デモマンの基本戦術

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
おおっと、俺にきつーく痛めつけられるのが怖くてビクビクしてやがるな!
デモマン

デモマンは非近接戦闘と範囲攻撃に特化した強力なクラスだ。グレネードランチャー粘着爆弾ランチャーはどちらも多才な武器で、障害物の向こうや視界外を攻撃することも出来る。粘着爆弾ランチャーはトラップを設置したり、エンジニアの装置を容易に破壊したり出来る。粘着爆弾ジャンプを使えばあっという間に長距離を移動したり、予測不可能な位置まで到達したりすることも出来るぞ。その代わり、デモマンの武器はどれも近くの敵を狙いづらく、自爆ダメージも受けてしまうので近接戦闘が非常に苦手だ。1人でスカウトやパイロを相手にするのは困難だろう。これらの弱点を差し引いても、常にチームに1人はデモマンが欲しいところだ。

メイン武器(プライマリ武器)

グレネードランチャー + リスキン

Grenade Launcher Festive Grenade Launcher Australium Grenade Launcher

グレネードランチャーは爆発属性の大きなダメージを与える武器だ。グレネード弾は放射線状に飛んで行くので、真上に飛ばしたのでなければ爆発する前に着弾するだろう。これを利用して遮蔽物の陰から攻撃することが出来るぞ。最もダメージを与えられるのは直撃したときだが、敵に当たらなくても跳ね返ってしばらくした後に爆発する。そのため、敵の集団に向けて攻撃したり、退路を塞いだり、長距離の敵を倒したりすることも可能だ。小さく爆発ジャンプをするときにヘルスの消費を抑えたければ、グレネードを角に向けて発射し、その上にジャンプすることで上方に飛び上がることが出来るぞ。

ロックン・ロード

Loch-n-Load

ロックン・ロードは直撃させることでより大きなダメージを与えられる武器だ。グレネードランチャーのグレネード弾よりも速く飛ぶので、弾道の違いを計算に入れる必要がある。非常に高いダメージを与えられるので、セントリーガンなどの重要なターゲットも素早く倒すことが可能だ。しかし、ロックン・ロードは弾倉サイズが半分になっており、またグレネード弾は壁や床に当たると消えてしまう。このため、通常のグレネードランチャーのようにエリア一帯に撒いたり、グレネードジャンプしたりは出来なくなっている。さらに自爆ダメージも増加しているので、至近距離でロックン・ロードを使うのは危険だ。

アリババズ・ウィーブーツ + リスキン

Ali Baba's Wee Booties Bootlegger

グレネードランチャーをアリババズ・ウィーブーツに取り替えると、飛び道具が1つ無くなるのでダメージ源を粘着爆弾ランチャーに頼ることとなる。チャージン・タージスプレンディッド・スクリーンと併用するなら、必然的に近接戦闘しか出来なくなるので、突進中の旋回能力が向上する効果が役立つだろう。この靴のヘルス増加ボーナスはアイランダークレフモアのペナルティとの相殺になる。

ルーズ・キャノン

Loose Cannon

ルーズ・キャノンはグレネード弾の代わりに砲弾を撃ちだし、これは敵に触れても爆発しない。その代わり、 砲弾は相手をノックバックさせるので、敵の動きを妨害して距離を離す事ができる。砲弾は必ずボタンを押し始めてから1秒後に爆発するが、ボタンを離すまでは発射されない。つまり、発射を遅らせることで爆発のタイミングをコントロール出来るということだ。タイミングを見計らって発射し、直撃した直後に爆発ダメージを与えると、ダメージがミニクリティカルになるぞ。 砲弾を近くに撃つことでグレネードジャンプに利用できるが、溜めすぎると暴発して自爆ダメージを受けてしまう。壁や床に当たった後の砲弾は爆発ダメージが50%に減ってしまうので、大ダメージを与えるなら狙いすまして撃つ必要があるぞ。

B.A.S.E. ジャンパー

B.A.S.E. Jumper

B.A.S.E. ジャンパーを装備すると空中でパラシュートを展開し、落下を遅く出来るようになる。一般的な用途としては、粘着爆弾ジャンプと組み合わせて敵よりも高い位置を保ったり、水平方向へ大きく移動したり出来る。粘着爆弾ランチャーをB.A.S.E. ジャンパーと併用すれば、空から広範囲に粘着爆弾の絨毯爆撃をお見舞いしてやれるぞ。盾を装備して近接戦闘をしたいなら、空中で突進することで様々な角度から襲撃をかけられる。空中にいれば長い時間攻撃し続けられるが、遅いターゲットをカモにするヘビースナイパーの射線には入らないように注意しよう。その他様々な使い道があるアイテムだが、B.A.S.E. ジャンパーを装備すればグレネードランチャーを装備出来ず、中距離での戦闘能力は下がってしまうぞ。

