トレーニングモード

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
貴重な卒業爆弾だ!
Team Fortressを持ってるか?一回か二回プレイした、でもとても難しいと分かったか?貴様は臆病者だ。だが解決策あるぞ!
ソルジャー

トレーニングモードはプレイヤーがゲームで使用可能な異なるクラスの基礎を学ぶのを助けるシングルプレイヤーで唯一のゲームモードです。モードは不慣れなプレイヤーに焦点を向けゲームプレイのメカニックと"安全な"環境でのチームワークを説明します。特有の筋書きの一連が各クラスに与えられています。

現在は、トレーニングはソルジャーデモマンエンジニアスパイのみ使用可能です。

基本トレーニング

基本トレーニングは二つの部門、"Targetトレーニング"と"Dustbowlトレーニング"から成り立っています。

Targetトレーニング

Targetトレーニングソルジャーデモマンスパイエンジニアのトレーニング、の通りに、四つの部分で構成されています。ソルジャーのトレーニングでは、プレイヤーはシンプルなスポーンルームから始まりwasd方向の動き、しゃがみ、ジャンプ、ヘルス弾薬が供給された小さなブースに届く動きを含めた、基本的な動きのコマンドを教わります。ブースでは、プレイヤーは木製のターゲットに対する武器に最適な範囲でのロケットランチャーショットガンシャベルを使い方を教えられます。これらのターゲットを破壊すると、正しく破壊された場合特殊な'HIT!'のパーティクルが表れますが、そうでないと、ターゲットは破壊できません。木製のターゲットでの練習後、プレイヤーは動き回り、プレイヤーを騙そうとする生きたターゲットを与えられます。この部分で武器制限は無いので、プレイヤーのターゲットの破壊の仕方の技術向上になります。ソルジャーのターゲットトレーニング完了後、ゲームはDustbowlトレーニングに進みます。

デモマンのトレーニングでは、プレイヤーは前述のブースにスポーンし、そのブースから動けません。ソルジャーのトレーニングと似ており、プレイヤーは最初に木製のターゲットを与えられ適切な武器を使って破壊することを求められます。プレイヤーはデモマンのためにデザインされた特殊な状況でターゲットを与えられます。例として、プレイヤーはグレネードランチャーで破壊されるオブジェクトの後ろに部分的に隠れたターゲットを、一回の粘着爆弾の爆破で破壊しなければならない五つのターゲット、チャージされた粘着爆弾での破壊のための遠く離れたターゲットを与えられます。ソルジャーのトレーニングと違い、生きたターゲットはいません。デモマンのトレーニング完了後、スパイのトレーニングがアンロックされます。

スパイのトレーニングでは、味方スパイのボットが透明化してセントリーガンを通り過ぎるのを説明します。ブースの障壁がその後降り、プレイヤーが同じことをできるようになります。プレイヤーはそれから変装サッピングを教えられ、敵セントリーガンに対してこれらのテクニックを使う機会が訪れます。生きたターゲットがそれからバックスタブの能力のトレーニングのために供給され、あなたの名前の人は敵スパイであるという説明があります。スパイのトレーニング完了後、エンジニアのトレーニングがアンロックされます。

エンジニアのトレーニングでは、プレイヤーは最初にディスペンサーを建てるための作成PDAの使い方、そこでメタルがどう消費されるかを教わります。レンチで装置を叩くと建設がスピードアップすること、ディスペンサーの目的も教えます。次に、プレイヤーは装置のアップグレード方法を教わり、プレイヤーはディスペンサーをレベル3にアップグレードすることを求められます。この後、障壁がおり、プレイヤーは示された場所にセントリーガンを建てて、レベル3にアップグレードすることを求められます。プレイヤーは弾薬箱や落ちた武器からもメタルが得られることを教わります。その後、プレイヤーはRedチームの攻撃のカバーとしてセントリーガンを使うことを伝えられます。Redチームは装置にダメージを与え、プレイヤーはレンチは修理できることを教わります。プレイヤーはセントリーガンの隣にディスペンサーを運ぶことを教わり、プレイヤーに攻撃中ディスペンサーの近くでヘルスとメタルを供給できることを知らせます。その後、プレイヤーはテレポーターの入り口と出口を建てるよう言われます。一方の修理で他方を修理する、テレポーターの出口に、プレイヤーに出口の方向を示す矢印があることを説明します。最後に、破壊PDAの使い方を説明します。プレイヤーがすべての装置を破壊すると、エンジニアのトレーニングが終わります。

