メディックのバディ

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
ベストバディ
コイツが『医師による殺人幇助』というものです!
メディック

メディックのバディとは、全ての攻撃・防衛時においてメディックとの相性が特に良いクラスのことです。メディック "バディ" は、単にメディックがヒールしているだけの "ペイシェント(患者)" とは異なります。ほとんどの場合、メディックバディはユーバーチャージ の対象として有力候補に挙がります。

代表的なメディック "buddy"

以下のクラスはメディックバディの理想的な選択肢です。彼らに共通する特徴は平均以上のヘルス、高いダメージ能力、一度に複数の敵を攻撃できる点です。メディックが持つべき重要な戦略的側面のひとつに、いかなる状況にも対応する能力があります。戦況によっては他のクラスをバディにするよりも有用なクラスもある、ということを覚えておいてください。例えばソルジャーやデモマンはヘビーよりも長距離からセントリーガンを破壊できます。敵のエンジニアを対処する時はこれらのクラスが好ましいです。またバディのアイテム選択にも注意することも重要で、メディックのユーバーチャージへの適正を損なう可能性があります。(例:盾デモにユーバーチャージなど)

ソルジャー

ソルジャーは体力と火力が高く、メディックが継続して回復してやれば凶悪な組み合わせとなるでしょう。コンスタントにオーバーヒールし続ければ、ソルジャーは安全かつ効率的にロケットジャンプ出来ます。さらに、クイックフィックスを使えばメディックも付いていくことが可能です。ソルジャーとメディックのペアは、中~長距離からの装置の破壊や、爆発ダメージによる敵集団への攻撃、 特定のターゲットの排除などに長けています。ソルジャーのリロードが終わっていないうちにユーバーチャージをかけないよう、ペアで息を合わせることが重要になります。

バディとしてのソルジャーは、初期武器のロケットランチャーを装備するのがいいでしょう。他のメイン武器はユーバーチャージとの愛称があまり良くありません:爆発範囲が狭いダイレクトヒットは複数の敵を相手にするのが難しいですし、弾倉サイズが小さいブラックボックスはリロードによけいな時間を食ってしまいます。与ダメージが低いリバティー・ランチャーは対集団では非効率的ですし、カウ・マングラー 5000は装置に対して殆どダメージを与えられず、クリッツクリークのチャージを受けることも出来ません。ベガーズ・バズーカは精度に問題を抱えており、また発射前に装填する必要もありますが、連射の速さを活かせば至近距離では大ダメージを与えられるので、代替武器になりえるでしょう。

デモマン

9つのクラスの中でも、デモマンとその爆発物は、潜在的な攻撃力が最も高いクラスです。ソルジャーと同様に、デモマンも爆発ジャンプによって機動性を大きく向上できます。どの爆発武器も敵集団に対して非常に相性が良いので、メディックがクリッツクリークのチャージをかけるのにうってつけです。粘着爆弾は非常に爆発範囲が広いので、1発で複数の敵を倒すことも可能です。複数の粘着爆弾を設置してから起爆することも出来るので、どんな状況でも敵エンジニアの装置を破壊するのを得意としています。時間を浪費しないように、ユーバーチャージを展開するのはデモマンが武器をリロードしてからにしましょう。

デモナイトは、粘着爆弾を使うデモマンに比べると相性が悪いです。チャージン・タージスプレンディッド・スクリーンアリババズ・ウィーブーツによって生存力が向上しるとはいえ、デモマンとメディックに求められる役割は、堅固に守られた危険な地帯を一掃することです。近接武器で攻撃するより、グレネードと粘着爆弾で装置を破壊しつつ、クリティカルの機会を伺う方が好まれるでしょう。

武器の選択では、どのユーバーチャージにしろ初期装備のグレネードランチャーが好ましいでしょう。ロックン・ロードは20%しか与ダメージが向上していないのに、リロードは2倍行う必要があり、また障害物の後ろにグレネードを転がすことも出来ません。ルーズ・キャノンはダメージを与えるのが遅く、確実性にも欠けます。サブ武器も初期装備の粘着爆弾ランチャーがベストでしょう。スコティッシュ・レジスタンスは起爆までの時間が長く、敵に避けられてしまうおそれがあります。

