Shred Alert

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
どなたか参加してくれないか?
— ロックバンドを組みたいスパイ

Shred Alert全クラス用のアクションアイテムです。チームカラーのデカールが施されたV字型のギターが何処からともなく現れて、巧みな手さばきで激しいメタルロックのリフを演奏し、背後に花火を噴き出させ、更にはスポットライトに照らされフィニッシュは雷光のエフェクトを決めるとっても派手なアクションを繰り出します。

2013/02/26までにSteamBrütal Legendを予約購入したプレイヤーに対してはこのアイテムのジェニュインクオリティ版がプレゼントされました。[1].

Shred AlertはValveのリクエストにより、後にSteam ワークショップ寄付されました

実演動画

アップデート履歴

2013年2月18日 パッチ

  • Shred Alertがゲームに追加された。

2013年2月22日 パッチ

  • Shred Alert罵倒のサウンドがMann Vs. Machineモードで聞こえなかったのを修正した。
  • 装備のプリセットを変更した時、Shred Alert罵倒のサウンドがスポーンルームにて鳴り響き続けられていたのを修正した。

2013年2月28日 パッチ

  • Shred Alertのプロモーション制限を解除した。
  • Shred Alert罵倒の一部のアニメーションを更新した。

2014年6月11日 パッチ その1

  • [非公開] バックパックアイコンを更新した。

2014年6月23日 パッチ

未使用コンテンツ

  • このアイテムの未使用キルアイコンがゲームファイル内に存在します。おそらくこのアクションアイテムが、罵倒攻撃になる予定もあったことが考えられます。
    • Shred Alertのパーティクル名はpcf内で見つかったすべてのパーティクルエフェクトに加え、"bl_killtaunt.pcf" (Brütal Legend Kill Taunt)と名付けられています。

バグ

  • サンドマンラップ・アサシンを構えている時にこの罵倒をすると、手に持っているボールが表示されなくなってしまう。
  • 他の罵倒行為でも同じ事があるように、このShred Alertも例に漏れず罵倒しながら段差から滑り降りたり、行為中に空中に吹き飛ばされたりすると、アニメーションを継続したまま罵倒行為自体がキャンセルされてしまうが、伴って発生する各種エフェクトはその場で置いてけぼりをくらって発生してしまう。
    • 罵倒行為中に死んでしまっても同様のことが発生してしまう。
  • ウラプール・ケイバーを構えたデモマンがこの罵倒をすると、なぜかギターの代わりにそのウラプール・ケイバーで演奏を始めてしまう。
  • 一部の武器を持っている状態では出現するギターの色が変化してしまう。
  • プレイヤーがテレポートされそうなときにShred Alertを始める間にテレポーターに入ると武器のFOVが変わることになる。これはクラスを切り替えるか死ぬことで直る。
  • スパイでこの挑発をすると、1回挑発が終わるとスパイが武器のポーズの代わりに"シビリアン"のポーズに戻る。

トリビア

  • この罵倒行為の名前は、軍事や民間防衛で最高レベルの警報を表す言葉「red alert(レッド・アラート)」が元になっています。
  • 説明文に載っているYngwie Malmsteen(イングヴェイ・マルムスティーン)は、1980年台にネオ・クラシカルスタイル・ヘビー・メタルで一世を風靡したスウェーデン出身のギタリストです。
  • ギターの全体的なデザインはギブソン・フライングVに似ています。
  • このアイテムのバンプマップは2つの隠れたエンジニアのクラスエンブレムを含みます。

ギャラリー

備考

  1. リリース当日の開発者からのコメント

関連項目