対デモマン攻略法

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
体中の骨がボロボロになっちまったみたいだ…
次は目ン玉2つ用意してからかかってきな!
スカウト

デモマンは万能なクラスで、平均以上のヘルスを誇り、高火力の武器を備えている。他のプレイヤーに対する戦術は、大抵のクラス相手であれば装備の変更で大きく変化することは無いので、彼らの役割に対して練ることが出来る。しかしデモマンは装備によってプレイスタイルが大きく2種類に分かれる。粘着爆弾ランチャーを主とする爆発物スタイルか、近接武器にチャージン・タージまたはスプレンディッド・スクリーンといった盾を身につけたスタイルだ。デモマンと戦うときは、両者の装備の違いが重要になるので、何を装備しているかを注意して観よう。

全般

性能 攻略法
Demoman emblem RED.png 役割
  • デモマンは防衛に強いため、マップ上の防衛地点の背後に潜み、他のクラスのように精力的に敵を追いかけては行かない。また彼はとりわけ中距離戦闘に強いため、ダメージを軽減するために距離を詰めよう。デモマンは爆発物の扱いに最も長けるクラスのひとつであり、簡単に装置を一掃することが出来る。
Leaderboard class medic.png ヘルス
  • デモマンの基本ヘルスは175あるため、かなりのダメージに耐えうる。窮地に追い込まれない限りは、逃げるよりも戦い続けるだろう。
  • デモマンは特定の武器によるボーナスまたはペナルティにより、ゲームで最もヘルスが変化するクラスだ。加えて特定の武器は最大ヘルス値を増加させたり、敵を殺す度に回復するものもある。何を装備しているかに注意し、ヘルスを推し量ろう。
  • チャージン・タージまたはスプレンディッド・スクリーンを装備したデモマンは炎と爆発物に対する耐性が大きく向上している。しかし銃弾系武器と近接武器には滅法弱いぞ。
Leaderboard class scout.png 移動速度
  • デモマンは大抵のクラスよりも足が遅い。そのためチャージン・タージまたはアイランダーで数人の首を狩った後か、君が瀕死でなければ追ってくることはないだろう。
Leaderboard class soldier.png 火力
  • デモマンはメイン武器およびサブ武器を使用しているときは危険だが、投射物は放物線を描いて発射されるので、狙いは付けづらくなっている。接近して投射物を避けることでデモマンを倒しやすくなるし、それでも爆発物を使おうとすれば自爆するかもしれないので、優位に立てるぞ。
  • 盾と近接武器を装備したデモマンはプレイヤーに突撃し、突撃の終わりごろの100%クリティカル攻撃で殺しにかかってくる。近接武器の広い攻撃範囲と突撃を避け、通常の移動速度になったところを攻撃しよう。

爆発物装備

広い範囲に破壊的なダメージを与えられる武器という武器の性質上、爆発物系デモマンには接近戦を挑むのが最善だ。強力とはいえ、デモマンのグレネードランチャーは他のクラスよりエイムが難しく、一直線に向かっているのでも無い限り動く敵に対しては非常に当てづらい。また、粘着爆弾ランチャーも即座に反応することが難しいため、奇襲をかけるのが有効だ。そして両方とも比較的長いリロード時間を要する。この装備の欠点として、近接戦闘では自爆の可能性があるため非常に弱ってしまう。粘着爆弾ランチャーを装備したデモマンを追いかけ回すのは大変危険なので、彼が粘着爆弾のワナに誘い込もうとしているのか、あるいはそうでないのかを慎重に判断する必要がある。

