キャプチャー・ザ・フラッグ

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
2Fortの中央エリアの橋
Double Crossの割れ目の橋エリア
取ったぞ、取ったぞ、取ったぞ!
— 機密情報を盗んだスカウト

キャプチャー・ザ・フラッグ(CTF)はREDチームとBLUチームが各自の機密情報の入ったブリーフケース(フラッグ、旗の役割をする)を持つのが特徴のゲームモードです。敵チームの機密情報を指定された回数(初期設定で3回)奪取すると勝利となります。もし、両チームとも制限時間内に旗を取ることができなかったときは、試合はサドンデスモードに突入します。(一方の機密情報が持ち出されたとき、機密情報が保管場所に戻るまでオーバータイムが続く。)

機密情報

機密情報を運んでいるREDスカウト

機密情報、またはインテル、ブリーフケースはキャプチャー・ザ・フラッグゲームモード独自のオブジェクトです。チームカラーのアタッシュケースから紙がはみ出しているという外見です。敵に取られたときには色を失い、運んでいる者の後ろには舞っている紙とチームカラーのエフェクトが付きます。

役割

CTFでは、各チームの陣地にはそれぞれ機密情報が置かれています。敵チームからこれを守り持ち出されたときは取り返さなければいけず、旗を奪取したときに持っていく場所はキャプチャーゾーンと呼ばれ自チームの旗の置いてある場所がキャプチャーゾーンである場合が多いです。

機密情報は全ての敵プレイヤーに壁を通して見られますが、邪魔することや味方プレイヤーが動かすことはできません。元に戻るとアナウンサーが両チームに機密情報が奪えると知らせます。HUDに表示される機密情報の表示は敵から自陣に戻らなければならない運搬者の方向を指します。運搬者は自チームのプレイヤーに壁を通して緑、黄色や赤く (現在のヘルスに基づく) 光っているように見えます。

機密情報運搬中、プレイヤーはさらに傷つきやすくなります。加えて、ある状態はプレイヤーに機密情報を拾って運ぶことをできなくさせることがあります。

一回機密情報がキャプチャーポイントに戻ると、成功したチームは機密情報の表示で1ポイントを得て、クリティカルブーストを10秒間得ます。奪取時に自らの機密情報を奪取して奪取ポイントにする必要はありません。

機密情報は運んでいるプレイヤーがドロップアイテムボタン (デフォルトキー: L)を押すことで意図的に落とせます。一回落とすと、時計のようなタイマーの輪が機密情報の上に現れます。落とされてから再び拾われずにデフォルトで60秒が過ぎると、自動でチームの基地の元々の場所に戻ります。拾って機密情報を落とすと、このタイマーはリセットされます。チームはこの間または負けている間落とされた機密情報を守らなければなりません。

機密情報の運搬者がDouble Crossの底なし穴のような、ある環境死で死んだ場合、落とされた機密情報が触られるのを防ぐため、強制的に元の場所に戻ります。この機能はマップのコード固有のもので機密情報のものでなく、よって作者の手によってマップに追加されます。While Valve公式マップは全て特有の底なしの危険のためにこれを共有していますが、全てのカスタムマップでこの機能が役立つとは限りません。

戦術

もっと詳しく: 旗取り(キャプチャー・ザ・フラッグ)の高度な戦術

マップ

もっと詳しく: マップ一覧

キャプチャー・ザ・フラッグのマップ名はctf_から始まります。

名前 画像 ファイル 名
2Fort Ctf 2fort bridge ss.png ctf_2fort
2Fort Invasion Ctf 2fort invasion.png ctf_2fort_invasion
Double Cross CTF DoubleCross RedBase.png ctf_doublecross
Landfall Ctf landfall rc0005.jpg ctf_landfall
Sawmill (Capture the Flag) CTF Sawmill Center.png ctf_sawmill
Turbine CTF Turbine Center.png ctf_turbine
Well (Capture the Flag) Ctfwell04.png ctf_well

関連実績

Leaderboard class scout.png スカウト

ピンチはチャンス、スターの証
ピンチはチャンス、スターの証
自チームの機密情報を持っている敵を、敵チームの機密情報を持った状態で倒す。


ホーム(まで)ラン
ホーム(まで)ラン
敵の機密情報を 25 回奪う。
ヒットなし
ヒットなし
機密情報を盗み、一度も発砲することなく持ち帰る。


トリプルスチール
トリプルスチール
CTF(旗取り)マップで、1 ラウンド中に敵の機密情報を 3 回奪う。

Leaderboard class pyro.png パイロ

機密焼却
機密焼却
味方の機密情報を持っている敵 5 人に点火する。


Leaderboard class heavy.png ヘビー

罪と罰
罪と罰
味方の機密情報を持っている敵を 10 人倒す。


Leaderboard class engineer.png エンジニア

企業秘密
企業秘密
機密情報を持っているプレイヤーを 20 人倒す。


Leaderboard class sniper.png スナイパー

計画を持て
計画を持て
CTF(旗取り)マップで「旗」を取る。
ロビン(グ)フッド
ロビン(グ)フッド
機密情報を運んでいる敵を 1 本で倒す。

アップデート履歴

2007年10月8日 パッチ (リリース前)
  • CTFモードで両チームの旗が自陣にあるときにサドンデスに突入するようになりました。

2007年10月10日 (最初のゲームリリース)

