Sniper vs. Spy アップデート

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
この記事ではアップデートで登場したアイテム、新要素などについて記載しています。アップデートの詳細については2009年5月21日 パッチをご覧ください。
Sniper vs Spy titlecard.png
君はもうスカウト、ソルジャー、デモマン、ヘビー、エンジニア、スナイパーへのインタビュー動画は目にしただろう…あと、なぜかサンドヴィッチのも。次の男は…このスーツを身にまとった神出鬼没の男だ。
TF2公式ブログより

Sniper vs. Spy アップデートは初の2クラス同時となる5番目のTeam Fortress 2向けの大型アップデートです。

始めに発表されたときはスナイパー向けのアップデートと題され、日に日に追加アイテムなどの発表がなされました。しかしDay 4の発表の際に、スパイにもアップデートが行われることが明らかになりました。両クラスにはそれぞれ3つの新たな武器と実績が追加されました。

このアップデートが発表されたのは2009年4月1日で、実施されたのは2009年5月21日 パッチです。

アップデートの経過

Sniper vs. Spy アップデートページは、2009年5月12日のTF2 公式ブログの投稿 "G'day" によって発表されました。アップデートは同年5月12日に行われました。

週末の二日間、発表は停止されました。ですが、5月18日には発表を再開しました。

  • Day 5: スパイの実績と同時にMeet the Spy正式に発表されました。実は、Meet the Spy のビデオの発表は前日 (5月17日) に漏洩してしまっていました。YouTube のバグによって、iPhone からこの動画の存在を"プライベート"のマーク付きで確認することが出来たのです。
  • Day 6: アンバサダーが発表されました。
  • Day 7: ジャラテがそれに伴うスナイパーの実績と共に発表されました。
  • Day 8: Sniper vs. Spy アップデートが正式にリリースされました。
  • Day 9 (ボーナス デイ): コミュニティ製マップである Hoodoo と共に、最初の帽子が発表されました。

追加要素一覧

武器

Huntsman ハンツマン
Razorback レイザーバック
Jarate ジャラテ
Ambassador アンバサダー
Dead Ringer デッドリンガー
Cloak and Dagger クロークアンドダガー

帽子

Batter's Helmet バッティング用ヘルメット
Soldier's Stash ソルジャースタッシュ
Pyro's Beanie パイロのビーニーハット
Demoman's Fro デモマンアフロ
Football Helmet フットボールヘルメット
Mining Light 採掘用ライト
Prussian Pickelhaube プロイセン式ピッケルハウベ
Trophy Belt トロフィーベルト
Fancy Fedora ファンシーフェドラ

マップ

名前 画像 ゲームモード ファイル名
Pipeline Pipeline.jpg ペイロード レース
RED Bombcart.pngBLU Bombcart.png
plr_pipeline
Sawmill Sawmill.PNG アリーナ
Controlpoint.png
arena_sawmill
Nucleus Arenanucleus.jpg アリーナ
Controlpoint.png
arena_nucleus
Hoodoo Plhoodoo.jpg ペイロード
Hoodoo Bombcart.png
pl_hoodoo

発表前の動き

このアップデートが公式に発表されたのは2009年3月2日ですが、それ以前からこれを示唆するような様々なものが登場していました。

"ジャラテ(The Jar-Based Karate)" の宣伝チラシ

Jarate: The Jar Based Karate

2009年4月1日、Valveの公式ブログに「次のクラスアップデートを覗いてみよう!」と題してジャラテの注文用紙の画像が掲載されました。この更新が行われたのがエイプリルフールだったため、多くのプレイヤーがただのジョークだろうと騙されたのでした。

スナイパーのアップデートが確認される

その翌日2009年4月2日に、Valveの公式ブログに「Wave goodbye to yer head, wanker」と題した記事が掲載されました。これによって次にアップデートが行われるクラスはスナイパーではないかと確認されたのです。また、この記事には他にも2つのアップデートに関するヒントが含まれていました。1つはスナイパーアップデート前に行われ、もう1つは全クラスを対象にした新たな帽子の追加で、これはスパイアップデートの後に行われました。

スナイパーの新プライマリ武器の開発秘話

2009年5月5日、Valveの公式ブログに「You better hold onto your head, mate」と題した記事が掲載されました。そこにはなぜスナイパー向けに新たな武器を開発する必要があるのかが語られていました。そこで出された主要な理由は、スナイパーが激戦区のはるか彼方からキルすることに対して、多くのプレイヤーが強い怒りを覚えるためでした。この記事には、その問題を解決するために、スナイパーに敵と戦うためにはもっと前線へ移動する必要が生まれるアンロック武器の登場が予告されました。

トリビア

  • Sniper vs. Spyアップデートはアイテムドロップシステムの実装が行われたアップデートでもありました。しばらくの間、実績の解除数に関係なく、スナイパーとスパイの新武器はランダムドロップによってしか手に入りませんでした。これは2009年5月29日 パッチで変更され、ランダムドロップに代わって実績の解除数で武器が手に入るマイルストーンシステムになりました。
  • Sawmill (Arena)はValveによって作られた Team Fortress 2 初となる大気のエフェクトを採用したマップで、雨が降っています。そしてPipelineは初の夜戦マップです。
  • BLUスパイはSpyアップデートが発表される前から現れており、Day 3でREDスナイパーの背後で倒れていました。
  • 日ごとの発表、週末の空白期間、そしてボーナスデイをすべて含めると、Sniper vs. Spyアップデートは Team Fortress 2 で最も長い時間をかけておこなわれたアップデートです。
  • スパイ用の装備品であるカメラボードは、正式に発表される前からこのアップデートで登場していました。Day 4のスパイの私物と見られるスパイキットのカタログの注文用紙に掲載されており、「ばかばかしい」とメモ書きされていたのでした。
  • 2013年1月24日、このアップデートで追加された帽子全てが絶版アイテムとなることが発表されました。よって、これらの帽子はドロップ、クラフト、購入といった方法によって手に入れることが出来なくなり、アンユージュアルクオリティのものを箱から開封することも不可能となりました。

アップデート ギャラリー

外部リンク(英語)