ヘッドアップディスプレイ(画面情報)

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
BLUチームの機密情報を拾い上げた時のプレイヤーHUD(デモマンでのプレイ時)
ペイロードマップにおけるHUDの通常版と小型版の比較(スカウトでのプレイ時) [拡大]
Yo, heads up!
スカウト

ヘッドアップディスプレイ(英単語の頭文字を取ってHUDとも)は、プレイヤーが重要な情報をひと目で確認できるようにする為のシステムです。ゲーム中のプレイヤー画面には様々な表示が取り巻いています。メニュー画面の詳細設定で通常HUDと小型HUDを切り替えることもできます。また、プレイヤーの好みに合わせてHUDを改造(カスタムHUD)することもできます(詳細は下記)。

共通HUD表示

機密情報がある方向と両チームのスコア

左下

  • 残りヘルス
  • プレイ中のクラス
  • テキストチャットとサーバーメッセージ
  • Mann Vs. Machine(MvM)モード - 所持クレジットの総額とまだマップ上に残ってる取りこぼしのクレジット額。

下中央

  • 旗取りモード – BLU、REDチームそれぞれの機密情報ブリーフケースがある方向とその状態(方向は回転する三角矢印、状態はドロップ、運搬中、初期位置の三種によって表示)、チームスコア。
  • コントロールポイント、アリーナ、テリトリーの占領、キングオブザヒルモード – マップ内の各コントロールポイントの状態(中立、未占領、キャプチャー中、ロック)。
  • ペイロード、ペイロードレースモード – カートの位置、進行スピード、待機時間、後退中表示、チェックポイントの状態、坂の位置。
  • Special Deliveryモード - オーストラリウム(Australium)ブリーフケースがある方向とその状態、所有チーム。
  • Mann Vs. Machine(MvM)モード - 敵の爆弾、および爆弾を運んでいるロボットの相対位置、およびそのロボットのパワーアップ状態。
プレイヤーが死んだ時にHUDのヘルス表示位置に表示されるドクロマーク

右下

上部

  • 試合の残り時間(数字と小さい円グラフ)
  • キルログ(プレイヤー名と使用武器のキルアイコン、または環境などによる因)
  • Mann Vs. Machine(MvM)モード - そのwaveでの残りロボット数(灰色のゲージで表示)、現在のwave数、戦車ロボットやボスロボットの残りヘルスゲージ。
  • ハロウィンイベント2011 - MONOCULUSが現れた時のその残りヘルスゲージ(青色ゲージ)。
  • ハロウィンイベント2012 - Merasmusが現れた時のその残りヘルスゲージ(青色ゲージ)。回復中(物に化けて隠れている時)は緑色のゲージに変化。

その他

  • 画面中央 - 照準(クロスヘア)
  • 右中央 - 各スロットの武器(武器の切り替えキーを使ったときに表示)
  • 他のプレイヤーに向けた視点の位置 - プレイヤー名と残りヘルス
  • 画面右やや下部(Fでリストを隠す) - チームメイトが装備中のアイテム(デフォルト設定ではチームメイトに視点を向けてF
  • ターゲットの頭上 - 与えたダメージ/回復量(戦闘テキスト)

スコアボード

もっと詳しく: スコアボード

Tab ⇆キー(Xbox360版はXbox Button Y.png)を押している時やラウンドの終了時には画面にスコアボードが表示されます。ここには参加プレイヤー情報、サーバー名、チームスコア、決闘スコア(決闘ミニゲーム中)などを見ることができます。表示される参加プレイヤー情報は、SteamID、所属チーム、獲得ポイント、プレイ中のクラスが含まれます。

