Meet the Medic

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
この記事はビデオに関係しています。罵倒アイテムに関してはこちらをご覧ください。Meet the Medic (罵倒)
Meet the Medic
Meet the Medic Titlecard
ビデオの基本情報
リリース日: 2011年6月23日
再生時間: 4分9秒

動画

事前情報

2011年3月、ユーザーの“Political Gamer”がワシントンのベルビューにあるValve本社を訪れ、Meet the Medicの制作を確認しました[1]。彼はそこで飛び立つとポーズを取るメディックが描かれたポスターの写真を撮りました[2]

2011年5月5日のReplay アップデートと共に公開されたコミックMeet the Directorあるページではアドミニストレーターの背後にあるコントロールパネルにMeet the Medicからの多数のスクリーンショットが映しだされていました。

2011年6月8日にTeam Fortress 2パッチがリリースされ、Valve製マップの様々な場所に鳩が追加されました。鳩は接触すると爆発を引き起こしますが、プレイヤーにダメージは与えません。2011年6月17日にアニメーションを備えた新たな鳩のモデルを加える追加パッチがリリースされました。そして同日、TF2公式ブログのページレイアウトが更新され、タイトルバナーに3羽の鳩がとまり糞を垂れていました。鳩はそれぞれ荒廃した病院空の待合室診察室隠し画像にリンクされていました。

最初の隠し画像、荒廃した病院の一部は完全にモデル化されており、公式サイト上のメディックページの背景で見ることができます。

2011年6月20日、TF2公式ブログにてMeet the Medicが確認され、6月23日にÜber アップデートとともにリリースされることが発表されました[3]TF2公式ブログのバナー上にとまっていた鳩は削除されました。

動画内容の文字起こし

備考

  • 隠し画像の病院はValve本社近隣、ワシントン州シアトルのビーコン・ヒルにあるパシフィック・メディカル・センターに似ています。
  • 車椅子でBLUのソルジャーから逃げるデモマンは頭に巻かれた包帯の上にも眼帯をしています。そしてその眼帯はメディックによって回復された時に包帯と一緒に剥ぎ取られますが、その後も眼帯をしたままとなっています。
    • 同様に最初の戦闘シーンでBLUのソルジャーから逃げる車椅子のデモマンは粘着爆弾ランチャーを抱えていますが、次に現れる戦闘シーンではグレネードランチャーを抱えています。しかし爆発で吹き飛ばされた後、デモマンの前に転がるのは粘着爆弾ランチャーです。
  • 処置を受けているヘビーの後ろには彼のレントゲン写真が置かれており、それは体内に爆弾がある事を示しています。摘出された爆弾はメディックの後ろのバケツに入れられていますが、これは"Meet the Medic"のタイトル画面に登場する爆弾と同じものです。
  • ヘビーのミニガンは専用のストレッチャーに載せられ手術室の奥に置かれているのが確認できます。
  • メディックのオーバードーズが摘出された爆弾が置かれた台の二段目に置かれています。
  • "CARDIOSCAN 2000"という心電図がヘビーの背後に置かれており、彼の心臓が破裂した時モニターのラインが水平になりました。メディックが新しい心臓を取り出した時に心電図は正常に戻りました。
  • メディックが飼っている鳩の一匹はギリシャの数学者“アルキメデス”の名が付けられています。彼は物理学者、技術者、発明家、天文学者として知られています。
    • 魔術師マーリンが飼っているフクロウの名前もアルキメデスでした。
  • 1:03で冷蔵の中身が確認できます。3つの心臓、サンドイッチ、3本のRed Shedビール、BLUスパイの頭部(生存中)、頭部に繋がれたバッテリーとタバコのための灰皿。
  • 1:04に登場する心臓のラベルにはそれぞれ“Loch Ness Hamster”(ネス湖のハムスター)、“Mega Baboon”(巨大ヒヒ)と書かれています。最も小さな心臓のラベルは確認できません。
  • 窓越しのミス・ポーリングと思しき謎の女性は0:56と1:22に確認できます。
  • メディックは人間の肋骨は再生しないと言っていますが、実際は再生します。
  • 2:28の敗走ポーズで右側の黒い煙の中に素早く逃げるパイロが確認できます。
  • BLUのソルジャーから逃げるデモマンがアップになった時、背後の岩場に隠れていたエンジニアとスナイパーがいなくなっています。
  • 3:24ではロケットが不死身のヘビーに弾かれていますが、実際のゲームでは弾かれず、単に爆発するだけです。
  • 実際のゲームではクイックフィックスのユーバーチャージは不死身になれませんが、Meet the Medicではヘビーが不死身になっています。Über アップデートの4日目では、ビデオで見られたクイックフィックスのユーバーチャージにおける不死身の機能が使えないことを説明しています。
  • クイックフィックスはメディガンのサウンドを使用しています。
  • ソルジャーの死体の山を登り切ったメディックはメディガンのビームを解除しますが、ヘビーはユーバーチャージ状態を維持しています。
  • 3:43の待合室のシーンで、チケットカウンターにはNo.11のチケットが出ています。これは各クラスがüber装置の移植を待っていること、そして常に噂されている10番目のクラスをネタにしています。
  • 待合室のシーンの最後、パイロが裏表紙にThe Insult That Made a "Jarate Master" Out of Sniperの広告が掲載された雑誌を読んでいることが確認できます。
  • 3:47でスパイは時計を見る仕草をしますが、透明にはなりません。
  • Über アップデートが実施される直前まで、スカウトの死亡時に鳩が飛び出すことがありましたが、これはビデオの大オチ(移植術後、スカウトの体内にアルキメデスが入っている)を示唆するものでした。

ボツ映像

2011年7月11日、TF2チームによって幾つかのMeet the Medicボツ映像が公式ウェブサイトに投稿されました。[1]

Don't You Die On Me! My Darkest Moment
Kill Me Making Gods

トリビア

  • 2011年7月11日、Team Fortressウェブサイトに投稿された記事によって、Meet the Medicは初期のMeet the Teamビデオのようなインタビュー形式となる予定であったことが明らかとなりました。それはメディガン及びユーバーチャージがどの様にして生まれたかを説明する内容でした。

ギャラリー

関連商品

関連項目


外部リンク

参照

  1. "Back from Valve" on Steam Users' Forums, Political Gamer, posted March 22, 2011. Accessed June 18, 2011.
  2. "Videogame.it Valve HQ Article posted April 1, 2011. Accessed June 20, 2011.
  3. "The Uber Update, Day One", TF2 Team, TF2 Official Blog, posted June 20, 2011. Accessed June 21, 2011.