2010年4月29日 パッチ

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
この記事は特定のパッチの実施情報に関するものです。アップデートそのものの詳細については119th アップデートをご覧ください。
ソース: http://store.steampowered.com/news/3771/ (英語)
公式アップデートページ: 119th Update (英語)

パッチノート

Update 119.png

Team Fortress 2

  • Source SDK に関するいくつかの問題点を修正した。
  • 119th(くらい)アップデートを帰天して新たなアイテムを追加した。
  • スカウトの「ランナー、アウト!」の実績を下記の通り更新した。
  • バックバーナーに20%のダメージボーナスを追加した。
  • フレアーガンによる延焼時間を火炎放射器によるものより減少させた。
  • テレポーター出口が誤ったパーティクルエフェクトを使用している問題を修正した。
  • HUDのダメージインジケーター(ダメージを受けた方向を指し示す赤棒)が表示されない問題を修正した。
  • テレポーターの片側が破壊された際にもう片方がレベル1にならない問題を修正した。
  • ダメージを受けてもプレイヤーにview-kicksを起こさない問題を修正した。
  • エンジニアおよびスパイが装置作成制限を回避できてしまう問題を修正した。
  • サーバーブラウザが正しく設定フィルタを保存しない問題を修正した。
  • クライアントがカスタムHUDを使用中にtargetIDでクラッシュを起こしてしまう問題を修正した。

非公開の変更点

  • クリティコーラが独自のテクスチャを持つようになった。
  • チャージン・タージの爆発ダメージ耐性が40%に引き上げられた。
  • チャージン・タージのカラーがチームカラーから黄色を基調としたものにし、見分けをつきやすくした。