Barely-Melted Capacitor

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search

Barely-Melted Capacitorは謎の作成アイテムです。元々は2012年6月19日 パッチに追加されたDamaged Capacitorという名のアイテムでしたが、2012年6月27日 パッチにてこの名前に変更となりました。これは「6.22V1500」と書いてある損傷したコンデンサです。他の謎のアイテムと違いPyromania アップデートの時に灰にならず焼け残り、2012年7月11日 パッチ以降も消滅しませんでした。

2012年8月11日 パッチにてその他アイテムスロットに装備できるようになりました。装備しているプレイヤー同士がハイタッチを交わすと、「...walks in to a bar」のアメリカンジョーク形式で謎のメッセージがチャット欄に表示されます[1]

アップデート履歴

2012年6月19日 パッチ

  • [非公開] Damaged Capacitorが追加された。

2012年6月20日 パッチ

2012年6月27日 パッチ

  • Secret Diaryと同様に他の謎のアイテムのような灰にならず、名前だけ「Barely-Melted Capacitor(ちょっと溶けたコンデンサ)」に変化した。

2012年8月11日 パッチ

  • [非公開] Barely-Melted Capacitorが全てのクラスで装備できるようになった。

2012/8/11 パッチ #2

  • [非公開] Barely-Melted Capacitorが2つのその他スロット両方に装備できないようになった。

バグ

  • Mann Co.カタログに載っていない。(但しこれは意図的である可能性もある)
  • ゲーム中では灰になっていないのにもかかわらず、「レベル 1 Ash(灰)」と表記されている。

トリビア

  • Eliminating The Impossible装備中は、このアイテムの説明文が"in such places, and ..."に変化します。これはシャーロック・ホームズの冒険の収録作品「ぶな屋敷」の一文「Think of the deeds of hellish cruelty, the hidden wickedness which may go on, year in, year out, in such places, and none the wiser.(考えてみなさい。この場所では地獄のような残虐行為、隠された邪悪が誰にも知られる事なく起こり続けているかもしれないのだ。)」から抜き出されたもので、2012年6月19日 パッチで追加された他の謎のアイテムに隠されている説明文の言葉と組み合わせることによりこの一文が完成するようになっていました。
  • TF2公式ウェブサイトブログ記事にはパイロによって2012年6月22日 15:00 PDTに新しい記事が投稿されました。この日時はこのコンデンサに書いてある数字と一致します。
  • このコンデンサの下部には小さく「07180125」と表記されています。この数字の桁を2つずつ4分割し、アルファベットの順番として置き換える(A=01、B=02など)と「GRAY」の文字が完成します。

ギャラリー

元のアイテム

Backpack Damaged Capacitor.png
 Damaged Capacitor 
レベル 1 Capacitor
 
How did it get damaged? Who damaged it? What is a capacitor? Better get your tickets ready, because the mystery train is leaving the station. Or did it already leave? Another mystery!

参照

  1. http://lab.xpaw.ru/tf2arg-part2/