Dustbowlトレーニング

プレイヤーがソルジャーのターゲットトレーニング完了後、Dustbowlのトレーニング版に進むことが可能になります。一回そこでは、基本的な指示はコントロールポイントゲームモードのルールが与えられています。最初のラウンドはプレイの基本を与え、次のラウンドはメディックを紹介し、最終ラウンドはエンジニアを説明します。最終ポイントキャプチャー後、プレイヤーはソルジャーのトレーニングを"卒業"しメインメニューに戻ります。ソルジャーのトレーニング完了後、デモマンのトレーニングがアンロックされます。

オフラインプラクティス

オフラインプラクティスではプレイヤーがクラス制限無しで独立したラウンドをボットにのみ対して三つの練習モード(コントロールポイント、キングオブザヒル、ペイロード)で開始できます。ボットは難度と合計プレイヤーの量(お勧めは16-24での設定)をセットアップ前に構成できます。現在マップはDustbowlGorgeViaductBadlandsNucleusLakesideSawmillUpwardThunder MountainHoodooGold RushBadwater BasinBarnblitzがオフラインプラクティスでプレイできます。ステータスと実績はラウンド中オフになりますが、アイテムドロップはまだSteamに接続していれば起きます。

トレーニングのマップ

トレーニングのマップはtr_の接頭辞が付きます。

名前 画像 ファイル名
Target Map TR Training.png tr_target
Dustbowl Tr dustbowl0003.png tr_dustbowl

関連実績

Achieved.png 共通

Ready for Duty
Ready for Duty
クラスをクリアするごとに次がアンロックされます。


アップデート履歴

2010年6月10日 パッチ その1 (Mac アップデート)
  • 今のところ全般的なゲームプレイとソルジャーのクラストレーニングのサポート付きの、トレーニングを追加した。
  • KOTHマップとDustbowlのサポート付きの、オフラインプラクティスモードを追加した。

2010年6月10日 パッチ その2

  • トレーニングサーバーが他のユーザーにサーバーブラウザで表示されていたのを修正した。

2010年6月11日 パッチ

  • トレーニングHUDコードをさらに丈夫にしたため、クライアントが修正されたHUDのリソースファイルを持っていた場合クライアントがクラッシュしなくなった。
  • トレーニングのクイックスイッチUIを混乱減少のため無効にした。

2011年4月14日 パッチ (Hatless アップデート)

  • デモマン、エンジニア、スパイのためのトレーニングコースを追加した。
  • 全てのトレーニングコース完了時のためのReady for Dutyの実績を追加した。
  • ペイロードマップをオフラインプラクティスに追加した。

2011年4月18日 パッチ

  • リッスンサーバーが時々Steamで認めなかったのを修正した。(オフラインプラクティスが使用不可だった)

2011年4月20日 パッチ

  • エンジニアのトレーニングにメタルの資源についての多くの指示を追加した。

2012年3月1日 パッチ

  • トレーニングマップのためにサーバー投票を呼べたのを修正した。

2012年8月2日 パッチ

  • エンジニアのトレーニングのショットガンとピストルの画像が逆になっていたのを修正した。

バグ

  • スパイのトレーニングで、プレイヤーは最初リボルバーに切り替えることができない。しかし、プレイヤーはクイックスイッチキーを押すことでリボルバーに切り替えることができる。(デフォルトキー'Q')
    • プレイヤーがリボルバーを使ってセントリーガンを破壊した場合、ゲームは"よくやった"と言いプレイヤーにターゲットをバックスタブするよう伝える。しかし、ターゲットは現れない。
    • プレイヤーがセントリーガンからのカバーとして以前示された場所に言った場合、それからゲームはプレイヤーにすでに破壊されたセントリーガンをサップするよう伝え、この目標が入手できなくなりトレーニングをリスタートする必要がある。

トリビア

  • トレーニングモードが追加された日、サーバーブラウザを通して他のプレイヤーのトレーニングセッションに参加可能でした。これはその日の後にパッチで修正されました。
  • スパイのチュートリアル中、プレイヤーがサップしようとしている間にセントリーガンに倒された場合、キルカムはセントリーガンがソルジャーに建てられたことを表示します。
  • プレイヤーの"tf"フォルダーには、プレイヤーの進行を示す"trainingprogress"と呼ばれるテキストファイルがあります。"-1"はクラスの進行無し、"0"はいくつかの進行あり、"1"は完了、"2"はソルジャーのトレーニングの両方の部分が完了となっています。一点で計画されたトレーニングコース、またはおそらく将来追加されるかもしれないことを示す、スカウト、パイロ、ヘビー、メディック、スナイパーのための価値があります。
  • 追加のスパイのトレーニングのための未使用コンテントがtr_dustbowlにあります。[1]
  1. http://www.reddit.com/r/tf2/comments/2nseuv/while_messing_around_on_the_dustbowl_training_map/

ギャラリー