アイアン・ボマー

Iron Bomber

アイアン・ボマーはグレネードランチャーと同様に直接戦闘向きの装備だ。ただし、このグレネード弾はほとんど転がらないため、着弾地点の近くに留まる。この特性を活かせば、一時的に対戦相手が通れなくなるような危険地帯を生み出すことが可能だ。タイマーで爆発した場合のグレネード弾は爆風が小さくダメージも少なくなるので、トラップとして使うなら精確に狙おう。

サブ武器(セカンダリ武器)

粘着爆弾ランチャー + リスキン

Stickybomb Launcher Festive Stickybomb Launcher Silver Botkiller Stickybomb Launcher Australium Stickybomb Launcher

粘着爆弾は非常に広範囲に高いダメージを与えられ、範囲制圧するのに完璧な武器だ。発射後すぐに起爆して低いダメージをコンスタントに与え続けることも出来るし、 トラップを設置して不注意な敵を一瞬で排除することも可能だ。粘着爆弾ランチャーを使ってトラップを設置する場合は、曲がり角やドアの上、もしくは天井など、気付かれないような場所に仕掛けよう。粘着爆弾ランチャーはセントリーガンを破壊するのに最も適した武器の1つだ。複数の粘着爆弾を一度に起爆すれば、エンジニアが修理する暇を与えず排除できる。また、粘着爆弾ジャンプで戦場を素早く飛び回ることも可能だ。粘着爆弾が8つ設置された状態で発射すると先に設置されたものから爆発してしまうことを利用して、戦略的に1つずつ起爆する方法もある。

スコティッシュ・レジスタンス

Scottish Resistance

スコティッシュ・レジスタンスは粘着爆弾を14個まで設置し、それらを選択して起爆することが出来る。ただし、起爆にかかる時間が遅くなるので直接戦闘は苦手だ。複数の入口に粘着爆弾を設置しておけるので、防御時に使うのが良いだろう。敵の粘着爆弾を破壊できる能力と合わせて、様々な場所にトラップを仕掛けて重要拠点を支配しよう。仕掛けた粘着爆弾を素早く起爆したいときは、起爆キーを押しっぱなしにしながら視点を左右に振ろう。

チャージン・タージ + リスキン

Chargin' Targe Festive Chargin' Targe

チャージン・タージを装備するとデモマンのトレードマークである粘着爆弾ランチャーを捨て去り、近接戦闘向きのクラスへと変貌する。突進能力によって素早く参戦したり離脱したり出来るようになるほか、突進の終わり際では近接武器による攻撃がクリティカルヒットになるので、敵に大ダメージを与えることも可能だ。突進中は操作性能が下がるので、ターゲットの動きを予測して、移動先に向かって突進しよう。また、チャージン・タージを装備すると炎耐性が大幅に上昇し、延焼ダメージを受けなくなるので、パイロと至近距離で渡り合うことも可能になるぞ。チャージン・タージの防衛面でのボーナスは無敵にこそならないものの、ソルジャーヘビーなどのタフな相手にも勝てるようになる。ただし銃弾への耐性は無いし、何らかのノックバックを受けると突進がキャンセルされてしまう。

スティッキー・ジャンパー

Sticky Jumper

通常の粘着爆弾ランチャーでは高い自爆ダメージを受けてしまうので粘着爆弾ジャンプの使用には制限が伴うが、スティッキー・ジャンパーはダメージが無いので粘着爆弾ジャンプの練習に持って来いだ。スティッキー・ジャンパーを装備すると、粘着爆弾による自爆ダメージは無効になる。ヒール無しでも複数の粘着爆弾による大ジャンプが出来るようになり、長距離を飛んでいく向こう見ずなプレイスタイルを可能にする。粘着爆弾は敵にもダメージを与えられないので、攻撃はグレネードランチャー頼りになる。通常の粘着爆弾のような大ダメージは与えられないので、スティッキー・ジャンパーは真面目な戦いには使えないだろう。

スプレンディッド・スクリーン

Splendid Screen

チャージン・タージと比較して、スプレンディッド・スクリーンはどの距離からでもバッシュダメージを与えられるので、信頼できるダメージ源となっている。しかし、耐性値はチャージン・タージの半分以下で延焼無効も無いので、突進した後にやられやすくなる。シールドバッシュと近接武器のクリティカルによるコンボで大ダメージを狙おう。

タイド・ターナー

Tide Turner

タイド・ターナーは突進中でも旋回能力を失わず、近接武器の使い勝手が大きく向上する。また、突進中に敵を倒せばメーターが75%回復するので、うまくすれば敵から敵へと倒して回ることも出来るだろう。タイミングを見計らって、突進の度に敵を倒せるようにしよう。他の盾と比較すると、タイド・ターナーはチャージン・タージより耐性値が低く、バッシュダメージはスプレンディッド・スクリーンより低い。

