亡した時やサーバーから切断した時に、パーティクルエフェクトだけがその場でアニメーションしながら残ったままになる事が多い。
  • '死のマーキング'のパーティクルエフェクトが時々使用者が死のマーキングされてないときに現れることがある。
  • 装飾アイテムのパーティクルエフェクトが一人称視点に現れることがある。
    • プレイヤーとその装飾アイテムのパーティクルエフェクトは観戦中にも表れる。

備考

  • アイテムに付加されたパーティクルエフェクトはcl_first_person_uses_world_modelコンソールの変化を使っているプレイヤーを除いて、使用中のプレイヤーには一人称視点では見えません。
  • パーティクルエフェクト付きの装飾アイテムは複数のエフェクトを結合させることができます。
  • パーティクルエフェクトは運命の輪の頭巨大化の効果で隠れます。しかし、頭を広げて見ている場合、エフェクトは変えられ正しく表示されます。

外部リンク