腰椎穿刺

From Team Fortress Wiki
Jump to: navigation, search
骨まで切ってやりますぞ!
メディック

腰椎穿刺とはメディックの挑発攻撃です。ユーバーソウを装備しているときにサブ攻撃(デフォルトキー:MOUSE2)、または挑発ボタン(デフォルトキー:G)で挑発することで実行します。メディックが勇ましく構え、その後ユーバーソウを突き刺して引き抜き瞬殺させます。うまくいけば足が遅い敵、あるいは偶然か不注意でメディックの目の前にいた相手に命中するかもしれません。

突き刺されたときに1ダメージを受けた上スタン状態になってフラフラしたまま立ち止まってしまい、続けざま引き抜いたときに500ダメージを与えます。この罵倒攻撃で誰か相手を倒すとユーバーチャージゲージを一気に100%(刺した時に+25%、抜いた時に+75%)、ユーバーソウの通常攻撃4回ヒット分に相当する量を溜めることができます。ただし、無敵ユーバー中の敵や変装中の敵スパイに対しては成功しても50%しか溜まりません。挑発は128ハンマーユニット以内の敵をキルしますが、それを過ぎると効果がありません。

他の罵倒攻撃同様、ラウンドに負ける引き分けなど通常の武器で攻撃できないときに、相手チームのメンバーを倒す為に利用することも出来ます。

ダメージと動作時間

関連項目: ダメージ
ダメージと動作時間
ダメージ
近距離 1 + 500
ミニクリティカル 675
動作時間
挑発の動作時間 4秒
これらの値はコミュニティのテストによってほぼ正確に計測されたものです。


これまでの変更点

2010年1月13日 パッチ

  • この武器オリジナルの罵倒モーションに変更した。(以前は骨用電ノコと同じモーションが使われており、その時は、ちょっと激しくしたチェロのような音を奏でてました)

2011年4月14日 パッチ (Hatless アップデート)

  • [非公開] この攻撃によって一撃必殺した場合、ユーバーチャージゲージが満タンになるようになった。ただし、無敵ユーバー中の相手に対しては以前と同じく50%分しか増えない。

2011年5月5日 パッチ (Replay アップデート)

  • [非公開] 腰椎穿刺用のセリフを用意した。

2013年10月2日 パッチ

  • ユーバーソウの挑発攻撃が間違った死亡通知画像を使っていたのを修正した。

バグ

  • たまにこの罵倒攻撃によって、前方の敵ではなく後ろにいる敵を刺すことができる時がある。[1]

トリビア

  • Spinal Tapという名前は腰椎穿刺(lumbar puncture)の俗称から来ています。髄液のサンプルを抜き取るために背骨の付け根の脊椎骨の間に針を挿入する医療行為です。専門医が行う場合は全く問題はありませんが、それ以外の医師が行うと患者が死ぬほど痛い思いをすることになります。

関連項目