ヘビー

体力の高いヘビーは、多くのダメージを耐えられます。オーバーヒールをかけてあげれば、さらに倒されにくくなるでしょう。体が大きく移動速度も遅いので、付いていくのは難しくありませんし、敵の注意を引きつける事も出来ます。グローブ・オブ・ランニング・アージェントリーを装備したヘビーならメディックの走る速度にも並びますし、被ダメージが増えるのでユーバーチャージを溜めるのに役立ちます。先頭に入れば、至近距離での高い火力はメディックを守るのに役立ってくれるでしょう。ミニガンを発射中のヘビーは機動力が低下するため、ノックバックを苦手とします。そのため、通常のユーバーチャージを使うときは、メディックがヘビーの前に立って敵の攻撃を遮りましょう。クリッツクリークのユーバーチャージの場合は、屋内・屋外を問わずにミニガンで敵をなぎ払うことが可能です。どのユーバーチャージでも、メディックはヘビーがミニガンを回転するのを待ってから発動するようにしましょう。

攻撃時のヘビーのプレイマリ武器は、初期装備のミニガントミスラヴなど、動きやすいものがいいでしょう。ブラス・ビーストの火力は痛烈ですが、突然やって来た敵にすぐに反応出来ず、またユーバーチャージ中に移動しなければならないときに動けないため、十分に効果を発揮出来ません。ヘビーが移動中にもメディックを守れるようにショットガンを装備するか、ヘルスパックが無いときのためにサンドヴィッチを持っておくかは状況によって異なり、どちらも便利な選択肢です。

パイロ

パイロは敵に炎を浴びせて大ダメージを与える、近距離戦闘向きのクラスです。メディックが回復し続けていればパイロが敵を倒しやすくなりますが、メディガンの有効距離には限りがあるので、戦場の真っ只中に入ってしまうとメディックが危険に晒されてしまいます。そのため、防御的な状況でパイロを回復する方が、敵にやられるリスクが少なくて済みます。敵のユーバーチャージペアが来た場合は、パイロはメディックを守るために引いて構えましょう。パイロがユーバーチャージされた場合は、特に狭い場所でなら、装置を破壊したり敵を混乱に陥れたりすることが出来ます。火炎放射器の射程距離は非常に短いので、ノックバックされると不利になります。ユーバーチャージでセントリーガンを壊す場合は、それが曲がり角のすぐ先にあるのでなければ、メディックが前に出てセントリーガンの攻撃とノックバックを引きつける必要があります。このペアはどちらも打たれ弱いので、クリッツクリークのユーバーチャージをかける相手としては一般的にパイロはあまり向いていません。

メディックと組む場合、パイロはどんな装備でもほとんど問題ありません。しかし、メディックを守るためにはショットガンの方がフレアガン系武器よりも向いているでしょう。フロギスティネーターはユーバーチャージと組み合わせれば対戦相手に大打撃を与えられるものの、メディックを投射物から守ることができなくなります。ユーバーチャージを受けて装置を壊すとき、ホームレッカーなどを使うのはあまり効果的ではないでしょう。火炎放射器なら装置と同時にエンジニアも倒せるからです。

代表的なメディック "baddy"

以下のクラスはメディックバディとして選ばないほうがいいクラスです。これらのクラスは体力の低さやその役割のため、通常最も回復が必要となる前線にいることはありません。他のメディックバディのように面を制圧することが出来ず、メディックを守ることは難しいでしょう。

