コミュニティ発祥ネタ(Community Fads)

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
派生キャラのひとり「デモ・パン」
Gentlemen.
スパイ

コミュニティネタとはネット上で流行していたり、Team Fortress 2のコミュニティから発祥したキャラクターなどの派生ネタのことです。流行の定義としては「ある行為や発想などが、多数の人によって熱狂的に支持され暫くの間(いい意味でも悪い意味でも)盛り上げられる」ものとします。[1]ネタが生まれるのはTeam Fortress 2のゲームからだけではなく、Garry's Mod(通称:GMOD)Source Filmmakerと連動している場合があるのも珍しくはありません。

そして、それらのネタの流行が更に発展していった場合は「アイデアやコンセプトがオンラインで大人気になる」という定義の元、「インターネット・ミーム(ネットスラング)」として拡散していくことだってあります。[2]

ゲームの派生キャラ

クレイジー・レッグ(Crazy Legs)

か~ちゃん、見てっか~!

クレイジー・レッグとはTeam Fortress 2のゲーム内でよく見られた珍現象です。これはスカウトの脚に影響を与えるバグとして存在しており、いつしかこの現象が名物となり「2枚の薄切り生ベーコンが風洞によって持ちあげられる」という結論に(なぜか)なってしまったため、クレイジー・レッグはベーコン・レッグとも呼ばれています。このバグは公式で2010年1月13日 パッチにてすでに修正されました。しかしこのバグの愛好家の為に、幸か不幸かクレイジー・レッグはゲーム中に残してあります。ただ、その現象が発生しても修正前のようにあからさまに目につくものではなくなってます。

このバグはスカウトがしゃがみながらダブルジャンプすると発生し、Civilian現象のように三人称からの視点で確認することができます。

実は公式ブログにてクレイジー・レッグは、バックストーリーが与えられたり表彰されるほど悪名高いものに成り上がっていたのでした。[3]

クレイジー・レッグ現象をじっくり見たい方のための動画


デモ・パン(Demopan)

発祥となったスクリーンショット

デモ・パン」とはsteam Steamユーザーフォーラムスレッド内の"The New Face of TF2"スレッドから生まれた派生キャラです。スレッドではデモマンが大きく写っているフリーズカムショットが取り上げられており(右図)、何故かTeam Fortressコミュニティの間でこの画像のネタが急速に広まって行きました。このデモ・パンとなったプレイヤーは「STOUT SHAKO FOR 2 REFINED」という名前(ちなみにこの名前を日本語にすると「精錬メタル2個で強靭なシャコー帽と交換」)でフライパンチャージン・タージ賞金帽子Dangeresque, Too?を装備したBLUチームのデモマンです。このスクリーンショットからデモ・パンの部分だけが切り抜かれた画像や、爆発シーンの背景と合成させられたデモ・パンのネタ画像も公開されたりもしました。更にはYouTubeアカウントのユーザーSpawnThemAll氏によってMeet the Demomanの映像にこのデモ・パンの顔やフライパン、チャージン・タージを合成し、音声も既存のセリフからマッシュアップされて合成されたパロディネタ動画が作られました。

しまいにはTeam Fortress 2公式wikiにも、2011年のエイプリルフール用にBenjamoose氏によるなんちゃってクラスページ日本語翻訳版)まで作られ、その日のピックアップとして取り上げられてしまいました。

(パロディ)紹介動画:Meet the Demopan

  • デモ・パンはインターネットミームとしてKnow Your Memeでも取り上げられています。


Gentlemen(ジェントルメン)

代表的なイメージイラスト

Gentlemenとはスパイがよく口にするキャッチフレーズが元になっているネタです。彼の穏やかで礼儀正しく計算高い人格はこの簡単なご挨拶の中に要約されており、丁寧に並べられているタバコからもそれが現れております。