ソルジャー、パイロ、スカウトは経験豊富な相手でなければデモマンを倒しやすいクラスだ。デモマンは途方もなく空中戦に弱い。武器は撃てても空中ではグレネードランチャーの命中率は著しく減少するし、粘着爆弾ランチャーの軌道は見え見えになる。それゆえ何をしようと空中では君のほうが有利になる。ソルジャーはロケットの直撃を一発当て、場合によってはもう一発爆風を当てれば、後はショットガン一発でトドメだ。デモマンに照準を合わせさえすれば外すことはない。また距離に応じて武器を持ち替える戦術にも対処できないので、パイロでのプレイ時には特に有効だ。即座にデモマンに着火すれば、彼は本能的にグレネードランチャーを取り出して攻撃してくるだろう。退却してショットガンを撃とう。粘着爆弾ランチャーを取り出したら、こちらは火炎放射器に切り替えて再び近づき、爆弾を彼のもとに跳ね返してやろう。スカウトなら特に問題はないだろう。デモマンの爆発物は非常に狙いをつけづらいので、ダブルジャンプ(またはアトマイザー装備時であればトリプルジャンプ)で頭上を飛び越え、再度攻撃しよう。

近接武器装備

デモマンは危険な近接武器と、ダメージ軽減効果のある盾を装備画面から左腕に身につけて戦場を駆け回ることもできる。盾を装備中はデモマンはその突撃能力でいきなり間合いを詰め、短時間ながらクリティカル攻撃を繰り出せる。なお注意点として、デモマンの近接武器のクリティカルは装備に依存し、即死させられるのはソルジャーとヘビー(オーバーヒールされているならなおさら)を除くクラスのみだ。手強いことにスプレンディッド・スクリーンによる突撃はどの距離からでも一定のダメージを与え、追加のクリティカル近接攻撃も繰り出せる。これにより大抵のクラスは即死させられるため、非常に危険だ。これを回避する最善の方法は突撃を中断させてやるか、突撃がクールダウン中のみ攻撃することだ。突撃が完了するか、または爆発や移動を妨害する攻撃(減速スタン圧縮ブラストなど)を与え、再使用可能になるまで待機させるという方法もある。突撃中のデモマンの旋回速度は非常に制限されるため、一番簡単に避ける選択は進路から逸れてやることだ。避ける余地の少ない通路や他の狭い通路で戦うのはやめよう。デモマンの近接武器の多くは攻撃範囲が広く、彼の好きに勝率をゆがめることが出来る。盾を装備しているデモマンはグレネードランチャーも持っている可能性があるので、接近戦はオススメできない。

避ける自信があるなら、デモマンの突撃を誘い出して料理してやろう。圧縮ブラストで吹き飛ばすもよし、ロケットで空に撃ち上げるもよし、サンドマンでスタンさせるもよしだ。彼が無力になったのちに近接攻撃範囲外に逃げてから攻撃をかけよう。その際は爆発ダメージは軽減されてしまうので、通常通りダメージの入る銃弾系武器を使おう。

