音楽療法

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
ほっほう!今まで就くべき職業を間違っていましたな。ぜひともこの魔術を学ばなければ!
— 音楽による回復方法を知ったメディック

音楽療法メディックアンピュテーターを構えているときに実行出来る挑発行為です。メディックが武器を肩に担ぎ、右足を半歩出して心地よいメロディを奏でます。演奏中はメディックがいる場所から一定範囲内にいる味方全員がチームカラーの光の輪に包まれ、その対象全員のヘルスを一度に回復できます。

この回復によってユーバーチャージのゲージを貯めることは出来ません。また、変装中や透明化しているスパイを回復したり、仲間をオーバーヒール状態にすることもできません。バック・スクラッチャーを装備したパイロはヒール量減少のペナルティが適用されてしまいます。この回復効果は対象が目視できる所にいる必要があり、壁越しにいる味方にはたとえ有効範囲内にいても効果が届きません。味方がこの回復効果を受けている間に誰か相手を倒した場合、この挑発行為を実行しているメディックがキルアシストとしてカウントされます。メディーバルモードでは、メディックが味方を回復する手段はこの挑発行為とクルセイダーズ・クロスボウの2つしかありません。

骨用電ノコヴィタ・ソウを構えているときの挑発もこれと同じアクションを行いますが、回復効果はありません。ちなみに、ヴィタ・ソウで奏でる音楽は骨用電ノコやアンピュテーターの明るいトーンではなく、より低いチェロの音になります。

回復と動作時間

有効距離の参考画像
回復間隔 効果範囲 450ユニット
ヒーリング
回復(戦闘中) 100% 105
回復(非戦闘中) 300% 315
動作時間
挑発の動作時間 4.2秒
これらの値はコミュニティのテストによってほぼ正確に計測されたものです。

アップデート履歴

2010年12月17日 パッチ (Australian Christmas)

  • この挑発行為がゲームに追加された。

2011年1月3日 パッチ

  • アンピュテーターに関わる不具合を修正した。 [1]

2011年2月22日 パッチ

トリビア

  • のこぎりを「演奏」しているときのメディックの構えは非常に独特なものです。ヴァイオリンその他の弦楽器を左手で弾くことは可能ですが、通常それらの楽器は顎の下に挟んで固定するものです。また、片足にのみ体重をかけると疲れやすくなってしまいます。

備考

  1. プレイヤーがこれによる回復を受けている間に実行しているメディックのプレイヤーがサーバーから切断してしまうと、回復中のエフェクトがずっと残ってしまう。これによりプレイヤーが死ぬか、サーバーから切断する、マップが変わるまで無限に回復効果を与えてしまっていた。