クイックボムランチャー

Quickiebomb Launcher

クイックボムランチャーの粘着爆弾は、通常の粘着爆弾ランチャーのものより早く起爆出来る。素早く連射しながら起爆するのがこの武器での戦い方だ。しかし、粘着爆弾は接地してから2秒経つと消滅してしまうので、粘着トラップを仕掛けたり粘着爆弾ジャンプをしたりしにくくなっている。また、クイックボムランチャーには与ダメージ-15%減少と弾倉サイズ-25%減少のペナルティがあるので、長期戦にはあまり向いていない。

近接武器

ボトル + リスキン

Bottle Frying Pan Saxxy Scottish Handshake Conscientious Objector Freedom Staff Bat Outta Hell Memory Maker Ham Shank Golden Frying Pan Necro Smasher Crossing Guard

近距離では爆発系武器で攻撃すると自分もダメージをくらってしまう。そのため、敵が近すぎるときはボトルの方がグレネードランチャーよりも安全に敵を倒せるぞ。他の近接武器と違ってボトルには短所が無いので、度々近接戦闘を仕掛けるのでなければこちらを装備しよう。

アイランダー + リスキン

Eyelander Horseless Headless Horsemann's Headtaker Nessie's Nine Iron Australium Eyelander Festive Eyelander

アイランダーは最大ヘルスが減少する代わりに攻撃範囲が広くなっており、殆どの敵の近接攻撃の間合いより外側から攻撃できる。チャージン・タージスプレンディッド・スクリーンと併用すれば、素早く間合いに出入り出来るようになる。また、アイランダーで敵を倒すと首を獲得し、その度に4回まで最大ヘルスと移動速度が上昇する。死んでしまうと首を全て失ってしまうので慎重に行動しよう。絶対に敵の首を獲れる自信がない限りは、距離を置いてグレネードランチャーで攻撃し、ヘルスを温存しよう。

ペイン・トレイン

Pain Train

ペイン・トレインを使うのは、積極的にコントロールポイントを奪ったりペイロードカートを押したりするときだけにしよう。キャプチャ速度が上昇しても、旗取りマップや防御側チームにいるときは意味が無い。ヘルスを回復するアテがあるなら、積極的に粘着爆弾ジャンプでマップを飛び回り、機動力とスカウト並みのキャプチャ速度を活かそう。

スコッツマンズ・スカルカッター

Scotsman's Skullcutter

スコッツマンズ・スカルカッターを構えていると移動速度が低下する代わりに、他の近接武器よりも大きなダメージを与えられる。足が遅くなるので敵を追いにくくなってしまうため、何らかの盾と組み合わせよう。ただし移動速度低下ペナルティのため、突進による移動距離も短くなっている。スコッツマンズ・スカルカッターの間合いはアイランダー並なので、敵が逃げられない狭いエリアで使うのがベストだ。

クレフモア

Claidheamh Mòr

クレフモアはアイランダー同様の長い間合いを持っているが、敵を倒しても首は得られない。その代わり突進時間が長くなり、敵を倒すとゲージが少し回復するぞ。特にタイド・ターナーと相性が良く、2つのボーナス効果が重複するおかげで、敵を倒したときに突進ゲージが満タンになる。

ウラプール・ケイバー

Ullapool Caber

敵が分散している場合でも、自爆ダメージを受けない他の爆発武器を使ったほうが良い。ウラプール・ケイバーは奥の手として使おう。敵に大ダメージを与えられるが、自分もやられてしまいかねない。チャージン・タージスプレンディッド・スクリーンと組み合わせれば突然爆発に巻き込むことが可能だ。

ハーフ座頭市

Half-Zatoichi

ハーフ座頭市のキル時の回復効果は、近接戦を挑むだけの価値がある。特に盾を装備しているならなおさらだ。鞘から抜く前に、確実に倒せるようにしておこう。自分より強い敵や速い敵の前で名誉効果を発動してしまわないように注意だ。他の剣とは違って、ハーフ座頭市の攻撃範囲は通常通りだ。

ペルシアン・パースエイダー

Persian Persuader

突進のリチャージ速度上昇効果を活かせるよう、ペルシアン・パースエイダーはチャージン・タージスプレンディッド・スクリーンと併用しよう。拾った弾薬がヘルスになるので、弾薬は補給棚でしか回復できなくなる。グレネードランチャーはすぐに弾切れしてしまうので、アリババズ・ウィーブーツを装備して近接戦闘に特化することも考えよう。もしくは粘着爆弾ランチャーと併用すれば、グレネードランチャーほど早くは弾切れすることもない。