スカウト

スカウトはその体力の低さとアグレッシブなプレイスタイルのため、回復していてもやられやすいクラスです。メディックがクイックフィックスを使えばスカウトと一緒のスピードで移動可能になりますが、スカウトは他のメディックバディのようにメディックを守ることは難しいでしょう。プライマリ武器がフォース・ア・ネイチャーソーダ・ポッパーの場合はさらに難しくなります。傷付いたスカウトは回復を求めて戻って撤退しがちなので、スカウトとメディックが一瞬だけ2人になることはよくあります。 スカウトの武器は弾切れするのが比較的早いため、長時間前線を押すことは出来ません。上手いスカウトならユーバーチャージ無しでも攻撃を避けることが出来るので、候補者にはなりにくいクラスです。最後の手段として使用するために、ユーバーチャージが溜まりかけているときはメディックの側にいると良いでしょう。至近距離でならスカウトは高いダメージを与えられるので、クリッツクリークを上手く使えば防衛中のターゲットを奇襲することが可能です。それでも、スカウトは敵の集団全体にダメージを与えることが出来ないので、やはりバディに向いているとは言えません。

エンジニア

エンジニアは前線から離れた場所にディスペンサーを建てて、その近くにいることが多いため、メディックが必要となることはあまりありません。エンジニアが敵の集中砲火を受けつつセントリーガンを修理しているときなど、特定の状況下ではメディックの回復が必要となります。ラングラーを持ったエンジニアが前線に出れば破壊力はありますが、ヘビー以上に機動力が無いのでユーバーチャージをかける相手としては好ましくありません。より大胆な戦術としては、エンジニアが攻撃的な位置にセントリーガンを建てるときにユーバーチャージをかけて支援するというやり方が考えられます。無敵状態のペアがシールド代わりになってセントリーガンを守ることも出来ます。ウィドウメーカーガンスリンガーといった、状況次第で高い火力となる武器を持ったエンジニアは、追い詰められた状況では最適なパートナーになることもあるでしょう。

スナイパー

スナイパーは戦術の後方にいることが多いので、メディックが回復することはほとんどありません。しかし、状況次第ではスナイパーを回復することがチームの為になることもあります。スナイパー同士の戦いでは、オーバーヒールされていればフルチャージのボディショットや未チャージのヘッドショットで死ななくなるので、非常に有利になります。スナイパーがハンツマンを持っている場合は前線で戦うことになるので、回復する機会も増えます。しかし、スナイパーは近距離戦に強い武器がなく、攻撃の間隔も長いため、メディックを守ることは難しいでしょう。そのため、スナイパーはどのユーバーチャージにも適していません。ただ、クリッツクリークのユーバー中であれば、スナイパーはボディショットでもヘッドショット並みの威力になる上に、スコープを使わなくてもよくなります。

別のメディック

メディックには自己回復能力があるものの、自分のメディガンで自分自身を回復することは出来ません。そのため、生き残るためにメディック同士がお互いを回復するのは重要ですが、お互いをバディとして進軍するのは無謀でしょう。メディックには並程度の体力と素早い移動速度があるため、平均以上の生存力を持っていますが、攻撃力がありません。他に打つ手が無いならともかく、ユーバーチャージをかけるのは他のクラスのほうが良いでしょう。

大それたことをやってみたいなら、チェインユーバーチャージという戦術もあります。

スパイ

スパイはステルス能力と変装に頼ったクラスなので、敵に変装しているにも関わらず回復していると(敵スパイに変装しているのでなければ)正体がバレてしまいます。メディックはスパイ以外の前線職を回復しましょう。ただし、スパイは敵パイロに火を付けられると透明化や変装がバレてしまうので、すぐに消火してあげましょう。バックスタブを計算に入れなければ、スパイは最も攻撃力の低いクラスなので、どの種類のユーバーチャージをかけるのにも適していません。状況は非常に限られますが、ユーバーチャージをかけたスパイがセントリーガンにサッピングし続けていれば、味方は簡単に壊せるでしょう。