クラス固有のHUD表示

Leaderboard class scout.png スカウト

Leaderboard class soldier.png ソルジャー

Leaderboard class pyro.png パイロ

Leaderboard class demoman.png デモマン

上: 粘着爆弾設置数とチャージショットゲージ
下: ヘッド数とチャージン・タージ用のチャージ(突進)ゲージ

Leaderboard class heavy.png ヘビー

Leaderboard class engineer.png エンジニア

エンジニア用表示パネル
  • 右下 - メタル
  • 右下 - フロンティア・ジャスティス用のリベンジクリティカル
  • 左上 - エンジニア用表示パネル(プレイヤーが作成した装置の各種情報)
    • セントリーガンのステータス(装置ヘルス、キル数、括弧内のアシストキル数、銃弾残量、ロケット残量、アップグレード進捗ゲージ、サッパー攻撃やダメージを受けた時の修理警告表示)
    • ディスペンサーのステータス(装置ヘルス、メタルストック数、アップグレード進捗ゲージ、サッパー攻撃やダメージを受けた時の修理警告表示)
    • テレポーター入口/出口のステータス(装置ヘルス、利用数、アップグレード進捗ゲージ、サッパー攻撃やダメージを受けた時の修理警告表示:入口/出口両方のパネルに表示される)
    • MvMモードのみ)使い捨て予備セントリーガンのステータス(装置ヘルス、弾薬残量)
  • 右下 - ポムゾン 6000用のPomsomゲージ(残っている分だけエネルギー弾を発射できる。リロードで回復)

Leaderboard class medic.png メディック

ユーバーチャージゲージ
ユーバーチャージゲージ(ヴァクサネーター)
  • 左下(プレイヤーヘルスの下) - ヴァクサネーター用のダメージ耐性アイコン
  • 右下 - ユーバーチャージゲージ(味方や変装した敵スパイを回復、あるいはユーバーソウ攻撃を命中させることにより溜まる。100%で点滅表示。ユーバーチャージ発動中は時間と共に減少)
  • メディックコール – メディックを呼んだ味方(あるいは変装した敵スパイ)の側に表示
  • メディックの自動呼び出しマークは上記のものと同じように表示されるが、見た目が若干変わる。詳細設定で自動呼び出しを行うヘルス残量を%で設定可能。

Leaderboard class sniper.png スナイパー

  • スナイパーライフルズーム中のクロスヘア右、ハンツマン弾薬数表示の下 - チャージショットゲージ(ズーム中や弓を引いている間に溜まり、ゲージの量に比例して与えるダメージが増加)
  • 右下 - ジャラテ用の再使用タイマー(ビン)ゲージ(投擲後、時間と共に少しずつ回復)
  • 右下 - バザール・バーゲン用のヘッド数表示(ヘッドショットの命中毎にひとつずつ増え、チャージショットゲージの溜まる速度が増加)
  • 右下 - ヒットマンズ・ヒートメーカー用のFocusゲージ(各攻撃によるキル、またはアシストで溜まる)

Leaderboard class spy.png スパイ

グレネードランチャーを構えるデモマンに変装をしている状態

3DキャラクターHUD

プレイヤーの装備が反映された3DキャラHUDの表示例

ヘルスゲージの横に表示されているプレイヤーが選択しているクラスのHUD画像は、常にアニメーションをしている3Dキャラクターに変更することも可能です。これにより現在プレイヤーが装備しているアイテムをリアルタイムで確認ができます。また、スパイが他のプレイヤーに変装した時に、そのプレイヤーがどんな装備(外見)をしているのかを知ることもできるので、状態により変装したスパイだということが相手にバレかねない特定のアイテム(サッパーを構えると顔の前まで降りてきてしまうホットロッドなど)の偽装を回避するのにも役立つでしょう。

HUDを改造しよう

Team Fortress 2はプレイヤー自身でHUDを改造しデフォルトのレイアウトから変更することも可能です。このようなカスタムHUDはコミュニティのメンバーによって作成、公開されプレイヤーの間で共有されることも少なくありません。カスタムHUDを使う意図は人によって様々ですが、大抵の場合は重要な情報を見やすくするために使うというのが一般的です(例としては、ヘルス弾薬表示、ユーバーチャージゲージを見やすい位置に持ってきて、他のどうでもいい情報を脇に置いておくというカスタマイズ)。どのカスタムHUDを使うかどうかは人の好みによって分かれ、プレイヤーそれぞれが「一番合う」と思っているHUDを使うことが多いです。自身に一番合うHUDを探してみるのもいいでしょう。カスタムHUDは sv_pure の設定がされているサーバーで使うことができます。 ※下記の外部リンクも参照してみるとよいでしょう。

  • : カスタムHUDはゲームのアップデートによって正常に表示されなくなってしまう事もあります。使っているカスタムHUD表示がおかしくなった場合は配布元のウェブサイトでHUDのアップデートを確認してファイルの更新をしましょう。また、カスタムHUDのファイルを全て削除してゲームを再起動すればデフォルトのHUDに戻せます。

