グリーフィング(嫌がらせ)

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
「テメェみてえなヤツが戦場で恥晒しになるんだよ!」
デモマン

グリーフィングとは、他のプレイヤーを苛立たせる、怒らせる、もしくは嫌な気分にさせる目的で、開発者がもともと意図していなかった形でゲーム上の仕様を悪用する行為を指します。どんな行為がグリーフィングに該当するのか、正確な線引きをすることは時として困難です。なぜならグリーフィングかどうかを決定するのは行為の内容ではなく、故意の有無だからです。たとえば、経験の浅いプレイヤーが他のプレイヤーを苛立たせたとしても、わざと迷惑行為を行ったのではないかぎり、それがグリーフィングに該当することはありません。

グリーフィングはチートとは異なります。バグの悪用やハッキングがグリーフィングになるのは、それらが明確に他のプレイヤーのプレイを邪魔する目的で行われた場合に限ります。単に不正なアドバンテージを得るためだけに行われたバグの悪用、ハッキングはグリーフィングに該当しません。

グリーフィングに該当しない行為

以下に挙げる行為はゲーム内における一般的な戦略であり、グリーフィングには該当しません:

  • キャンピング
  • 立て篭り
  • 待ち伏せ
  • スパイチェックのように、味方チームの後方に隠れている敵チームのスパイやエンジニア、その他のクラスを一掃する。
  • 特定のプレイヤーが敵チームにもたらしている戦略的優位を取り除くために、そのプレイヤーを繰り返しキルする。

グリーフィングに該当するかもしれない行為

以下の行為は他のプレイヤーへの嫌がらせ目的で行われた場合、グリーフィングに該当します:

  • バグの悪用。
  • 自分より足の遅い、あるいは重要度の高いクラスからテレポーターを繰り返し横取りする。
  • セントリーガンの射線を他の建造物でふさぐ。
  • タウントによるスパム行為。
  • ボイスコマンドによるスパム行為。
  • 敵側のリスポーン地点でキャンピングする。
  • プレイの最中に、他のプレイヤーにゲームのプレイ方法を教える。
  • 敵チームの他クラスに変装している味方のスパイを回復する。

大抵の場合グリーフィングに該当する行為

以下に挙げる項目はおおむね嫌がらせのためだけに行われるものであり、大抵の場合グリーフィングに該当します:

全般/クラス共通

  • チームメイトを殺すためや、その後の復活待機時間を無駄にするために意図的に崖から突き落とす。
  • 自分が前線に行きたいがために、乗るべき重要なクラスのチームメイトをテレポーターから押し出す。(例:スナイパーがメディックを押し出す など)
  • ずっとスナイパーの前に立ったり、エフェクト(例:火炎放射器/変装時の煙 など)で彼らの視界を遮る。
  • 戦術的な理由でなく困らせるためだけに繰り返し同じプレイヤーを殺す。
  • Dustbowl(ステージ3 第2コントロールポイント)のスカイウォーク(空中浮遊)のような、相手を困らせたり怒らせるエクスプロイトの利用。
  • 意図的にチームの役に立たないことをする。同じ場所に立ち続ける、近接武器しか使わない、敵の砲火に飛び込んでいく、意図的にリファレンス・ポーズのグリッチを使用するなどが該当する。
  • 特に理由もなく困らせるためだけに、フライパンでチームメイトを叩き続けて騒音を出す。
  • 特に理由もなく特定のチームメイトの後をつけまわす。
  • 意図的にプライベートチャットで相手チームに、自チームの防御状態や弱点を教える。またこれはゴースティングとして知られる。
  • 意図的にスパイチェックを避けたり他にも不審な行動をするなど、変装したスパイのような演技。
  • ボイスチャットを介して大声で妨害したり、他の邪魔な音を再生する。
  • ゲーム内のテキストチャットを介して、無意味な文や同じ文をスパムする。
  • 攻撃的な内容をボイスチャット、チャットで発言する。またはスプレーで貼りつける。
  • サーバー管理者になりすます。
  • 無用な投票を呼びかける。

Leaderboard class medic.png メディック

  • 理由もなくチームメイトにユーバーチャージをかける。(例:危険な状況でもないのにスナイパーにユーバーをかける、リスポーンルーム内のチームメイトにユーバーをかける、など)
  • チームの誰か、あるいは全員を回復しようとしない。
  • 敵スパイへのダメージを防ぐために意図的にユーバーチャージをかける。
  • 危険なエリアにいる瀕死の味方を意味もなく回復する。

Leaderboard class engineer.png エンジニア

  • 迷惑な位置にテレポーターを設置する。
    • チームメイトを危険な場所に送るトラップとしてテレポーターを使用する。
    • 他のエンジニアセントリーガンディスペンサーの間にテレポーターを建て、離れた場所にテレポートするようにして理想的な位置に立てなくする。
    • 意図的に出入口を向かい合わせにテレポーターを配置する。
    • 意味のないエリアにテレポーターを設置したり、数フィート先に出口を設置する。
    • 自分たちの基地に繋がるテレポーターを建て、スパイの侵入しやすい入り口を建てる。
    • 危険エリアに置いてあるセントリーガンの前に繋がるテレポーターを設置する。
    • 後方にいくと逆効果である(2Fort の城壁のような)スナイパーの射線に直通のテレポーターの設置。
    • 他のエンジニアのテレポーター出口の前に自分の入口を設置し、その出口の上で待機してテレポートしてきたチームメイトを、自分のテレポーターに押し出し再度テレポートさせる。
  • チームメイトを刺激するために、敵の入ってこれないエリアでセントリーガンやディスペンサーを設置する。(例:Gravel Pit の BLU リスポーンルーム)
  • ウィドウメーカーショート・サーキットのスパム、または単に装置の建設と破壊を繰り返すことで、他のエンジニアのディスペンサーのメタルを無駄に消費する。
  • 他のエンジニアのセントリーガンの前に装置を建てる。特にキルを横取りするためや基地の邪魔をするためならばより悪質。

グリーファーの見分け方

すべてのプレイヤーがグリーファーではありません。ただの新規プレイヤーかもしれませんし、あるいは単に正しいゲームのエチケットを知らないだけかもしれません。そうであっても、TF2 コミュニティにおいて信頼できない割合を一掃する勝手を知っていた方が良いでしょう。グリーファーのサインは以下の通りです。

  • サーバーの管理者があるかどうかを尋ねる。
  • 不快な名前・アバターに設定している。
  • グリーファーには BAN を避けるためにサブアカウントを使用している者もいる。デフォルトのバックパックを使用していているにも関わらず、かなりの実力を有している場合はサブアカウントを使用している可能性がある。
  • 止まってと言われてまだ動作を継続している。
    • 止まってと頼んだ人に対して攻撃的・挑発的になる。

グリーフィング行為の例(動画)

参考リンク