武器別の対策

もっと詳しく: デモマンの武器一覧

デモマンの武器のちょっとした情報と対処方法のリスト

メイン武器

武器 攻略法
Grenade Launcher Festive Grenade Launcher
グレネードランチャー / フェスティブグレネードランチャー
  • グレネードランチャーはリロード時間が長く装弾数が少ない。リロード中に攻撃しよう。
  • デモマンのグレネードは遮蔽物や曲がり角の向こうへ跳ね返るので、グレネードランチャー使いのデモマンを相手にするときはそれらに頼り過ぎないようにしよう。狭い通路は爆風ダメージの半径が狭まるため、特に危険だ。
  • グレネードランチャーから発射される弾は大きな放物線を描いてゆっくり飛んで行き、避ける余裕は十分あるので、低速なクラスでも遮蔽物に隠れたりデモマンを即座にキルできる。
  • グレネードランチャーによるダメージや死を避けられないようなら、完全に密着してやれば、デモマンも自爆ダメージを負う。
Loch-n-Load
ロックン・ロード
  • ロックン・ロードの装弾数はグレネードランチャーの半分しかない。2発避けてリロード中に攻撃してやろう。
  • ロックン・ロードから発射される弾は敵のプレイヤーまたは装置に当たらない限り爆発しない。遮蔽物に隠れるかデタラメに動き回れば攻撃をくらう可能性を抑えられる。
  • ロックン・ロードの弾は必死になって避けよう。一発でも喰らえば大抵のクラスはオダブツだ。またロックン・ロードは弾速が速いため、移動速度の遅いクラスにとっては不利になる。撃たれる前に倒すか隠れるかしよう。
  • ロックン・ロードの自爆ダメージは増加している。仮に接近戦で殺されてしまっても、デモマンにかなりの傷を負わせられるか、自殺に追い込めるだろう。
Ali Baba's Wee Booties Bootlegger
アリババズ・ウィーブーツ/ブートレッガー
  • アリババズ・ウィーブーツは着用者の最大ヘルスを25増加させる。そのためこれを装備したデモマンは反撃するに十分な余裕を持つので気を付けよう。
    • しかしデモマンはグレネードランチャーを装備できなくなる。とはいえ粘着爆弾ランチャーを持っている可能性はあるので、左腕に盾があるかどうか確認しよう。
  • アリババズ・ウィーブーツは盾による突撃中の旋回速度を倍増させる。避ける余地と障害物のある場所に留まり、デモマンの突撃を避けられるようにしよう。
Loose Cannon
ルーズ・キャノン
  • 他のグレネードランチャーとは異なり、ルーズ・キャノンの砲弾はプレイヤーに直撃しても起爆せず、バウンド後は爆発ダメージが減少する。接近戦を挑むか集団で仕掛ければ、デモマンは反撃が難しくなるぞ。
    • しかし砲弾のノックバック効果を甘く見てはいけない。デモマンはこれを利用して君を味方から孤立させたり、マズい状況に追い込んだり、危険ギミックに吹き飛ばしてくるかもしれない。
  • この武器の時限爆発に注意だ。これによってデモマンは少々戦術的に有利になっている。
    • 爆発ダメージには気を付けよう。砲弾の直撃ダメージと爆発ダメージとを同一の敵に0.5秒以内に与えた場合 "Donk! x2 " という爆発ダメージがミニクリティカルになる特殊効果がある。

サブ武器

粘着爆弾系

  • 粘着爆弾は銃弾系および近接武器で破壊可能だ(後者はめったにオススメしないが)。ダメージを回避または軽減するために、爆破される前に撃ち壊そう。
  • 設置された粘着爆弾に爆風か圧縮ブラストを当てると吹き飛ばすことが可能だ。手遅れになる前にどこかにやってしまおう。
  • デモマンは設置した粘着爆弾の罠を頻繁に見ていなければならない。罠に集中しているデモマンは奇襲や遠距離攻撃に弱くなっているぞ。
  • デモマンを倒せば自動的に粘着爆弾も全て消え去るので、チームの攻防にかなりの助けとなる。
武器 攻略法
Stickybomb Launcher Festive Stickybomb Launcher
粘着爆弾ランチャー / フェスティブ粘着爆弾ランチャー
  • 粘着爆弾ランチャーはその攻撃可能になるまでのタイムラグにより、接近戦をより苦手としているが、かなりの爆発ダメージを誇るため、注意が必要だ。
  • 粘着爆弾ランチャーはリロードにかなりの時間を要する。撃ち出される粘着爆弾を避け、リロードが必要になったところを狙おう。
  • 典型的に、デモマンは見づらいところに粘着爆弾を仕掛け、敵が来たら爆破する。粘着爆弾を起爆させたらもう一度再設置する必要があるため、君のチームにとって彼を圧倒する絶好のチャンスとなる。
Scottish Resistance
スコティッシュ・レジスタンス
  • スコティッシュ・レジスタンスはそのエイム必要時間の長さから直接戦闘には向いていないが、複数の罠を設置するのに使える武器だ。この武器の粘着爆弾には注意しよう。対処しなければならない粘着爆弾は見えているものだけとは限らない。
  • この武器の粘着爆弾は事実上何処にでも設置されている可能性がある。これに対抗するにはじっと動かず、デモマンが起爆したときにのみ移動することだ。
  • この武器の粘着爆弾の近くにデモマンが見当たらなくとも、彼は壁越しに粘着爆弾を見ることが出来る。そしていつでもどこでもどれでも思い通りに起爆可能だ。
  • スコティッシュ・レジスタンス使いのデモマンは大抵、粘着爆弾にのみ集中しているので、奇襲が効果的だ。
Sticky Jumper
スティッキー・ジャンパー
  • 頭の良いデモマンはスティッキー・ジャンパーで高高度ジャンプや長距離ジャンプをし、他の武器で奇襲をかけてくるだろう。
  • スティッキー・ジャンパー持ちのデモマンは、特に既に粘着爆弾を設置済みであれば即座に退却できる。また戦い保仕掛けてくる場合でも、ヘルスを大幅に犠牲にすることなく、マップ中の長距離飛行が可能だ。