適用法

カスタムHUDは複数のファイルによって構成され、それぞれのフォルダの場所にファイルが置いてあります(それぞれのドキュメントファイルも正しい所に置く必要があります)。ただし、カスタムHUDの構成に使われているフォルダは主に2つです。:

  • /tf/resource
  • /tf/scripts

それぞれのファイルを正しい場所に置いてゲームを再起動すれば、適用したカスタムHUDでゲームをプレイすることができます。

アップデート履歴

2007年9月20日 パッチ
  • フルスクリーン/ウィンドウモードに切り替えた後、スコアボードを開くとクラッシュしてしまうのを修正した。

2007年10月2日 パッチ

  • 設定→マルチプレイヤーに「小型HUDを使用」オプションを追加した。

2007年10月8日 パッチ

  • 同じマップを数回プレイした後は、チームの目的(勝利条件)パネルが表示されなくなった。

2007年10月25日 パッチ

  • 死亡時のフリーズカムのスクリーンショットを撮った時、プレイヤーIDのパネルが右下へ移動するようになり、フリーズカム表示が終了するまで他のHUD表示が写らないようになった。
  • スコアボードのチームスコアが表示されなかったのを修正した。

2007年11月7日 パッチ

  • 「jpeg」保存コマンドの使用のためにフリーズカムHUDを改善した。

2007年11月15日 パッチ

  • スコアボードのプレイヤー名が短時間だけ「NULLNAME」になってしまうバグを修正した。

2007年11月21日 パッチ

  • SourceTVモードの観戦者UIやスコアボードに関係ない一部のVGUI要素を無効/変更した。

2007年12月20日 パッチ

  • スコアボードでプレイヤー名が隠れてしまう事が起こらないようにした。
  • 実績HUDをもっと読みやすくするためにフォントやカラーを微調整した。

2008年2月14日 パッチ

  • mp_timelimitの値を表示するタイマー表示をHUDに追加した。これにより、たとえば2Fortで時間制限付き試合をしているときに、どちらも勝利ポイントに達しない戦況で時間制限を確認するのに役立てられることが期待される。

2008年3月6日 パッチ

  • セットアップタイマーの円グラフ表示が正確なセットアップ時間と一致していなかった問題を修正した。

2010年5月27日 パッチ

  • ウィンドウモードで有効解像度リストの中にデスクトップ解像度が表示されなかったのを修正した。

2010年6月11日 パッチ

  • トレーニングHUDコードを強化し、例えばカスタムHUDリソースファイルを使っているクライアントでもクラッシュしないようにした。
  • 起動時にHUDによってクラッシュしてしまう危険性を修正した。
  • ビギナーが混乱しないようにトレーニングモードでは武器の一発切り替えUIが無効になった。

2010年9月30日 パッチ (Mann-Conomyアップデート)

  • [非公開] ヘルスアイテムを取った時にヘルス表示部分に緑字で回復量が表示されるようになった(ブルートザオガーが敵にヒットした時と同じ)。

2011年2月3日 パッチ

  • 観戦メニューの左上角にヘルスバーの一部が見えていたのを修正した。
  • cl_hud_minmode 1の時にコントロールポイントのプログレスバーが適切に並んでいなかったのを修正した。
  • カスタムクロスヘアのようにデフォルトのクロスヘアをより不透明にした。
  • トーナメントモードのHUDに関する修正点
    • ストップウォッチタイマーの下に空の警告トレイが見えていたのを修正した。
    • トーナメントモードにおいてストップウォッチタイマーが表示されていなかったバグを修正した。
    • 両チームが準備完了状態の時に、常に"0 seconds"と読み上げるカウントダウンを修正した。

2011年3月11日 パッチ

  • 一部の武器で斬首カウンター表示されていなかったのを修正。
  • 正確にローカライズされていないリベンジクリティカル表示を修正。

2011年4月20日 パッチ

  • クラスメニューでクラスの名前と概要が表示されていなかったのを修正。

2011年9月2日 パッチ

  • 詳細設定に、フリーズカムのスクリーンショットにHUDが写らなくする設定を追加。

2012年2月2日 パッチ

  • HUDに"DamagedPlayer"アニメーションイベントを追加した。操作プレイヤーが他のプレイヤーにダメージを与えたときに起動する。

2012年3月8日 パッチ

  • 詳細設定ダイアログにhud_fastswitchを追加した。

2012年11月29日 パッチ

  • コンソールコマンドのcl_hud_minmode状態の時にHUD同士が重なりあってしまう問題を修正した。
  • 攻撃/防衛マップでコントロールポイントHUDのmaterialが消えてしまう問題を修正した。

