串刺し

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
突く、突く、突く!
スナイパー

ハンツマンフォーティファイド・コンパウンドを装備しているときに実行できる罵倒行為です。スナイパーが自分の武器の矢を持ち後方でクルッと回し一気に突き刺し動きを止めたあと、一息で引き抜き即死させます。うまくいけば足が遅い敵、あるいは偶然か不注意で目の前にいた相手に命中するかもしれません。

キルする挑発の半径は128ハンマーユニットで、越えると効果がありません。矢を刺した時は相手をスタン状態にさせるだけで、スナイパーが矢を一息で引き抜く動作のヒットで相手を即死させられます。この一連の動作はそれぞれ独立したアクションになっているので、矢を刺してスタン状態にさせなくても引き抜く動作だけをヒットさせても相手を倒せますし、逆に突き刺してスタン状態にさせても第三者の介入などにより引き抜きがヒットしなければ倒せません。また、この性質に加えスタン中でも罵倒攻撃を繰り出せるシステムを利用すれば、二人の弓矢スナイパーがお互い死なずにずっとスタン状態になり続けることも可能です(いわゆる「Staring Contest[にらめっこ]」状態)。[1]

注目すべき点は、スタン状態になる効果は無敵ユーバー中やBONK!アトミックパンチ効果中のスカウトにも影響が出ることです。ただし、倒すことはできません。メディックをスタンさせた場合、その相棒へのユーバーチャージ効果を途切れさせることも可能です。

ラウンドに負けて相手のボーナスタイム中や引き分けの時の手詰まりタイムの時でも、この罵倒攻撃を繰り出すことができます。

ダメージと動作時間

関連項目: ダメージ
ダメージと動作時間
ダメージ
近距離 0 + 500
ミニクリティカル 675
動作時間
挑発の動作時間 4
これらの値はコミュニティのテストによってほぼ正確に計測されたものです。

関連実績

Leaderboard class sniper.png スナイパー

シャフテッド!
シャフテッド!
敵に矢を刺す

これまでの変更点

2009年5月21日 パッチ (Sniper vs. Spy アップデート)

  • この罵倒行為をゲームに登場させた。

2011年5月5日 パッチ (Replay アップデート)

  • [非公開] 串刺し用のセリフを用意した。

2014年4月1日 パッチ

  • [非公開] フォーティファイド・コンパウンドがハンツマンと同じ挑発やセリフを発しないのを修正した。

バグ

  • スタンされている間、スナイパーはこの挑発で他のプレイヤーをスタンさせてキルできる。これはクロスヘアーをターゲットに向けて正しい瞬間に急いで挑発キーを押すことで実行できる。
  • パイロがプレイヤーの矢に火をつけプレイヤーが挑発すると、矢に火が見えない。矢は挑発後まだ燃えている。
  • 投射物武器か延期がある武器(全ての近接武器、カウ・マングラー 5000のチャージショット、サンドマン/ラップ・アサシンのボール、フライング・ギロチン、かハンツマン)で攻撃されたとき、攻撃が始まったが着地する前に使い手が攻撃主を串刺しにすると、未だに当たり、ダメージを受け、おそらくキルされ、しばしば挑発のダメージ分配の邪魔をする。

関連項目

参照

  1. http://www.youtube.com/watch?v=b7XDbzxpGJM