盾系

デモマンは粘着爆弾の代わりに盾を装備でき、12秒毎に突撃が可能で、その走り終わる瞬間に100%クリティカル攻撃を繰り出せる。そして特定の攻撃に対する耐性も向上させる。

  • 突撃はスタン減速ノックバックといった攻撃によって遅らせたり無効化が可能だ。
  • 突撃中のデモマンは前にしか進めず、方向転換も少ししか出来なくなる。特に隠れるに十分な時間を取れる距離がない場合や、デモマンが攻撃範囲の広い近接武器を構えている場合は、ストレイフで突撃を避けよう。余裕があるなら遮蔽物に隠れるのも有効だ。
  • 突撃中のデモマンは正面から見ればヘッドショットしてくださいと言わんばかりのものだ。
武器 攻略法
Chargin' Targe
チャージン・タージ
  • チャージン・タージはデモマンに炎と爆発ダメージに対する耐性を与え、炎上を防ぐ。可能であれば銃弾系武器で攻撃し、不可能であれば近接武器の範囲外に逃れよう。
  • 突撃を避けられないようなら、逆に懐に潜り込んで突撃を一瞬で終わらせてやろう。ミニクリティカルおよびクリティカルダメージは数メートル突撃を続けないと発生しないためだ。
Splendid Screen
スプレンディッド・スクリーン
  • スプレンディッド・スクリーンはチャージン・タージに比べてと爆発ダメージに対する耐性は低く、銃弾系武器ならば最大限ダメージを与えられる。
  • スプレンディッド・スクリーンによる突撃ダメージはどの距離でも一定だ。そのため接近戦を仕掛けると突撃の不意打ちを食らうかもしれない。

近接武器

武器 攻略法
Bottle Frying Pan Saxxy Scottish Handshake Conscientious Objector Freedom Staff Bat Outta Hell Ham Shank


ボトル / フライパン / サクシー / スコティッシュ・ハンドシェイク / コンシェンシャス・オブジェクター / フリーダム・スタッフ / バット・アウタ・ヘル / ハムシャンク