2012年12月21日 パッチ

  • カスタムHUDを使用中、メディガンのチャージゲージによりクライアントがクラッシュしてしまう問題を修正した。

2013年2月14日 パッチ

  • コントロールポイントマップHUDによるクライアントのクラッシュを修正した。

2013年2月28日 パッチ

  • 両チーム表示HUDパネルのチームスコア表示部を3桁以上まで対応させた。

2013年3月19日 パッチ

  • 制圧したプレイヤーがサーバーから抜けた時に、スコアボードの制圧数が2減ってしまうバグを修正した。

2013年5月13日 パッチ

  • Linuxバージョンの更新
    • 専用のフォントを使用するサードパーティー製HUDのカスタムフォントをロードするようになった。

2013年6月6日 パッチ

  • カスタムHUDファイルの使用によってクライアントがクラッシュしてしまう問題を修正した。

2013年8月27日 パッチ

  • ゲーム中のプレイヤーステータスパネルを、現在の装備が反映された状態でアニメーションをする新たなHUDへとアップデートした。

2013/8/27 パッチ#2

  • カスタムHUDファイルの使用によってクライアントがクラッシュしてしまう問題を修正した。

2013年8月28日 パッチ

  • 他のHUDアイテムが見えなくなるHUD 3Dキャラクターの問題を修正した。
  • スパイがチャージン・タージなどのような非アクティブ系の武器を偽装した時にクライアントのHUDがクラッシュしてしまうのを修正した。

2013年9月3日 パッチ

  • HUD 3Dキャラクターのポリゴンが異常に伸びた状態で表示されてしまうのを修正した。

2013年10月10日 パッチ

  • サンドヴィッチを装備していない時でもサンドヴィッチのゲージがHUD上に表示されてしまうのを修正した。

バグ

  • チームが切り替わった時、BLUチームにいるのにREDチームカラーのHUDになる(あるいはその逆)等HUDのカラーがおかしくなることがある。応急処置として、詳細設定を開きOKをクリックする、あるいコンソールコマンドでhud_reloadschemeを入力することで直る。
    • 似たようなバグがエンジニアの装置パネルでも発生する。ラウンドが終了時、灰色になっていない設置中の装置のパネルカラーがチーム変更になった時に引き継がれてしまう。これは、その装置の設計図を取り出した状態になれば直る。
  • マップのロード後にOS側でゲームのウィンドウを切り替えると、HUDが正常に表示されなくなることがある。これはコンソールコマンドでhud_reloadschemeを入力することで直る。
  • チャージン・タージスプレンディッド・スクリーンを装備中に、粘着爆弾ランチャースコティッシュ・レジスタンススティッキー・ジャンパーのいずれかへと変更、またはhud_reloadschemeのコンソールコマンドを入力すると、HUDの設置した粘着爆弾数表示の部分が空白になるか「%A」と表示されてしまう。これは一度、粘着爆弾を設置することで直る。
  • リスポーン時に他のクラスに変更したとき、一瞬だけ左下のHUDにスカウトの画像、ヘルス部分に「%HEALTH」と表示される。
  • ハンツマンやそれのスキン替え武器のチャージショットゲージが弾薬カウント枠からはみ出ている。
  • 3DキャラクターHUD関連:
    • 装備を変更した時、3D HUDだけ前の装備のまま反映されないことがある。これは補給棚やリスポーンするまでこのままになる。
    • 一部のアイテムはプレイヤーが使用していない状態のときにHUD表示への影響が出るものもある。例えばソルジャーのバフ・バナーバタリオンズ・バックアップのバックパック部分はラッパを構えないと表示されない。
    • PDA破壊コントローララングラーのアニメーションが使われている。
    • ショート・サーキットを構えている時に左手と重なって表示されてしまう(ボディグループの切り替えが機能していない)。
    • 変装をしたスパイで武器をデフォルトのショットガンに偽装した場合、HUD表示が更新されない。
    • 変装をしたスパイで一部の武器へ偽装した場合(チャージン・タージなど)、なぜかHUD上で挑発のアニメーションを延々と繰り返してしまい、それに使われているサウンドも一緒に再生されてしまう。

関連項目

外部リンク

  • Flame's HUD Guide (PDF) – HUDカスタマイズを始めたい方への解説書(英語)