ボイスチャット

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
話しているプレイヤーを示す吹き出し
君のヘッドセットを貸してくれるかな? 『こちらスカウト! 虹みたいなのがボクを泣かすんだよぉ! どうぞ!』
スパイからノロマなスカウトへ

ボイスチャットTeam Fortress 2 の全バージョンにおけるコミュニケーション機能で、主にチームプレイや一般的な会話に使われます。

PC版ではプッシュ・トゥ・トーク方式で、初期設定ではVキーを押すと会話できます。Xbox 360版ではヘッドセットをコントローラーに繋ぐとできます。PlayStation 3版では Bluetooth のワイヤレスヘッドセットが使われます。

ボイスチャットの使い方

ボイスチャットは詳細な、または迅速に情報を共有したいときに役立ちます。以下に例をあげます。

  • 敵襲を知らせる。
  • ユーバーチャージの起動を相棒に知らせる。
  • 集団で攻撃する際にそのことを他のプレイヤーに知らせる。
  • 変装したスパイの存在を知らせる。
  • 敵エンジニアの装置の位置を知らせる。
  • 機密情報の正確な現在地を知らせる。
  • やられ中の敵や敵装置の破壊を味方に知らせる。
  • 援軍を要請する。

ボイスチャットの誤った使い方

以下の使い方をすればサーバーからキック、最悪の場合BANもあり得るでしょう。

  • 外部プログラムを用いて音楽を垂れ流す(許可されているサーバーは例外)。
  • 他のプレイヤーを脅すようなことを言ったり、嫌がらせを行う。
  • 嫌がらせ目的で絶叫し始める。
  • Alltalk がオンのサーバーで、味方の情報を敵に漏らす
  • 非トレード用サーバーでしつこくトレードを要求する。

制限

「プレイヤーをミュートにする」ボタン

通常の設定では、プレイヤーの声は味方にのみ聞こえ、死亡中は他の死亡中の味方にのみ聞こえます。Alltalk が有効化されている(sv_alltalk 1)サーバーは敵味方関係なく、死亡していても全プレイヤーに聞こえます。Alltalk はPC版以外ではこの機能はありません。

PC版ではメインメニューの「プレイヤーをミュートにする」ボタンから特定のプレイヤーをミュートすることができます。また、ボイスチャットはオプション画面の「ボイス」のタブから完全に無効化することも出来ます。

PC版ではゲーム内ボイスチャットを補うものとして、MumbleTeamspeakVentriloといった外部通信ソフト(VoIP)が用いられることがあります。

これらを使用することにより、サーバーの制限に関わらず仲間と通信が可能になります。例えば、Alltalk が有効な Team Fortress 2 のサーバーと2つの外部通信ソフトを併用すれば、チーム間の公式な話し合いと、味方との内輪での会話を両立することが出来ます。

プレイヤーのミュートの手順

  1. サーバーに接続中に Esc を押し、メインメニュー画面を呼び出す。
  2. 「ゲームに戻る」バーの上にある「プレイヤーをミュートにする」ボタンを押す。
  3. やかましいプレイヤーの名前を探す。
  4. プレイヤーの名前を選択する。
  5. インゲームの音声をオ… をクリックする、またはプレイヤーの名前をダブルクリックする。
Mute Player ja.png

吹き出し

プレイヤーがボイスチャットを使用すると、HUDの右下に吹き出しが表示されます。またプレイヤーの頭上にも表示され、味方から見えます。Alltalk サーバーではチームカラーの吹き出しが全プレイヤーに表示され、透明化中および変装中のスパイにも表示されます。また、話しているプレイヤーの名前と所属チームが色付きのバーでHUDの右下に表示されます。 彼らがリスポーン待ちの場合、Health dead.pngがプレイヤー名の横に表示されます。

これまでの変更点

2014年10月1日 パッチ

  • tf_teamtalk がデフォルトで有効になった。これにより死亡中のプレイヤーも生きているプレイヤーにチャットが使える。
  • プレイヤーをミュートした際にテキストチャットも同様にミュートされるようになった。convar cl_mute_all_comms を 0 にすれば以前の動作に戻せる。

2015年3月12日 パッチ

ギャラリー