  • キャプチャー・ザ・フラッグモードが追加された。
  • 追加マップ: 2Fort

2007年11月7日 パッチ

  • 旗を持っているプレイヤーはテレポーターを使用できなくなりました。

2007年11月20日 パッチ

  • tf_flag_caps_per_round valueと旗の取られた回数のサーバー記録をつけるようにしました。

2008年1月25日 パッチ

  • 追加マップ: Well (キャプチャー・ザ・フラッグ)

2008年3月20日 パッチ

  • 敵陣地から旗を持ち出したプレイヤーを記録するようにし、旗が他のプレイヤーによって持ち帰られたときにもそのプレイヤーが報われるようにしました。

2008年6月19日 パッチ (Pyro アップデート)

  • 追加マップ: Turbine

2009年2月24日 パッチ (Scout アップデート)

  • 観戦プレイヤーが旗を運べるバグを修正しました。

2009年8月13日 パッチ (Classless アップデート)

  • 追加マップ: Sawmill (キャプチャー・ザ・フラッグ)
  • 旗をキャプチャーしたとき、そのチームの全プレイヤーに10秒のクリッツボーナスを与えるようにしました。

2009年12月17日 パッチ (WAR! アップデート)

  • 追加マップ: Double Cross

2010年10月6日 パッチ

  • 旗を持っているとき、ユア・エターナル・リワードでスタブしても変装しなくなりました。

2011年1月19日 パッチ

  • 運ばれていないときの機密情報に発行するエフェクトをつけました。

2011年4月15日 パッチ

  • [非公開] 機密情報が運ばれているときに位置が表示されないようになりました。

2011年5月5日 パッチ (Replay アップデート)

  • CTFマップにおいてブリーフケースをプレイヤーが持ったときに正しく描画されなかった問題を修正した。

2012年6月27日 パッチ (Pyromania アップデート)

  • 旗を運んでいる味方プレイヤーが光るようになった。
  • まれに起きる、ワールドの外に旗が落下してしまうバグを修正した。

2014年7月25日 パッチ

  • CTFのHUDに関連してクライアントがクラッシュしてしまう問題を修正した。
  • CTFのHUDが正しく更新されない問題を修正した。

2015年1月15日 パッチ その1

2015年7月23日 パッチ その1

  • ロケットジャンパー/スティッキー・ジャンパーを装備している状態でも旗を運ぶことができたのを修正した。

2015年10月6日 パッチ (Invasion Community アップデート)

  • 追加マップ:2Fort Invasion

2015年12月17日 パッチ (Tough Break アップデート)

  • 追加マップ:Landfall

バグ

  • プレイヤーが機密情報を取得/落としたにもかかわらず、HUDの下部中央にあるステータス表示が変化しないことがある。
  • 機密情報を運んでいるプレイヤーがキルされた時、まれに爆弾関連のセリフを発することがある。
  • プレイヤーが機密情報を持った状態でマップがリセットされた場合、機密情報を持っていたプレイヤーは次のラウンドでも発光し続ける。この状態は該当のプレイヤーが死亡するか、他のプレイヤーが機密情報を拾うまで続く。

備考

  • 中立した機密情報のブリーフケースは通常のブリーフケースの白い色をしたバージョンでゲームファイル内にあります。それはValveによって公式マップでは未使用になりました、しかし、コミュニティの開発者たちによってカスタムゲームモード ("シングル・フラッグ・CTF"、フォート・ウォーズ、そして"実績サーバー"のような)で使われるようになりました。多くは現在、Valveは中立の機密情報のケースのバージョンを機密情報が爆弾スーツケースに作り直された、新しいスペシャル・デリバリーゲームモードでの最初の回収として使用しました。
  • 初期のステージの間プレースホルダーとして、ValveはTF2の開発チームの顔が特徴の、ゲームファイル内でまだ見られる、修正されたTeam Fortress Classic'版のを使っていました。赤い旗の顔はTeam Fortressシリーズの共同制作者ロビン・ウォーカーのもので、青い旗はチャーリー・ブラウンです。
  • 機密情報に関するいくつかの実績スペシャル・デリバリーゲームモードのマップ、Doomsdayで解除できます。
  • 奪取成功時にサーバーにクリティカルブーストの長さを指示する、または完全に無効にする設定があります (tf_ctf_bonus_time)。

ギャラリー