  • 他の武器を使用するには危険な距離と判断したデモマンは、ボトルを持ち出すかもしれない。デモマンの移動速度は平均以下のため、大抵のクラスは反撃してくるデモマンを撒くことができるまずだ。
Eyelander Festive EyelanderHorseless Headless Horsemann's Headtaker Nessie's Nine Iron
アイランダー / フェスティブアイランダー / ホースレス・ヘッドレス・ホースマンズ・ヘッドテイカー / ネッシーズ・ナインアイアン
  • アイランダー持ちのデモマンが現れたら即座に始末しよう。放っておくと気付いていない味方に奇襲し、首を狩るごとに移動速度とヘルスを増していくぞ。ヘッド数が最大に達したデモマンは侮れないヒットエンドラン戦法をかけてくる。
  • デモマンは大抵盾と一緒にアイランダーを装備し、避けられないよう無警戒の敵に突撃してクリティカルヒットで首を狩る。上昇した攻撃範囲の前には後ろに下がるのでは不十分な場合があるので、突撃はストレイフで避けよう。
  • アイランダー使いのデモマンに接近戦を持ち込まれたら、逃げるよりも攻撃したほうが良いかもしれない。広い攻撃範囲にキルボーナスなど、低速クラスでは逃げるのは大抵の場合不可能だ。
  • 首を狩るごとにボーナスが入るため、時々そうするためならなりふり構わないときがある。罠やその他危険な状況下にハメてやろう。
Scotsman's Skullcutter
スコッツマンズ・スカルカッター
  • スコッツマンズ・スカルカッターはデモマンの移動速度を低下させるため、簡単に狙いやすくなる。ただしこの武器は攻撃範囲と威力が増しているため、遠くから攻撃しよう。
Claidheamh Mor
クレフモア
  • クレフモアを装備したデモマンは盾も装備しようとする。この武器の長所は0.5秒の突撃時間の延長効果にあるからだ。そのためこのデモマンを相手にする際は、ストレイフや隠れるなどして避けることが重要になる。
  • アイランダーとは異なり、クレフモアのヘルス減少効果は15のみだ。生存性が向上しているので注意しよう。
Pain Train
ペイン・トレイン
  • ペイン・トレインを装備に含むデモマンは銃弾系武器のダメージを10%多く受ける。銃弾の雨をお見舞いしてやろう。
  • ペイン・トレイン持ちのデモマンはよくコントロールポイントに粘着爆弾ジャンプでいきなりやって来て、準備ができていない君のチームを圧倒してくることがある。セントリーガンを見張りにおいておけば勝手に撃墜されるぞ。
Ullapool Caber
ウラプール・ケイバー
  • ウラプール・ケイバーの爆発はワールドまたは敵プレイヤーにヒットしたときにのみ発生する。この武器を装備したデモマンとやり合うときは壁に隠れ、見失ったデモマンが壁を殴るのを見物しよう。味方と固まると一網打尽にされるので、してはいけない。
  • 瀕死のデモマンがこれで神風特攻を仕掛けてくるかもしれない。殺られる前に殺ろう。
  • この武器による攻撃を避けられないようなら、攻撃を食らう前になるべくダメージを与えておこう。そうすればテモマンは自爆ダメージまたは着地ダメージであの世行きだ。
  • この武器と盾を組み合わせたデモマンは開けた地形で奇襲をかけられる。隠れられる場所や障害物が多くある別の経路をとろう。
Half-Zatoichi
ハーフ座頭市
  • 味方の一人をハーフ座頭市で斬り殺したばかりのデモマンには気を付けよう。彼はそのまま斬りかかってくるか、飛び道具に持ち替えるだろう。斬りかかってくるようならば近接戦闘のリーチ外になるように距離を保って反撃しよう。もしデモマンより足が速いなら、彼はただのカモだ。シールドを装備しているかどうかだけ気を付けよう。
  • もし君もハーフ座頭市を装備しているなら、味方に気を取られているデモマンを遠くまたは近くから援護しよう。
Persian Persuader
ペルシアン・パースエイダー
  • ペルシアン・パースエイダーを装備中は盾による突撃の再チャージ時間が半減する。突撃範囲内で戦うのは、特に彼がスプレンディッド・スクリーンを装備している場合は避けよう。
  • ペルシアン・パースエイダーは拾った弾薬を全てヘルスに還元する。やり合うときは付近の弾薬を全て拾い集めておこう。
    • これを利用してデモマンの弾薬補給を妨害してやろう。距離をとって無駄撃ちさせ、彼の脅威度を低下させてやるのだ。特にアリーナモードで有効だぞ。

関連項目