ユーバーチャージをかける相手の選び方

ユーバーチャージを他のプレイヤーにかけるときは、何らかの目的をもってかけるものです。状況によって、選ぶべきクラスは変わってきます。

直接ダメージと範囲制圧

エリアから複数の敵を排除したい場合、ユーバーチャージをかけるのはヘビーかパイロがよいでしょう。ヘビーは近~中距離でのダメージに優れ、近寄るもの全てをなぎ払います。しかし、移動速度が遅いので長距離の敵には効果的ではなく、逃げられてしまったり遮蔽物に隠れられたりしてしまうと対応出来ません。パイロは待ちぶせを得意としており、ユーバーチャージがあればさらに大きな混乱に陥れられるでしょう。パイロはヘビーよりは素早いものの、火炎放射器の射程距離が短いので、やはり遠くの敵は苦手としています。

戦術的な標的

特定のターゲットを倒してアドバンテージを得たいときには、ソルジャーかデモマンを選びましょう。これらのクラスはパイロよりは遅くヘビーよりは弱いですが、射程距離による利点と、爆発武器で複数の敵を攻撃出来るという長所があります。彼らの機動力と火力によって、チームが進軍するはずみをつけることが出来ます。

セントリーガンの排除

敵エンジニアが拠点にした場所によって、バディ向きの4クラスから誰を選んでセントリーガンを壊すべきかは異なります。ソルジャーが発射するロケットは、どこから撃とうが装置に対しては距離によるダメージの減衰がありません。しかし、エンジニアが修理し続けている場合は破壊するのは難しいでしょう。至近距離ならヘビーやパイロの高い攻撃力によって、修理しているエンジニアごと倒すことが可能です。デモマンはセントリーガンの破壊を最も得意とするクラスです。エンジニアが修理し続けていようが、複数の粘着爆弾をまとめて起爆すれば一気に壊せるでしょう。距離が遠い場合はメディックが前に出て、セントリーガンの攻撃を引きつけてバディがノックバックされないようにする必要があります。装置に対してはクリティカルヒットでもダメージが増加しないため、セントリーガンを壊したいときにクリッツクリークを使っても意味はありません。

防衛全般

敵のユーバーチャージに対抗する方法としては、攻撃されているチームメイトにユーバーチャージをかけたり、無敵状態になったプレイヤーが相手の進路を塞いだりする方法が考えられます。敵のユーバーチャージが切れて退却するまでの時間を稼ぐことが出来れば、カウンターでユーバーチャージをかけた側が大きく有利になります。ユーバーチャージがあれば圧倒的な戦力差の敵にも対応出来ますし、最後の手段としてならどのクラスにかけることも出来ます。メディック1人しかいない場合でも、チャージが溜まったまま死ぬよりかは発動してしまう方が良いでしょう。

良きメディックバディになるには

メディックと一緒に行動する上で、最も重要なのはコミュニケーションです。バディはマイクやボイスコマンドを使って、メディックに注意を喚起しましょう。メディックからの指示が無いときは、バディが状況を見てユーバーチャージの使いどころを伝えます。

周りに他のチームメイトがいない場合、患者はメディックから離れすぎず、また補給棚には触れないようにしましょう。メディックはユーバーチャージを溜めるためのチームメイトを必要としています。よりバディ向きのプレイヤーがやって来るまでは、患者は常にメディックの側に居るべきです。

常に回復されていたとしても、無敵状態になっている訳ではありません。敵の攻撃が激しい場合はなおさらです。メディックは奇襲を受けやすいので、バディは敵のテリトリーに深入りせず、退き時を見極めましょう。メディックが遮蔽物の後ろにいる場合、バディはあまり遠くへ行かずにメディガンの届く範囲にいるのが好ましいです。メディックには自然回復能力がありますが、自分自身をヒール出来る訳ではありません。ヘルスパックはメディックに優先して譲りましょう。

メディックを生き残らせれば、チーム全員が回復されることが出来ます。そのお返しに、バディはメディックを守らなくてはなりません。メディックは注射銃を取り出す前にやられてしまうことも多いので、危険が迫ったら患者がすぐに対処しましょう。その重要性から、メディックは敵のスカウトやパイロ、スナイパー、スパイなどに狙われやすく、待ち伏せや奇襲されがちです。それらの危険性がある場所では警戒しましょう。