このネタ自体はイメージイラストで広く知れ渡っていますが、元々はGarry's Modで口にたっぷりタバコを詰められたスパイが写っているスクリーンショットにアルファベットの大文字で"GENTLEMEN."の文字が書かれた画像が発祥になっています。そして瞬く間にイラスト化されたのでありました。このネタはテンプレート化されTeam Fortressの他のキャラを使った派生バージョンも爆発的な勢いで生み出されました。ネタの定義は非常に単純で、そのキャラの代表的なアイテムをキャラの口の中にこれでもかと言わんばかりに詰め込んだ絵を描くだけです。例えばヘビー版を描く場合、彼の口内へタバコの代わりに彼の代名詞的アイテムであるミニガンの弾丸でもギュウギュウてんこ盛りに詰め込んであげて、下に"BULLETS."と書いておけばハイ、できあがりです。

"Gentlemen"という単語も時折故意に"Mentlegen"とスペルミスされていたり、それと同時にイラストの方も改変されていたり(この場合、口と目の位置があべこべになっている改変イラストになっている)と文字だけでもネタに困ることはなさそうです。ゲームのBOTの名前にMentlegenがあるのも、ネットの世界を駆け巡ったそのネタに対するトリビュートだったりします。

  • "Gentlemen"はインターネットミームとしてKnow Your Memeでも取り上げられています。


カニスパイ(Spycrab)

カニスパイの全身図

Team Fortress 2で非常に有名なネタをひとつ挙げるのならばこのカニスパイでしょう。カニスパイとは、スパイを使用中に変装キットを構えて、視点を真上に向けてからしゃがみ歩きをした時に起こるヘンテコリンなキャラアニメーションです。この動きが他のプレイヤーからはカニのように見えて面白がられています。Sniper vs SpyアップデートページDay4よりDapper Rogueの"Catalogue for the Gentleman Scoundrel(悪党紳士カタログ)"に載っていた"Crab-Walking(カニ歩き)Kit"によると"It will change your skeleton! Excruciatingly painful but worth it.(貴方の骨組みを変えてしまいましょう! 激痛を伴いますが、それだけの価値はあります。)"との事です。

そしてあまりの人気っぷりに、とうとう公式からSniper vs. Spyアップデートの時に変装キットのもう一つの罵倒行為として追加されたのでありました。

カニスパイを披露するプレイヤーの動画

  • カニスパイはインターネットミームとしてKnow Your Memeでも取り上げられています
  • このネタを元にしてファンメイドMODも作られました。


コミュニティが生み出したキャラ

nope.avi

"Nope"

YouTubeのユーザーJimbomcb氏によってSource Filmmakerを使って作り出された一発ネタムービーnope.aviは、Gravel PitにいるBLUチームのエンジニアがゆっくりとスクリーン上に表れ、突如立ち止まったかと思うと何故かヘルメットが宙に浮き「nope」の呟きとともにろくろっ首よろしくエンジニアの首がニュッと伸びてその場からサッと立ち去るという内容です。

これをきっかけに会話で否定的な返事を示す言葉に「nope.avi」がネタとしてよく使われるようになってしまいました。「No」と返す代わりに、この動画へのリンクが貼られたり "nope.avi" と拡張子付きでひとこと書かれたりしてます。

一発ネタの内容を他のキャラに置き換えて、身体などが何かしらの変形を見せる派生作品もたくさん生み出されました。

  • nope.aviはインターネットミームとしてKnow Your Memeでも取り上げられています


ペインニス・カップケーキ(Painis Cupcake / Penis Cupcake)

食べちゃうぞ

YouTubeのユーザーRubberFruit氏によってGarry's Modを使って創りだされた怪物Painis Cupcakeは、REDソルジャーが画面の向こうにいる獲物を狙い珍妙な動きで近づき「I am Painis cupake, I will eat you(私はペインニス・カップケーキ、お前を食ってやろう)」と言葉をかけた後、半笑いで獲物をムシャムシャ食べます。

ちなみにセリフの一部である"Painis"は、ソルジャーのセリフ「Pain is weakness, leaving the body.(傷つくからこそ強くなる)」から流用されています。

この動画はブームを生み出し、様々なシナリオで沢山の派生動画が創られました。

  • ペインニス・カップケーキはインターネットミームとしてKnow Your Memeでも取り上げられています

参照

  1. Wikipedia article on fads
  2. Wikipedia article on memes
  3. TF2 Blog Post: Better Late Than Never