Lakeside

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
Lakeside
Koth lakeside.jpg
基本情報
ゲームモード キングオブザヒル
ファイル名: koth_lakeside_final
製作者 Valentin "ElectroSheep" Levillain
マップ情報
環境 エジプト
時間帯・天気: 日中・晴天
水中 あり
配置アイテム
Healthico.png ヘルス Smallhealth.png ×6   •   Mediumhealth.png ×2   •   Largehealth.png ×1
Ammoico.png 弾薬 Smallammo.png ×4   •   Mediumammo.png ×2   •   Largeammo.png ×1
マップ画像
Menu photos koth lakeside final.png
マップ俯瞰図
Lakeside overview.png
マップスタンプ
Item icon Map Stamp - Lakeside.png
マップ支援者リスト
紀元前2630年、古代ギリシャ人たちはピラミッド型の墓をつくるため、この地からたくさんの巨岩を運び出した。そして数千年の時を経た今日、彼らの努力を称えるべく、このキングオブザヒルマップを銃痕と爆片だらけの死体と墓石で埋め尽くそうというわけだ。

Lakeside2011年2月24日 パッチでゲームに追加された、キングオブザヒル用のマップです。Lakesideは大きな湖の湖畔に建てられた古代エジプトの寺院が舞台になっています。エジプトをテーマにした公式マップとしては2つ目となるLakesideは、共通のモデルや照明設定、テクスチャなど様々な部分でEgyptを思わせるつくりになっています。

このマップはSpectral Halloween Specialにおいてハロウィーン版のGhost Fortとして用いられました。


場所

  • スポーン部屋: 両チームのスポーンが一つの補給ロッカーを持つエリアで、まあまあ大きな部屋の中にあります。部屋の正面に、二つのドアがあり、左右に通じ、チームの中庭に通じます。
  • チームの中庭: 両チームはスポーン部屋のすぐ外にエリアを持ち、三つの要点に閉鎖され、小さな木製の構造 (左/右)を通した入口、彫られた砂岩のアーチ道 (中央)を通した入口、長い、広いトンネル自然な岩の多い構成 (右/左)を通した広いトンネルです。両チームのトンネルの要点は二つの小さなヘルスパックを中に持ちます。
  • 要塞: 木製と砂石の要点の外に、両チームは再び、多くの要点に通じる広いエリアを持ちますが、たった二つです。右/左に、木製の構造を通して走る別の要点があり、方尖塔に通じます。一方、左/右に、上がったエリアに通じる小さな木製のランプがあり、小さな木製のデッキ、右/左への部屋を含み、共に方尖塔から部分的に覆われています。デッキには、二つの小さな弾薬パックと小さなヘルスパックがあります。要塞の下は小さな一階の出口で、二つ目の要点になります。このエリアはヘルス部屋に通じ、方尖塔から壁に覆われています。部屋から要塞の上は、二つ目の木製の要点の上に沿って走る橋で、弾薬部屋に通じます。
  • 弾薬部屋: それぞれの弾薬部屋は直接それぞれの要塞からとチームの中庭から通じるそれぞれのトンネルの要点から行けます。これは右/左への小さな塔で、中サイズの弾薬パックがあります。その左/右へは、大きな、平たい、砂石で作られた上がったエリアがあり要塞とトンネルと共に途切れなく繋がり、水の寺院に通じます。
  • ヘルス部屋: ヘルス部屋は遠い左/右にある小さな塔で、デッキのすぐ下と左/右にあり、中サイズのヘルスパックを含みます。両チームに一つあります。
  • 水の寺院:水の寺院は、両方の弾薬部屋からすぐ行ける、部屋の中央に水の小さなプールがある大きな寺院です。水は一階の高さにあり、中央に大サイズのヘルスパックが上にある小さな台壁があります。水の寺院はたった一つで、両チームに使われます。水の寺院は直接左/右に、方尖塔に通じます。
  • 方尖塔 (コントロールポイント): ここは別の大きい、上がった、平たい砂石でできたエリアで、中央にコントロールポイントと両チームの、空に向かって指している二つの大きな方尖塔があります。二つの方尖塔要塞からコントロールポイントを覆い、方尖塔はそれぞれの要塞にあります。上がった、方尖塔への攻撃の全方向は下からの傾向があり、要塞のそれぞれの一階の間の地面の長さは溝のようになっています。水の寺院はいくつかの高台から、方尖塔に面し、方尖塔水の寺院の間に通じる全ての伸びは効果的に別の要点を作ります。そういうわけで、水の寺院に小さなバリケードがあり方尖塔に直接面し、単なるスナイパースポットとして役立ちます。
  • 弾薬アーチ: ここは水の寺院に直接面するとても小さなエリアですが、方尖塔の別側にあります。エリアの台はフェンスに閉鎖されているため、これはどこにも通じません。しかし、弾薬アーチの下に大サイズの弾薬パックがあります。たった一つの弾薬アーチがあります。

(小さな情報が以前与えられたため、ランダムで割り当てられた名前があります。) (左/右か右/左は両側からの位置を表しています。一つ目の選択は片方のチームにいるときに常に当てはまり、二つ目の選択はもう片方のチームにいるときに常に当てはまります。)

戦術

もっと詳しく: Lakesideの高度な戦術

コントロールポイントの時間

コントロールポイント キャプチャー人数
コントロールポイント ×1
16 .000
×2
10 .667
×3
8 .727
×4
7 .680


ギャラリー

アップデート履歴

2011年2月24日 パッチ (Community Map Pack アップデート)

  • Lakeside がゲームに追加された。

2013年7月10日 パッチ

  • キャプチャーポイント近くの地形をロケットがすり抜けてしまうのを修正した。

2015年9月10日 パッチ

  • [非公開] 円盤とポスターをLakesideに追加した。

2015年11月25日 パッチ

  • [非公開] 全マップから円盤とポスターを削除した。

トリビア

ヒエログラフ
  • このマップの壁にはEgyptと同様にヒエログラフが彫られています。その模様の中にはヘビーミニガンサッパー、2つの小さな粘着爆弾、大きな粘着爆弾、レベル1セントリーガンバックスタブのシンボルマーク、単純化したデモマンの顔、クロコダイル、ユーバーソウ、座っているソルジャー、チームフォートレスのロゴ、ハンバーガー、パイロらしきもの(体の前に斧状の出っ張りがあるシルエット)などが含まれます。また、いくつかのグリフが一体となってチーズバーガーのような形になっているというジョークも見られます。
  • フェンスの外側の水辺にはエアボートがあり、その裏側には"Freeman - Airboat Tours"と書かれています。これは『ハーフライフ2』に登場するエアボートと、シリーズの主人公であるゴードン・フリーマン(Gordon Freeman)博士が元ネタです。このボートはMountain Labでも使われています。

関連項目