メインPDA

From Team Fortress Wiki
< PDA
Jump to: navigation, search
こちらではエンジニアの装備であるPDAコントローラーについて記載してあります。武器のPDAスロットに関しては武器一覧を参照してください。
俺が作ったのさ。
エンジニア

エンジニア作成用と破壊用、二つのPDAコントローラーを所持しており、各装置の作成や破壊する時に使用します。作成コントローラーの方は電卓のような端末で、破壊コントローラーの方は小さな画面と大きな赤いボタンからなる単なる手のひらサイズのいかにもな爆破端末装置です。

このガジェット自体を攻撃に使うことは出来ませんが、プレイヤーキャラクターの視覚メニューで操作を確認することができ、他の武器からの切り替えによるディレイもなく切り替えた瞬間からメニュー操作をすることができます。PDAを構えているときは画面上に表示される特殊なメニューを操作して作成や破壊の指示をします。

作成コントローラーを構えたとき、全4つの装置リストHUDが画面中央に重なって表示され、ハイライト表示されている選択可能なものの中から、プリセットの数字キーを押すことによって対応した装置を選択できます。「直前の武器選択」キーかメイン攻撃キーを押すことによってPDA操作をキャンセルして直前まで構えていた武器に持ち替えます。Pip-Boyを装備するとその際の画面が専用のものに変化します。

PDAで選択できるキーは状況によって左右されます。作成コントローラーは作成に必要なメタルが足りない装置にアクセスすることはできず、そのコスト分のメタルを集める必要があります。破壊コントローラーは既に作ってある装置にのみアクセスして破壊することができますが、スパイのサッパーが仕掛けられている装置にはアクセスが遮断されてしまい選択することはできません。

作成コントローラーにて作る装置を選択した後は、キャラクターモデルが大きな工具箱を抱え、地面にその装置の設計図と建てる方向が表示されます。この時、サブ攻撃キーを押すことで90度ずつ方向を反時計回りに回転させられます。そしてメイン攻撃キーを押して作成の開始、「直前の武器選択」キーを押せばキャンセルすることができます。


実演動画

コンソール版の情報

補足 : コンソール版ではPDA破壊コントローラーが独立しておらず、作成コントローラーと一緒に一つのPDAとしてまとめられています。右トリガー(R2)で作成する装置(メタルが足りている装置)を選択し、左トリガー(L2)で破壊する装置(既に作成した装置)を選択します。


ストレンジバージョン


アップデート履歴

2007年9月26日 パッチ
  • 破壊メニューの一部の文字列が途切れていたのを修正した。

2008年2月28日 パッチ

  • PDAメニューの決定キーを「スロット1」、「スロット2」などに統合し、「スロット10」キーでキャンセルできるようになった。
  • エンジニアがサッパーを付けられた装置までコントローラーで破壊できたのを修正した。

2011年1月19日 パッチ

  • エンジニアがPDA(作成用・破壊用)を構えたとき、主観視点の腕モデルがBLUチームの時でもREDの袖のスキンだったのを修正した。

2012年3月22日 パッチ

  • [非公開] エンジニアの装備画面にPDA用スロットが追加された。
  • [非公開] 作成ツールの名前を変更できるようになった。
  • [非公開] バックパック画面のストックアイテム表示に作成ツールと破壊ツールが表示されるようになった。

2012年9月4日 パッチ

  • [非公開] PDAが誤ったアニメーションを使用しているのを修正した。

2013年3月12日 パッチ

2014年6月11日 パッチ その1

  • [非公開] メインPDAの画面の装置の名前の上に白線を表示するようにした。

2014年6月11日 パッチ その2

  • エンジニアの装置作成画面がクラス変更後も開いたままになってしまうバグを修正した。

2014年6月18日 パッチ (Love & War アップデート)

  • PDAのモデルを c_models システムを使用するものに変換した。

2014年12月10日 パッチ

  • エンジニアのメインPDAが最後に使用した武器として保存されてしまうのを修正した。

未使用のコンテンツ

  • アイテムスキーマにはPDAのストレンジバージョンで使用するための "Health Dispensed" のランクが用意されていますが、代わりにセントリーガンによるキル数でランクアップするという一般的な名称および数値となっています。

バグ

  • ユニークまたはストレンジバージョンの作成用PDAのビューモデルは"縮小版ビューモデルを使う"設定の効果を受けない。
  • ストレンジバージョンの作成用PDAを Mann vs. Machine で装備し、他のプレイヤーがエンジニアが作成したディスペンサーまたはテレポーター使用中にアップグレードステーションを利用すると、エンジニアがそれに施したアップグレードおよび費やしたお金を失くしてしまう。
  • オブジェクトか投射物に当たった時に作成用PDAを使うと、建設の設定が消える。
  • 破壊PDAはいつもアニメーションを描かない。

トリビア

  • ゲームデータの items_game.txt ファイルには、PDAトークン(クラフト用)の存在を確認できますが今のところ使われていません。このPDAスロットに存在する装備はエンジニアの作成コントローラーとスパイの変装キットしかありません。
    • PDA2トークンはスパイのアンロック系透明ウォッチが作成できますが、そのPDA2トークンを作るためにもアンロック系の透明ウォッチが3個必要になります。このトークンは装備アイテムの作成に関して、今のところこれ以外の使い道がありません。
    • 3つの専用作成用PDAを合成あるいは1つ使用してスロットトークンを再作成してもPDA1トークンは作成されません。
  • コンソールで tf_build_menu_controller_mode を有効にするとコンソール版のようにPDAひとつで作成および破壊が可能になります。
  • pda_clickコンソールコマンドは他のプレイヤーにのみ見える、エンジニアがPDAのボタンを押すのを表示します。このコマンドを使うと雑多な理由のために、装置を建てません。また、プレイヤーがしゃがんでいる場合アニメーションをしません。
  • 作成用PDAのデザインは1971年に登場したテキサス・インスツルメンツ社の Datamath Calculator という電卓が元になっています。

ギャラリー

関連項目